ワーディアンケース用にLEDでライトを作ってみたよ!
まいどどうも、ほんだしです。
同じものがたくさんある状態が好きです。
何でなんでしょうね。
自分でもわかりませんが、商品陳列棚とか見てて、大量に同じものが並んでるとテンション上がりますw
それが細かいものだったら尚更。
わかってもらえそうな、まったくわかってもらえなさそうな・・・?w
DDE情報ですいませんw


+++


今回はワーディアンケース用にLEDライトを自作したので、その製作工程をアップしてみようと思います。
かなり僕自身の備忘録的な要素が強いかもですが、ご了承くださいw
まかり間違って、これから作ってみようかな~と思ってる人の参考になっちゃったらラッキーですw

備忘録なので、各工程ごとに写真を撮りました。
なので、かな~り長くなります。
まぁ、いつものことですがw
ご飯でも食べながらのんびりご覧になってくださいw





まずは工具と必要な部材についてです。
わかりやすいように番号を振ってみました。
それぞれご紹介しますね。

1)こて台

配線の接続に半田ごてを使うわけですが、それを置いておく台です。
そのまんまですねw
持ってなかったので買いました。
やっぱり形から入らないとw
ま、でも、実際あるといいと思います。
本当ならもっとガッチリしたやつの方が半田ごてを置いたときに動きにくくていいんですが、お財布と相談したらこっちにしろとw
なので、余裕のある方はガッチリしたやつを使ってください。

2)電工ペンチ

電線を切る、被覆を剥く、ギボシ端子をかしめるなどの用途に使います。
これも持ってなかったので買いました。
被覆を剥くのがハサミだと面倒かなぁと思いまして。
少量ならいいんでしょうが、今回はそれなりに剥く回数が多いので。
形から入りたい人は買いましょうw

3)半田ごて

今回の主役と言っても過言ではないですね。
ガンガン半田付けしていきますw
これは結構前に買ったやつなんですが、今回色々と調べていく中で、こて先の温度が一定(350℃がいいらしい)に
保たれるやつが使いやすそうでした。
ま、当然これは保たれないわけなんですがw
一定に保たれていると作業効率が上がるのでよさそうです。

あと、こて先の形状ですが、この半田ごてはボールペンの先みたいな形をしています。
つまり、尖っているんです。
そっちの方が細かい作業がやりやすいんじゃないかと思って買ったんですが、実はそうじゃないみたいです。
こて先がD型のやつがいいっぽい。
何故かというと、半田付けって、部材に一気に熱を伝えて半田を溶かしてくっつけた方がいいんですって。
んで、その時にD型してると設置面積が広いので、部材に熱が早く伝わるんですね。
D型って言われてもピンとこないかもしれませんが、ざっくり言うと、マイナスドライバーの先端みたいな形ってことです。
詳しくはGoogle先生に聞いてみてください。
こて先の形状は用途によって色々あるので、当然ながら用途に合ったものの方が効率はいいですね。
幸いこの半田ごてはこて先が交換出来るタイプなので、いずれ買うかもしれませんし、買わないかもしれませんw

4)ハンダ

ハンダにも色々種類があって、大きく分けると鉛入りか鉛なしかになります。
鉛は体内に入ったり環境に流出しちゃうのはあまりよろしくないので、最近の工業製品は鉛が入ってないものを使っているそうです。
んじゃ、鉛なしの方がいいんじゃん!ってことになるわけなんですが、鉛が入ってないと融点が約30℃くらい高くなるらしく、
半田ごてのパワーが必要になるんだそうです。
なので、電子工作とかなら鉛入りの方がやりやすいみたいです。
僕が使ったやつも鉛が入っていて、割合的には、すず60%・鉛40%のやつで、融点は約190℃、ヤニ入りのものです。
ヤニ入りだとハンダよりも融点が低いので、先に溶け出して、半田付けする部材の表面を綺麗にして
ハンダが流れやすくしてくれる作用があります。
色々調べてて、へぇ~そうなんだぁ~!なことが多くて、なかなか楽しかったですw
その他の違いは、銅とか銀とかの含有物質だったり、その容量の違いってことですかね。
気になる方はこちらもググッてくださいということでw

