夏っぽいやつら。
まいどどうも、ほんだしです。
寄り道が嫌いです。
会社終わってからちょっと寄り道・・・とかしないですw
誰かと待ち合わせでアクアショップとかは行きますけど、1人でちょっとフラッととかはほぼしないですね。
帰宅途中にどこか寄って、さらにそこからまた家に帰るってのがどうにも面倒で。。。
DDE情報ですいませんw


+++


さてさてさて。
今回もまたいただきました記事です。
すいません、何だかいただいちゃってばかりで・・・(^^;

って、記事では連続してますけど、実は時期はそれなりに空いてます。
僕の更新の都合で連続になってるだけですw
今回は「Aquatic plants and aquarium with cats」のうりぼうさんにいただきました。
うりぼうさん、ありがとうございました!
感謝とお礼を込めて、更新していきます。



Oryzias latipes var. "MIYUKI"

はい、みんな大好きメダカちゃんです。
こちらは幹之メダカ。
写真では白っぽく写っちゃってますけど、ブルーが超絶綺麗なメダカさんです。
うりぼうさんちにすげーー大量にいるってことで、譲っていただきました!



真上から。
わかりますかね?背中のブルーが。
めっちゃ青いんすよ!



もうちょっとアップで。
背中の部分が青いのがわかりますかね?
ギラッギラですw
しっかし、メダカってよく動き回るよね~。
写真撮るのが大変でしたw
ピンボケ量産機でしたわw



ベランダの睡蓮鉢に入れました。
元々何匹か幹之メダカが入ってたんですが、数がそんなに多くなかったので、追加ということで送っていただきました。
繁殖もさせたいので、新しい血を入れるって意味もあったりします。
いや~、綺麗だわ~。


さらに、1種類じゃ飽き足らず・・・。
幹之メダカの他にも何種類か見繕って送っていただきました!
うりぼうさん、太っ腹っす!
あざます!
ってことで、続けてどうぞw



Oryzias latipes var. "Full Metal"

フルメタル。
これは幹之メダカよりもさらに青い部分が多いメダカ・・・ってことでいいんですかね?
この写真だと背景が白いせいか、イマイチ青さが出てないっすね(^^;
実物はかなり青いです。



上からも撮ってみました。
背中の部分が青いのがわかります?
黒バックとかで撮ったらわかりやすいのかな?
僕の場合、丸太なのでわかりにくいのかもw



横から寄ってみた。
胸ビレのあたりが青いでしょ?
ピンボケじゃない写真の中ではよく撮れた方w



ちょっと暗めにして上から撮ってみました。
幹之メダカに比べて、目と目の間くらいまで青が乗ってきてます。
範囲が広がってますね。
これも実物は青いです。
「大して青くねーじゃん・・・。」って思われるかもしれませんが、それは僕の写真の腕がヘボいからですw
うりぼうさん、ごめん・・・_ノ乙(、ン、)_


続きまして~。



Oryzias latipes var. "Ogawa Black"

小川ブラック。
これは黒いからわかりやすい!w
黒メダカじゃないよ!w



ほら!黒いでしょ?
名前からして、小川さんが作出されたんですかね。
これで違ったら、何で小川ブラックにしたのよ!ってツッコミますよねw



真上から。
おぉ~、黒いぜぇ~。
小川ブラックは見たことはありましたけど、高級魚だったので、いつかは飼ってみたいな~と思ってましたが、
まさかそれが実現するとは!
ありがたやありがたや・・・(ー人ー)



尻尾の棘条まで黒くなってるんすよ!
これもっと黒くなるのかな?
墨汁のように黒くしてみたいね。


まだ続くよ!



Oryzias latipes var. "YOUKIHI Sanshoku"

楊貴妃三色!
赤系メダカの代表格・楊貴妃の三色バージョン。
メダカ界のトリカラーやぁー!w



上から。
まだら模様が入ってるのがわかりますよね?
こういうのって特徴がよく出てるもの同士を何度も掛け合わせて作るんだよね?
すげー手がかかってるよね~。
尊敬しますわ・・・。



横から見てもまだら模様がわかりますね。
これも尻尾の棘条まで色が乗ってます。
ギンギンに色揚げたいねw



正面から。
メダカの顔って面白いよね。
顔文字みたいでw
(゚□゚)←こんな感じじゃない?w


ラストはこいつじゃ~!



