新築しました!

エビ水槽などで重宝される【竹炭ハウス】を作ってみました。
材料は主に100均で揃えました。
鉢底ネットは家にあったので、それを使いましたが100均にも売ってます。
総費用315円ですが、1個あたりの制作費は100円以下だと思います。
以下、製作方法をご紹介したいと思います。

竹炭と鉢底ネット。

長さ15cmの竹炭だったので、ノコギリで3等分にカットしました。
ノコギリでカットするときは、丁寧にカットしてくださいね。
竹炭が薄い&脆いのもあって、案外割れます。
竹炭を回しながら、少しずつ切り込みを入れていくといいかもしれません。
もうあとちょっとでカットが完了だ~!っていう時が一番割れます(笑)
気をつけてくださいね。
鉢底ネットも適当な大きさにカットします。
今回は3本で1個作るので、それに合わせてカットします。
詳しい大きさは後ほど。

結束バンド。

鉢底ネット同士を結ぶのに、結束バンド(タイラップ)を使います。
160本も入って100円は安い!
長さ10cmで約2cmまでまとめられるものを使いました。

底辺部分。

まず底辺になる2本を選び、その幅とほぼ同じか若干小さめに鉢底ネットをカットします。
これが底面部分になります。

三角形。

次に先ほどの底辺部分の2本の上に頂点となる残りの1本を乗せて、三角形を作ります。
底面部分の鉢底ネットはもうカット済みなので、斜辺(っていうのかな?頂点からの2辺)部分をカットします。
こちらは少し余裕があっても構いません。
あまり余裕を持たせると出来上がったときに、中の竹炭がするっと抜けるのでご注意を。

結束!

鉢底ネットがカットできたら、いよいよ結束です。
まずは簡単に底辺と斜辺を結束します。
この時に、結束バンドの突起部分が内側に来るように結束すると出来上がりが多少すっきりします。

こんな感じになります。

底辺と斜辺を結束したところ。
一番端を2ヵ所結束します。

わかるかな?

角度を変えるとこんな感じです。
突起部分が内側にきてるのがわかりますでしょうか?

ここで分岐点!

ここで分岐点があります。
竹炭ハウスにウィローモスを入れる場合と入れない場合で工程が変わります。

<竹炭ハウスにウィローモスを入れない場合>
竹炭を中に入れて、残りのもう1箇所を結束して完成です。
左下の竹炭は節があったので、ドライバーなどで穴を開けておきました。

ウィローモス入れるバージョン。

<竹炭ハウスにウィローモスを入れる場合>

斜辺と同じ長さの鉢底ネットをもう1枚用意します。
竹炭を中に入れて、残りのもう1箇所を結束するのですが、その時に新しく用意した鉢底ネットも一緒に結束します。
この時は突起部分は外側でいいと思います。
内側に入れるのは案外難しいです。
入れられればよりすっきりするので、いいと思います。

2本まとめて結束。

2枚まとめて結束するとこんな感じになります。
この時点で竹炭は1枚の鉢底ネットで覆われているので、ズレたりしないと思います。
ゆるゆるじゃなければ・・・ですが(^^;

ウィローモス投入!

次に写真のように、鉢底ネットでウィローモスを挟みます。
モスがズレないように丁寧に挟み込みます。
挟むウィローモスの量は、少なくていいと思います。
あんまり多いと枯れてきちゃいそうだし。

挟んだ様子。

挟んだら反対側で結束します。
先ほど内側に突起部分を持ってきたので、ここで邪魔になりません。
うっすらとウィローモスが中に入ってるのが見えるでしょうか?

伸びたら出てくるかな?

角度を変えるとこんな感じです。
モスが成長すると鉢底ネットの間から出てくると思います。

結束部アップ。

結束したところのアップです。
最初に結束したのが一番端だったので、ここでは端から2番目で結束してます。
ここで結束するのは底面まで含んで3枚まとめて結束でもいいですし、斜辺2枚だけ結束でも構いません。

ウィローモス内蔵バージョン完成!

ウィローモス内蔵バージョンの完成図です。
うっすらとウィローモスが見えてますね。

ウィローモスなしバージョン。

ウィローモスなしバージョンの完成図です。

正面から。

ウィローモスなしバージョンを正面から見たところです。
綺麗に穴が開いてますね。

新築1棟目。

これが新築1棟目。
ウィローモスなしバージョンを水槽に入れたところです。
なかなか沈まなかったけど、流木で押さえて無理やり沈めました。

新築2棟目。

新築2棟目。
こちらは1日浮かべておいたら自然と沈んでいきました。
ウィローモスありバージョンです。

新築3棟目。

新築3棟目。
これもウィローモスありバージョン。
こちらも1日浮かべたら自然と沈みました。

+++

今回は竹炭3本を使って作りましたが、ウチは3部屋じゃ少ないよ!と言う方は、竹炭を増やして作ってみてください。
作り方はほとんど一緒だと思います。
ただ、案外浮力があるので、本数を増やすとオモリが必要になるかもしれません。
よかったらみなさんも竹炭ハウス・竹炭マンションを作ってみてくださいね。
ちなみに、分譲開始から1日経ちましたが入居はまばらでまだ売れ残ってます(笑)
早く完売御礼を出したいです。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
新築ラッシュだね!という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2007/07/13(金) 00:00:00|
  2. D.I.Y.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント
鉢底ネットについて
はじめまして

私もビーを飼っていますが、100均の鉢底ネットは使わないほうが良いですよ

鉢底ネットを使ってモスを育てた事があるのですが

それを入れてから、稚エビがまったく育たないという経験をしました

リセットをしても鉢底ネットを入れている限り稚エビが生まれても育たず、☆になって上から落ちていく姿を見ました(数日は生きているが必ず☆に)

濾過槽にも影響があるらしく、茶苔も発生してくるぐらいです

ろ材をそのままで鉢底ネットを抜き、リセットをしてもまだだめで

ろ材も交換しないと回復しないぐらいでした

今では、4つの水槽を合わせて4桁近くに回復しました
  1. 2007/07/27(金) 22:22:27 |
  2. URL |
  3. たう #79D/WHSg
  4. [ 編集]
Re:鉢底ネットについて(07/13)
たうさん



はじめまして。

お返事が遅くなってすいません<(_ _)>

鉢底ネット、ダメですか!?

稚エビが育たないのは困るなぁ。

変な虫などが入り込まないように、何か処理がされてるんでしょうかね??

今のところ、特に影響は出てないようですが、注意しないといけないですね。

たうさん宅では、親エビには影響は出てないんでしょうか?

気になる情報ありがとうございます。



しかし、4桁ってすっごいですね!!
  1. 2007/07/31(火) 01:37:06 |
  2. URL |
  3. ほんだし1642 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

ほんだしにだけ表示する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://happer.blog119.fc2.com/tb.php/22-a2d55d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<アクア熱をテコ入れ! | Home | そこで何してんの?>>