5)アルミアングル

幅10mm、厚さ1.2mmのアルミアングルです。
これにLEDを貼って棒状にして取り付けます。
何故アングルなのかは後ほどご説明しますね。

LEDって、それなりに発熱しますので、熱伝導率の高いアルミにしました。
なので、本当は2mm厚くらいのが欲しかったけど、1.2mmのものしかなかったので、1.2mmでいきます。
お値段的には2mで450円くらいだったかな?
あんまり覚えてないけど、大体それくらいですw
これをホームセンターで必要な長さにカットしてもらいました。
ちなみに、今回は80cmです。

6)ハサミ

これは説明いらないっすねw
色んなものを切るのに使います。

7)ハンダ吸い取り線

半田付けに失敗したりとか、多めに流しちゃったりした場合にこれでハンダを吸い取ります。
銅で出来た細かい網状の線です。
これさ、説明書きに、「半田付けした部分のハンダの上に線を置いて、その上から半田ごてで温めて、
ハンダを溶かして吸い取ってください。」って書いてあったのよ。
なので、その通りにやったら全然吸い取ってくんないのw
たぶん、吸い取り線が銅だから、ハンダに熱が伝わる前に銅がどんどん熱を伝導させちゃって、
ハンダが溶けるほど温度が上がらないんじゃないかと・・・。
半田ごてのパワーがあればうまく吸い取ってくれたのかもだけど、どうもうまくいかないし、時間かかりそうだから、
先にハンダを溶かしておいて、溶けたら吸い取り線をあてがうという感じで吸い取りました。
ちょっと正しい使い方がわかりませんが、結果オーライということでw

8)熱収縮チューブ(φ3)

ドライヤーなどで温めると縮むチューブです。
φ3で、適用範囲が1.6~2.7mmのものです。
電線をまとめたりするのに使おうと思いましたが、今回はこの太さのは使いませんでしたw
(じゃあ載せるなよとw)

9)テープLED

こちらも今回の主役・テープLEDです。
写真に3つ同じ番号がありますが、それぞれ中身が違います。

・非防水テープLED(約500円)
・防水テープLED(約1000円)
・防水テープLED(約7000円)

この3つです。
調べると、結構値段に開きがあるんですよw
じゃあ、人柱も兼ねて、色々使ってみようじゃないかと思いまして。

まず、非防水のやつはワーディアンケースの上に載せる用のものです。
ケース外なので、非防水でいいかな、と。

防水のやつはケース内に入れる用のものです。
ケース内で霧吹きとかはしないんじゃないかなと思ってますが、一応、出来るように防水を、と。
棚板が2枚(2段分という意味ね)あるので、安いのと高いのを使ってみようということで。

どれも定格電力は5mで24W(1mだと4.8W)、5m点灯時消費電力は約17Wです。
LED種類は、3528チップといって、35×28mmのLEDチップのものです。
DC12V専用で、5mで300個(1mで60個)のLEDがついてます。
防水テープはシリコンで防水処理がされています。

10)熱収縮チューブ(φ8.5)

こちらも先ほどと同じで、ドライヤーなどで温めると縮むチューブです。
φ8.5で、収縮後は4.7mmになります。
今回のテープLEDの幅が8mmなので、こちらを使いました。
これは約80℃以上の熱で収縮するみたいです。

11)DC中継ジャック

いわゆるDCジャックってやつです。
よく見かけるやつですね。
これは2.1mmのものです。
プラグとジャックって、どっちがどっちやねん!と思いますが、オスがプラグ、メスがジャックですw
2.1mmっていうのは穴の大きさを指してます。
なので、相手のプラグも2.1mmのものであれば合います。
(って説明であってる?w)

12)ダブルコード

平行線とも言われる、まぁ電線ですねw
サイズは0.75sqです。
電線のサイズは、sq(スケア)とかAWG(アメリカワイヤーゲージ)という単位が主に使われます。
sqは、数値が大きくなればなるほど大きな断面積となります。
反対に、AWGの場合は、数値が大きくなるほど小さい断面積になります。
・・・わかりにくいから統一してくれよw
メモとして、sqとAWGの対応表を載せておこうと思います。