Oryzias latipes var. "YOUKIHI"

楊貴妃!
中国の玄宗皇帝の寵姫で、傾国の美女と呼ばれた楊貴妃の名を冠するメダカです!
オレンジ色が綺麗ですな~(^^)
あ、ちなみに、楊貴妃は古代中国四大美人(楊貴妃・西施・王昭君・貂蝉)の1人です。
マメ知識w



上から見ても超オレンジ!
オレンジよりもオレンジでおいしそう!w
すごいね、この色・・・。



尻尾も全体的にオレンジです。
楊貴妃って初めてこんな間近で見ましたけど、すげー色してんのね。
今まで、メダカっていうと楊貴妃って感じで、メジャーすぎてちょっと敬遠してましたけど、実物はすげー綺麗ね。
食わず嫌いはいけませんなw



ピンボケ?
いやいや!
尻ビレのあたりを見てください!
そう!卵を持ってます!
何匹か卵を持ってるのを入れてくれてました!
うりぼうさん、粋な計らい、ありがとうございます!(^^)
産んでもらって増やしていきたいと思います。




以上、メダカ屋さんのうりぼうさんからの直送便でした!w
全部で5種類!
匹数にしたら・・・相当なもんですよ(^^;
これを惜しげもなくくださるうりぼうさん、マジで太っ腹ですわ。


実はこれ、受け取りの際にちょっと波乱がありましてね。。。
うりぼうさんから、「送りましたんで明日届くと思いますよ~!」って連絡いただいてたんですよ。
その日は仕事だったんですけど、まぁ大体誰かしら家にいるので、受け取りの心配はしてなかったんですよね。
そんで、仕事終わって帰ってきたら、届いてるはずの荷物がないんですよ。
おかしいなと思って配送状況を確認したら、配達完了になってるじゃないですか。
ってことは、どこかに置いてあるはずなんで、家中探し回ったけど、どこにもそれらしき発泡箱がないわけですよ。
大体僕宛の荷物が届くと部屋に置いてあるんですけど、部屋にもないんですよ。
んで、家捜し2回目ですw
しかし、それでも見つからない。
この時点で相当焦ってくるわけですよ。
せっかくうりぼうさんが送ってくれたのに、家で紛失ですからね。
シャレになりません。
そして、家捜し3回目。
・・・見つからねぇw
これはもうダメだと思って、その日はそのまま寝ました。
起きたらヤマト運輸に電話して確認しようと思ってました。

そして翌日。
ヤマト運輸に電話する前に、オトンに「昨日でかい発泡箱で宅急便届かなかった?」って聞いたら・・・





メダカならもう出したよ。





え?





メダカならもう出したよ。





え?





メダカならもう出したよ。





マジで3回聞き直しましたが、あっさりとそう言われましたw
へ?と思って確認しに行くと、睡蓮鉢を出してきて、ちゃっかりセットされてて、メダカちゃんたちは悠々と泳いでましたw

実は、届く前にオトンに言ってあったんですよ。
今度メダカもらえることになったんだって。
僕も嬉しかったので何気なく言ったんですけど、どうやら僕よりもオトンの方が嬉しかったみたいですw
いつもは荷物受け取っても部屋に置いておくだけなのにw


というわけで。


うりぼうさん!
この度は大量のメダカをありがとうございました!!
僕も嬉しかったですけど、オトンの方が喜んでましたw

うりぼうさんのお陰で親孝行まで出来ちゃった感じですw
毎日のエサやりは、オトンと子供たちがやってます。
僕は仕事がなくなったので、ベランダの方だけやってますw
本当にありがとうございました!!(^^)