AWG    sq
AWG 30  0.05 sq
AWG 28  0.08 sq
AWG 26  0.12 sq
AWG 24  0.2 sq
AWG 22  0.3 sq
AWG 20  0.5 sq
AWG 18  0.75 sq
AWG 16  1.25 sq
AWG 14  2 sq
AWG 12  3.5 sq
AWG 10  5.5 sq
AWG 8   8 sq
AWG 6   14 sq

このダブルコードは使用可能電力がDC12V80W以下/DC24V160W以下なので、十分余力を持たせてあります。
・・・それがいいのか悪いのかはわかりませんがw

13)DC4分岐ケーブル

1つの棚板に4本設置しようと思ってましたので、4分岐ケーブルも買いました。
2分岐、3分岐などもあります。
これは全長約415mmで、プラグ2.1mm×5.5mm、最大電流4Aのものです。

14)スイッチングACアダプター

12V 3Aのものです。
3Aだと容量に余裕がありすぎるかもですが、今後ファンとかを増設した際にも対応出来るように、
ちょっと大きめのものをチョイスしました。
テープLEDのページに「ACアダプター12V 3Aで、1本5m点灯可能」と書いてあったので3Aを買いましたが、
計算式もちゃんとあります(当たり前w)

24W/12V=2A
(定格電力/ボルト数=アンペア数)

ACアダプタの容量の70%くらいに抑えておいた方がいいらしいので・・・

2A/0.7=約2.8A

ってことで、3Aです。
・・・という計算であってますかね?(^^;

まぁ、実際には5m全部使うわけじゃないので、3Aもいらないんですが、さっきも言ったように、増設したくなったとき用ですw
ちなみに、もうちょっとちゃんと求めると、80cm×4本=3.2m使用なので、1m4.8Wだから・・・

3.2m×4.8W=15.36W
15.36W/12V=1.28A

それの70%なので、1.28A/0.7=約1.8A
なので、2AのACアダプターでよさそうです。

・・・とまぁ、電気関係にはこんな計算式があるってのは、中学・高校あたりでみんな習ってるはずw



あー、もうすでにすんげぇーーーー長くなってるーーーー!w
ここまできて、やっと工具と部材の紹介が終わっただけ・・・。
先は長いぜ・・・_ノ乙(、ン、)_


ちょっとみんな一服してきなよw
僕も一服してくるからさw




(;´Д`)y-~~

( ^-)_旦~~ドウゾー




はい、んじゃ、続きを頑張りますかw
ここから製作工程に入ります。
ていうか、やっと入れますw




まずは必要な長さ(80cm)にテープLEDをカットします。
こんな感じですね。
(もうサクッと次に進んじゃうぜw)



これは非防水のテープLEDです。
LEDのユニットがむき出しですね。
これは銅の楕円形の部分でカット出来ますので、そこでカットします。



そして、電線をカットします。
LEDを4本作るので電線も4本です。
・・・って、ここでちょっと失敗しちゃいました。
何が失敗したかの詳細は後ほどということでw



ジャックとテープLEDに半田付けするために、電線の被覆を剥きます。
0.75sqの電線なので0.75のところでやってみたんですが、合わなかったみたいなので、0.9のところを使ってます。
グッと力を込めると被覆だけ切れます。



右側の状態のまま捻ると左側のようになります。
被覆を完全に取り除いてから捻ってもいいんですが、それよりも写真の状態のまま捻った方が電線がまとまってるので
捻りやすいです。



先ほど剥いた電線をDCジャックに半田付けします。
DCジャックはネジ式になっていて、分解するとこんな感じになります。
短い方が+(プラス)で、長い方が-(マイナス)です。



先ほど剥いた電線に予備ハンダをしておきます。
予めちょっとハンダを流しておくことを予備ハンダといいます。
赤い線が+、黒い線が-です。



赤い線をDCジャックの+側に、黒い線を-側に半田付けします。
あんまりうまくなくてすいませんw
あ、この半田付けをする前に、先ほど分解したDCジャックの長い方を通しておくのを忘れないようにしてくださいね。
まぁ、テープLEDを半田付けする前までに通しておけばいいんですがw



DCジャックの長い方をねじ込んだところ。
これでジャック側は完成です。



今度はテープLED側を半田付けします。
この時に忘れちゃいけないのは、熱収縮チューブを通しておくこと!
これを忘れると、せっかくつけたのを外さないといけなくなります!
・・・何度忘れたことかw
あ、ちなみに、この時点で点灯テストをしておくといいです。
LEDって極性があるので、+と-を逆につけちゃうと点灯しませんのでw
このテープLEDは不親切なのでどっちが+でどっちが-か書いてません。
写真の黒い何かw(151って書いてあるやつ)がある方が+でした。



はい、付けました。
慣れてくると半田付けも早くなってくるんですが、まだ序盤戦なのでちょっと時間かかっちゃいました(^^;
銅の電極のところをしっかり温めてからハンダを流しましょうw
焦らずしっかりね。



んで、予め通しておいた熱収縮チューブを使って絶縁します。
この辺くらいまで被せておきました。



ドライヤーで収縮させた後はこんな感じです。
ピタッとしますね。
縮んでいくのを見てるのは意外と楽しいですw



これで1本完成です。
写真を撮りながらだったので、どえらい時間かかりましたw
作業だけならそれほど時間かからず出来ると思います。



テープLEDを貼ったところのアップ。
幅が8mmでアルミアングルが10mmなので、2mmほど空いてます。
あ、貼り付けは両面テープがついてますので、剥離紙をちょっとずつ取りながら貼り付けていきます。
ゆっくりやれば曲がらずに貼れると思います。



電極部分のアップ。
ちょっと浮いてるのがわかりますかね。
安いからか、電極部分がちょっと曲がってるんですよね。
なので、両面テープにちゃんと密着してません。
まぁ、支障ない程度ですけどねw
気になる方は、爪でギュッと押し付けてください。
それでも付きませんけどね!w



点灯テストー!
無事に点灯したら完成です!
結構嬉しい瞬間ですなw



点灯部のアップ。
ちゃんと光ってますな~(^^)
写真だとわかりにくいですけど、肉眼だと結構明るいですよ。



はい、ここまできて、やっと「何でアングルにしたのか」のご説明ですw
写真を見ると、手前側に光が漏れてないのがわかりますかね。
ダンボール側は明るいけども、手前側は明るくない。
これは、設置した際に、LEDライトの光が直接目に触れないための措置です。
アングルじゃないとどれくらい眩しいのか試してないのでわかりませんが、いいんじゃなかろうかとw
これは「~美伝えびの草日記~」の美伝さんがやってたので、それはもう完全なる丸パクリですw



こちらは防水タイプのテープLEDです。
写真のようにドーム型にシリコンが盛られています。
これで防水してるんですね~。



盛られているシリコンを電極の部分を露出させるために、ちょっとだけ切ります。
写真だとだいぶヘタクソですが、やっていると慣れてきますので、うまく切れるようになってきます。
コツはカッターの刃を長く出して、刺身を切るようにスーッと切れ込みを入れることです。
あんまり力を入れるとテープ部分まで切っちゃうのでご注意をw



写真の赤線の部分がカット出来る部分です。
これはちゃんとどっちが+でどっちが-かが書いてありますw
ちなみに、これは防水の高い方です。
安いのと何が違うかというと、シリコンの柔らかさです。
高い方が柔らかかったです。
他にもあるんでしょうけど、パッとすぐわかるところはそこでしたw