一時はマジでなくしたと思ったぜ・・・w






ほんだし印50px_01

+++

こちらもよろしくお願いします!
MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



にほんブログ村のランキングに参加しています。
押すのが正解!
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
メダカやっほい!
  1. 2015/07/28(火) 10:10:10|
  2. Present
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ロリ●●●がやってきた!
まいどどうも、ほんだしです。
ミクロソリウムの根っこが嫌いです。
あいつら、勝手に底砂とか掴むでしょ?
あれがイヤw
流木とかに巻くときには徹底的にむしり取ります。
でも、やっぱり伸びてきて、間引こうと思って持ち上げると底砂までくっ付いてくる。
持ち上げるときに汚れが舞うし、そのくっ付いてきた底砂を取るのがまた面倒くさい。
ホント腹立たしいw
DDE情報ですいませんw


+++


今回は、とあるお魚さんをいただきましたのでご紹介します。
送ってくださった方は、「ロリカリアな日々」のcraftさんです。
といえば、勘のいい方はすぐ察しが付くと思います。
あ、勘のよくない方もわかるかw
わかった方もわからなかった方もご覧くださいませw



Hemiloricaria sp. "Paraguay"

ヘミロリカリアsp.パラグアイというお魚さんです。
まぁ、ご覧の通り、そしてcraftさんのブログ名通りのロリカリア科のお魚さんですw
全部で5匹も送ってくださいました!
あれ?これってリネロリカリアじゃないの?
ヘミロリカリアって何?って思った方は、craftさんのブログで違いをお勉強してくるといいと思います!(お前が説明しろw)



かわえぇ・・・w
すでに我が家の水槽に何匹も入ってますが、その8割はcraftさんからいただいたものですw
以前にもいただきましたので・・・。
ご覧のように平べったいですし、物陰に隠れたりもしますので、何匹いても邪魔にならないお魚さんです。



尻尾の模様はこんな感じです。
ここの模様で種類を見分けたりします。
V字(「<」って書いた方がわかりやすいか?)だったり、ラインが入ってたりと、
種類によって模様が違ってきたりする部分でもあります。
詳しくはcraftさんのブログをご覧くださいw



背ビレの模様。
こちらの部分も種類を判別するに当たって、その役割を果たします。
寝てるのか立ってるのか、模様はどうなってるのかなどなどなど。
詳しくはcraftさんのブログをご覧くださいw



ちょっと暗くなっちゃいましたが、顔のアップw
こちらは雌雄判別の参考になる部分です。
口ヒゲがあるとオスとか、ないとメスとか。(ざっくりしすぎw)
詳しくはcraftさんのブログを・・・(以下略w




craftさんは、ロリカリア科のお魚に関しては日本一なんじゃないかと個人的には思ってますw
日本はもとより、海外のロリカリアの研究者さんだったり、ハイマニアさんだったりとも交流を持っています。
うん、まぁね、わかりやすく言うと、ロリカリアの変態ってことですよw
もちろん、今回いただいた子たちもcraftさんちで産まれた子たちです。
たくさん産まれたから、里子として出そうということになったわけです。
うちでも以前に1匹だけ孵化した子がいましたが、そんなラッキーパンチじゃなく、狙って繁殖させて、
しかも出荷サイズ?まで育てていらっしゃいます。
さすがですよね。
そりゃロリカリアのために小屋まで建てるわけだw
熱帯魚小屋って言ってますけどね、あれロリカリア小屋ですから!w
略してロリ小屋。
・・・あれ、何だかいかがわしく聞こえるなw



まぁ、そんなこんなで我が家に来ていただきましたので、ゆったりのびのびと育って欲しいものです。
90cm水槽に入れましたので、それはもうのびのびと育ってくれるはずです。
って、おーーーーーい!!
放したら早速隠れて見失ったじゃないかーーーーーい!!!w
う、うん、まぁね、た、たまには顔を見せてください(´・_・`)




craftさん!
この度は立派なヘミロリカリアさんをありがとうございました!

隠れてはいますけど、夜にたまに見かけますw
しっかり育てさせていただきますねー!