はい、これでようやく製作工程が終了です。
ここからは設置工程に入ります。
みなさん、もう少し!
もう少しですよ!w





棚板にはタイラップ(インシュロック)で取り付けます。
タイラップは一度締めると戻せませんが、僕は戻せるやつを使いました。
念のためね、うん、念のためw



こんな感じでしっかり取り付けて行きます。
長く余ってる部分は邪魔なので、後ほど切ります。



配線の処理はこんな感じで、ここでもタイラップを使ってまとめていきます。
あんまりきつく締めすぎるとよくなさそうなので、程ほどにねw
・・・って、気付きました?w
製作工程で、電線の長さを元々付いてた電線の長さに合わせて切っちゃったと書きましたが、
それだとDC4分岐ケーブルがワーディアンケースの中になっちゃったんですよね。
ジャック部分がワーディアンケースの中だと、せっかく防水のテープLEDを使ってもあんまり意味ないですよねw
DCジャックが濡れちゃったらダメですし。
それに、配線の取り回しも全然ダメでしたw
なので、一度電線を外して、再度長さを計って半田付けし直しましたw
脳内ではいい感じで取り回せる予定だったんですが、やっぱりちゃんとシミュレーションしないとダメですね(^^;
ってことで、ここでも備忘録魂を発揮して、必要になった配線の長さをメモっときますw

■1段目(ワーディアンケースの外)
106mm、96mm、90mm、77mm

■2段目(ワーディアンケースの中)
605mm、520mm、420mm、300mm

■3段目(ワーディアンケースの中)
720mm、570mm、500mm、355mm

当然、買ったダブルコードが足りなくなったので、ホームセンターへ走ったよねw
色々あって、2回も走ったよね。
ご利用は計画的に・・・w



無事にワーディアンケースの外側で分岐させることが出来ましたw
ここでも電線をタイラップでまとめておきます。
こういうところはきっちりしときたいタイプw



接続部分のアップ。
これ、全部入りきらないんだけど、サイズ違うのかな?
DC4分岐ケーブルの方が長くて入りきらない・・・。
まぁいいんだけど、何か気になったもんで(^^;



テスト点灯ーっ!
ちょっと暗く撮っちゃったけど、実際の明るさは合格点じゃないかと思います。
明るいのと草が育つのはまた別問題でしょうけども、とりあえず観賞用としては問題ない明るさですw



アグラオネマでテストしてみる。
まぁいいんじゃないの?って感じだよね?w
これで草が育つかどうかはまた別m・・・(以下略w



別の株でもテスト。
ちょっと暗く撮りすぎたか・・・?
そんなに変な色になってるわけでもないので、見れる程度にはなってるかな、と。



んで、こんなもんも作ってみた。
これは何かと言いますと、1段目(ワーディアンケースの上ね)に設置するためのステーです。
これに作ったテープLEDを取り付けます。
板の真ん中に2個ずつ開いてる穴にタイラップを通してアルミアングルを固定します。
外側寄りに開いてる穴は、配線をまとめるための穴です。



実際に取り付けてみると、こんな感じになります。
うん、これはイメージ通りだなw



配線をタイラップでまとめました。
左側のアルミアングルから出てすぐのところの配線がちょっと出っ張ってますが、これはあまりテンションをかけて
断線したらイヤだからですw
見た目よりも実用性重視ですw



実際に置いてみた。
お、なかなかいいんじゃないの!?
イメージ通りです(^^)
明るさとか演色性も及第点でしょう。



そして、やっとやっと全体像ですw
一番上の棚が若干暗く見えますが、これは中に入っているものの影響でしょう。
白いものがないので、光が反射してないからだと思いますw
明るさ的にはよろしいんじゃないでしょうか・・・。




いや~、長かった!
作るまでも長かったけど、この記事も長かった!w
これでやっと全工程が終了です。
今ではタイマー管理も始めましたし、最上段も蛍光灯をなくせたのでスッキリしてます。
いや~、作ってよかったなぁ~w


作業的にはそれほど難しいこともなく、半田付けも楽しかったですね。
テープLEDもまだちょっと余ってるので、他の照明も作っちゃおうかななんて思ってます。
何をいつ作るかは未定ですがw
半田付けは久しぶりにやりましたが、楽しいですね、これ。
もし作りたい人がいたら、材料用意してくれたら代わりに作っちゃうよ?と思っちゃうくらい楽しかったかもw
今度は水槽用の照明でも作ってみるかなぁ・・・。