点呼が大変だぜw






ほんだし印50px_01

+++

こちらもよろしくお願いします!
MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



にほんブログ村のランキングに参加しています。
押すーーーんw
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
平べったい。
  1. 2015/07/21(火) 07:15:30|
  2. Loricaria
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

王様とヒモ。
まいどどうも、ほんだしです。
洗い物が好きです。
好きなんですが、奥さんには絶対に言いません。
調子こいて毎回お願いしてくるのが容易に想像出来るのでw
たくさんある食器を見回して、どういう順番で洗いカゴに入れれば綺麗に収まるかを考えながらやるのがいいのです。
脳トレですw
DDE情報ですいませんw


+++


先日我が家に王様が遊びに来てくれました。
いや、住み着いたと言うべきかw
王様がいるってことは、我が家は王城ってことになりますな。
ほんだし城。
うん、悪くないw
あ、俺が王様なわけじゃないかw
んじゃ早速住み着いた王様をご紹介しましょうかね~。



Symphysodon aequifasciatus var.

王様とはこちら。
ブリリアントターコイズディスカスです。
熱帯魚の王様と呼ばれているディスカスです。
まさかのディスカス!
うほーーー!
アクアを始めた頃、雑誌で紹介されてるディスカスの美しさに目を奪われ、いつかは飼ってみたいな~と思ってましたが、
まさか実現するとは!
感無量です・・・。



水合わせ直後なので、色が飛びまくってますがw
でも、わかりますよね?この色彩。
あ、もちろんワイルドではなく、比較的お安めなブリード個体です(^^;
さすがに初めてだし、繁殖目的でもないし、ワイルドじゃなくていいだろうとw



緑っぽく見えますが、実際は青っぽい色してます。
ワイルドやブリードの極上個体と比べれば、そりゃー劣るんでしょうけど、そんなのは関係ないですね。
僕はこれで十分すぎるくらい興奮出来ますw



おぉ~、平べったい~~!w
魚って横から見るのが普通かもですが、正面から見るのもなかなかいいもんですよね。
細かったり太かったり、意外と面白いですw



水槽内に入れたら色が揚がって(戻って?)きました。
ガラス面が汚いのはコケではありません。
そういう模様のガラスなんです(突拍子もないウソだな、おいw)



実は消灯後に撮ったので暗いです(撮り直せよ)
でも、青いラインの輝きは堪らなくかっこよかったです。
サイズ的には7~8cmくらいなので、まだまだ子供です。
90cmに1匹だけですので、広さ的には問題はないとは思います。
鑑賞するには1匹で十分です。
ワクワク感がハンパないです。
うほぅ!楽しい!w

ちなみに、このディスカスは娘に選んでもらいました。
選ばせると興味を持って魚を見ますし、私の魚元気?とか、これ私が選んだんだよ!と宣伝してくれます。
ということは・・・




家族や奥さんから文句を言われない




ってことです。
策士・ほんだしw
まぁ、別に魚1匹買ったところで文句は言われないんですけどね。
正攻法(?)で攻めてみましたw


はい、んじゃもう1種類もご紹介しちゃいましょう。
こちらは息子用ですw



Sturisoma panamense

ストゥリソマ・パナメンセ、通称・ロイヤルファロウェラです。
ヒモみたいな体形してますね。
ディスカスの水槽の近くにいたので、つい買ってしまいましたw
えぇ、息子用ってのは後付けですw



上から見たところ。
飛行機みたいで好きなんですよね~。
シュッとしててかっこいいです。



頭のアップ。
三角形の頭に飛行機の翼のようなヒレ。
面白い魚がいるもんですな~w



背ビレもピーンとしてますね。
って、今気付きましたけど、背ビレ曲がってるな・・・。
閉店間際で選んだから、しっかりチェック出来てなかったか・・・。
まぁいいけどw



顔のアップ。
やっぱりΩの目はいいですな~。
この目も好きなんですよね。
ファロウェラ、ロイヤルファロウェラ、オトシンクルスなどなど、この目を持つ種類は大体好きですw




というわけで、王様とヒモでした!w
我が家には、エアプランツの王様(ティランジア・キセログラフィカ)もいますので、これで王様が2人となりました。
王様・・・集めるか?w