と、言うだけ言ってみるw









というわけで!
ほんだし史上最長なんじゃないかと思うほどの超超超!長文の記事でした!w
最後までご覧になってくださった方々!
(いるのか?w)
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました!
ゆっくり休んでくださいw













最後に一言だけ・・・






































ありがとうございました~w






ほんだし印50px_01

+++

こちらもよろしくお願いします!
MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



にほんブログ村のランキングに参加しています。
だいぶ疲れたから押してw
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
半田付け楽しい。
  1. 2015/10/04(日) 09:09:09|
  2. D.I.Y.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

コメント
今までもっと長い記事ありませんでしたっけ?
とか言って探す事はしませんけどw

半田付けは高校の時以来やってないけど、
配線とかリケーブルとか自分で出来ると便利だし、
電気系統は覚えたいんですよね。
(車のオーディオとかいじるのにも使えるし)

で、どうやって覚えればいいんですかねw
  1. 2015/10/04(日) 09:31:32 |
  2. URL |
  3. けんzy #-
  4. [ 編集]
超大作お疲れ様ですw
以前Twitterでいろいろやってたのはこれだったんですね。

ちょうど水槽棚の照明を考えていた時にこの記事…これは自分も作るしか…!
  1. 2015/10/04(日) 09:40:54 |
  2. URL |
  3. たーとる #-
  4. [ 編集]
銅ランドがむき出しの部分は多湿な環境だと腐食するかもしれないのでハンダメッキしておくといいかもしれませんね
  1. 2015/10/04(日) 13:42:17 |
  2. URL |
  3. hositaro543 #-
  4. [ 編集]
●けんzyさん
あったかな?(^^;
自分でも覚えてないですw

そうそう、アクアやってると電気系統は出来るといいよね~。
作業自体はいいんだけど、自分の作業で火事になったりしないか?ってのが心配で、なかなか踏み出せなかったw

覚えるのは・・・どうすんだろねw
とりあえず、僕はネットで色んなところを見まくりましたw
実作業は・・・やってみるしかないんじゃない?w
  1. 2015/10/04(日) 13:47:48 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
●たーとるくん
マジで疲れました・・・。
0時ごろ書き始めて、終わったのが5時w
バカですよね。

そうそう、Twitterでほしちゃんに色々聞いてたのはこれだったんですよ。
なかなか楽しく出来ましたよ(^^)
たーとるくんも必要ならやるしかないねw
工具とか持ってそうだから、安くあがると思うよ。
  1. 2015/10/04(日) 13:49:33 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
●ほしちゃん
その節は、色々教えてくれてありがとうね(^^)
こんな感じで、何とか形になりましたw

銅ランド、そうか、確かに腐食しそうだね!
でも、ワーディアンの外なので、それほど湿度が高いわけじゃないと思う!
ので・・・大丈夫かな?(^^;
  1. 2015/10/04(日) 13:51:59 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
こんばんは(^^

いや~、めっちゃ器用ですね!
DC12Ⅴはアダプターさえあれば汎用性あって加工しやすいから良いですよね~。
さすがにAC100Ⅴはよ~加工しませんが(^^;
製品としてのクオリティもかなりの物かと!
ケースが元からこの仕様で売られてるかのようなクオリティですね(^^
また草の育ちがどう変わったとか、報告お願いします!
  1. 2015/10/04(日) 21:21:41 |
  2. URL |
  3. yamann #-
  4. [ 編集]
おお!おシャンティ〜〜笑
今度アクアスカイも作ってみてください(←簡単にいうな!
写真で見る限り、演色性も良いですね。

しっかし、金属加工や電装関係までなんでも自分でやってしまうほんだしさん、さすがです。
  1. 2015/10/04(日) 21:41:05 |
  2. URL |
  3. いっしー #-
  4. [ 編集]
LEDライト
いいですね。
LEDライト。
自作してみたいです。
LEDライト。
棚の裏に全部仕込んだら、綺麗なロリカリアライフが送れるんじゃないかと思うんですよ。
  1. 2015/10/04(日) 23:01:10 |
  2. URL |
  3. craft #8Z5KALLQ
  4. [ 編集]
●山ちゃんさん
器用・・・ですかね?(^^;
器用さでは山ちゃんさんの方が器用なんじゃないですかねw
僕も100Vは怖くて加工出来ませんw
何かやらかしそうで・・・。
あ、でも、フィルターの途中にスイッチをつけようかと思ってます。
ネジ留めだけだから大丈夫かな?とw

クオリティは・・・どうでしょうかw
近くで見ると雑だと思いますよ(^^;

草の育ちはある程度時間経たないとわからないでしょうかね。
時間経ってもわからない気もしますがw
  1. 2015/10/05(月) 01:17:13 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
●いっしーさん
オシャンティーでしょ?w
アクアスカイ!?
うん、これアクアスカイでいいよもうw
演色性も問題ないんじゃないかなと個人的には思いますよ。
そんなに変な色してないし、緑は緑に見えるしw
加工もやるにはやるけど、なかなかうまくいかんね・・・(^^;
もっとこう、ぷろふぇっしょなるな技を繰り出したいですw
  1. 2015/10/05(月) 01:19:57 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
●craftさん
LEDライト、いいですよ、明るくて。
ぜひ自作してみてください。
テープLEDなら、あの棚にちょうどいいサイズで作れますしね(^^)
半田付けさえ出来れば作れますよ!
ってか、確かアダプタに繋いで貼るだけみたいなやつも売ってたような気もしますがw
  1. 2015/10/05(月) 01:22:24 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
ほんだしさん、本当に凄いですねぇ。
電気関係までDIYなんて。
一体何者なんですか? と聞きたくなってしまうくらい、凄いです。

テープLEDなんていう物があるんですね。
こちらでは電気関係は免許がないとしてはいけないと禁止されているので、私には全く分からないです。(^^;)
あ、でも半田ごては、はる~か昔に技術の授業で使った記憶があります。
私もこれ、好きでした。
楽しいですよね。
えへへ。
  1. 2015/10/05(月) 05:03:59 |
  2. URL |
  3. ビリー #-
  4. [ 編集]
良い記事を読ませていただきました^^
LEDライト自作しちゃうなんて凄いです。
薄型ってメッチャいいですね!コンパクト!
自分もいつかは!・・・なんて思いますけど
これはなかなか出来ないですよー。ほんだしさん凄い。

我が家は水草水槽がとにかく多いんで
1年ほど前から蛍光灯をLED化させてるところなんですが
LEDに変えた水槽の水草があまり調子良くないんですよね。
何が悪いんですかねぇ。
  1. 2015/10/05(月) 12:23:56 |
  2. URL |
  3. キボーデコ #.2cgsHzE
  4. [ 編集]
すげー長い記事ですねw
私もよく長い記事書くけどそれより長いと思われwww


あ、ハンダ吸取線は少しほぐしてからやると取説通り吸い取れると思いまーす(^-^)b

昔仕事でたまに基盤に配線し直しとかやってたので(^^;

まぁ「ほぐせ」とは書いてないですよねwww
  1. 2015/10/05(月) 17:34:20 |
  2. URL |
  3. うりぼう #hvWVAsZY
  4. [ 編集]
LEDはうちも使ってますけどテープLEDは直線かつある程度長さが必要な場合便利ですね。
秋月で売ってる12LED円形ユニットに比べて消費電力がちと高めなのが難点ですが。
(テープの消費電力が高いのと点灯不良が出たので円形ユニット2つに切り替えたクチ)
電源は最悪出力に対して7割くらいでしょうかね、それ以上だと発熱もそれなりにありますからね。
5割くらいだと殆ど熱を持たないのでポンプなどを動かす場合は通電してるのか逆に不安になるレベルです。
  1. 2015/10/05(月) 21:25:51 |
  2. URL |
  3. Bel #-
  4. [ 編集]
●ビリーさん
凄そうに見えるでしょ?w
でも、実際には半田付けしただけですよw
テープLEDは半田付けするだけで点灯しますからね。
LED部分の配線は元々製品として行われてるので、
僕は何もいじってませんw

電気関係は大体どこも免許制?なんじゃないですかね。
容量によって免許が違うんじゃなかったかな?
ただ、これは半田付けしただけなので大丈夫かなと思ってますが。。。
  1. 2015/10/06(火) 06:39:18 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
●キボーデコさん
凄そうに見えるように書いてるだけですよw
切って付けて貼るだけしかしてませんから。
それをこんな長く仰々しく書いてるから凄そうに見えるんですよw
まぁ、冒頭に書いたように備忘録的な意味合いもあるので詳しく書きましたが。

LEDで調子悪いですか?
光量不足なら増灯すればいいだけですが、それ以外だと何ですかねぇ。
波長の問題ですかね?
LEDって白く見えても基本は青の波長のらしいので、赤が足りないんですかね?
・・・と、無責任なことを言ってみるw
  1. 2015/10/06(火) 06:48:30 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
●うりぼうさん
長い記事ですみませんw
読んでいただき、ありがとうございましたw

吸い取り線ってほぐすの!?
うん、たぶん書いてなかったと思うw
これ熱伝わってねーだろ!とブツブツ文句いいながらやってましたよw
次からはほぐしてやってみますね!
あざます!
  1. 2015/10/06(火) 06:52:11 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
長いわwwwクソワロタwww

とりあえず鉛とハサミの説明だけなんとなく…
完成全体画像かっけ~!!
DDE情報結構好きです(^^)
  1. 2015/10/06(火) 06:54:43 |
  2. URL |
  3. 双子 #-
  4. [ 編集]
●Belさん
今回の場合にはテープLEDはもってこいでした!
他の照明も作りたくなっちゃいますねw

消費電力多めなんですか!
他は全然調べてなかったので知らなかったですw
まぁ、それでも蛍光灯よりは少ないのでいいかw

容量によっては発熱もありますもんね。
もっと明るいLEDもありましたが、発熱がすごいらしいのでこれにしました。
アダプタも熱持ちますしねー(^^)
  1. 2015/10/06(火) 06:59:18 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
●双子さん
あ、長かった?
ごめんごめーんw
通勤電車のいい暇潰しになったでしょ?w

完成画像かっこよかった?
ありがとうございます(^^)
これを想像しながらモチベーションを保ちましたw

DDE情報は・・・戯れ言ですw
  1. 2015/10/06(火) 07:05:51 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
すばらしい!

すばらしい!



  1. 2015/10/06(火) 16:31:45 |
  2. URL |
  3. あさやん #-
  4. [ 編集]
●あさやんさん
ありがとうございます!

ありがとうございます!w
  1. 2015/10/07(水) 06:09:58 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
やるやん。
今度は基盤から行くしか無いですねw
  1. 2015/10/08(木) 09:17:39 |
  2. URL |
  3. ざん #-
  4. [ 編集]
●ざんさん
あざっす!(^^)

基盤から!?
いや、それは無理やでw
  1. 2015/10/09(金) 01:36:00 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]
こんにちは
素晴らしい出来ですね!

やっぱアクアリストや葉っぱーはDIY志向が強い人が多いっていうかチャレンジングな人多いですね

これからも挑戦し続けてくださいね!(
  1. 2015/10/14(水) 17:53:17 |
  2. URL |
  3. なってりー #-
  4. [ 編集]
●なってりーさん
ありがとうございまーす(^^)
確かにアクアやってる人って、色々自分で作りますよねw
ないものは作っちゃおう!の精神の人が多いんですかね。
ま、そういうところも楽しみの1つということで(^^)
今後も色々とガサゴソやっていくと思いますw
  1. 2015/10/15(木) 03:18:10 |
  2. URL |
  3. ほんだし #JalddpaA
  4. [ 編集]

ほんだしにだけ表示する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happer.blog119.fc2.com/tb.php/509-603bf869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<うりぼうさんが睡蓮屋を始めたっていうんで、早速送ってもらったよ! | Home | アップする写真全部がピンボケという挑戦w>>