ほんだし印50px_01

+++

こちらもよろしくお願いします!
MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



にほんブログ村のランキングに参加しています。
押すのじゃ!(王様命令)w
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
ヒモになりたい。
  1. 2015/07/12(日) 10:10:10|
  2. Fish
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

よくこういうの見つけてくるね。ありがとう!森!ありがとう!採り子さん!
まいどどうも、ほんだしです。
手がベトベトするのが嫌いです。
ヘアワックスとか使うとベトベトになって、洗ってもなかなか落ちないじゃん?
あれ、すげーー気持ち悪いよね。
すんげーー拭いてもなかなか取れないの。
やめてくれないかな。
とりあえず、美容師の友達に文句言っといた。(お門違い)
DDE情報ですいませんw


+++


はい、ネタどんどんいくよー!
珍しく最近は更新間隔が短くなってる。
・・・ような気がする。
気がするだけかもしれない。
まぁいいや。



Plectranthus sp.

プレクトランサスsp.です。
読み方があってるのかはわかりませんw
採取コードは、LA0515-02でしたね。
最初アルディシアで販売されたけど、どうやら違うっぽくて、調べたらプレクトランサスだったという感じでしょうか。
しかし、よく判明するよな~。
僕が調べても絶対わかんないだろうなぁ。



葉っぱはこんな感じです。
白い縁取りがかっこいいですよねぇ。
こういうのを覆輪っていうんだよね?
ね?w



あ、毛が生えてるw
現地写真ではまったくわからなかったけど、手に取ったらわかりました。
何で毛の生えたのとか買っちゃうんだろう。
いや、偶然ですw



エッジのアップ。
結構ちゃんと色が入ってるんですね。
しかも、大体均一に。
こういうのは見てると、ついつい嬉しくなっちゃうよねぇw



葉裏。
表とは打って変わって紫色。
でも、手前の若い葉っぱは緑色。
むむ・・・、環境によって変わるのか?
こういう場合、うちでは大体緑になりますw



根っこも頼りねぇーなぁー、おいー!w
もっとこう、しっかりした気合入った根っこ出てこないもんかね。
不安になるじゃねーかw
とりあえず、今のところは大丈夫だけども・・・。



Mapania caudata "Narrow" From "Murung raya"

マパニア・カウダータ ムルンラヤ産。
採取コードは、LA0515-04っす。
読み方はカウダータであってんの?
違ってたら教えてください。
とりあえず、青光りがやばいですw



葉っぱはこんな感じで細いです。
細葉と広葉があったけど、迷わず細葉。
青光ってるの、わかる??



葉っぱのアップ。
これは先端に近い部分っすね。
葉縁にギザギザがあります。
TB便のマパニア(通称・しだれムラウィ)もそうだったけど、これも同じようにギザギザが。
指でなぞるとひっかかるくらいにギザギザです。
写真でいうと、右から左になぞると引っかからない。
左から右だと引っかかる。
つまり、葉っぱの先端から根元方面に向かってなぞったら引っかかるってこと。
え?そんなのどうでもいいって?
いやいやいやいや。
体中で葉っぱを楽しむには大事なことですよ?w



青光り。
少し暗く撮ってみるとわかりやすいかな?
意外と硬めの葉っぱで、写真のように盛り上がってる(主脈?部分が凹んでる)んです。
照明暗くして、霧吹きで濡らすとより青光ってるのがわかりやすいと思う。
てか、その写真撮れよw
ねーよ!w



葉裏は普通の緑色。
こっちも青かったらすごいのにねw
そんなにうまくいかんかw



根っこ。
お!これは太くてしっかりした根っこじゃん!!って思うでしょ?
確かにそうなんだけど、これはこれで、硬すぎて大丈夫か?って思うわけよw
出来上がりすぎてて、ここから新たに生えてこなさそうじゃんw
・・・って、根っこに文句多すぎだなw



基部。
このトンガリは何?w
これどうなるの?
何だかサッパリわからないので、そっとミズゴケに植えたw
今のところは大丈夫そう。
枯れてないってだけですけどw



Sauvagesia serrata From "Bundang"

サウバゲシア・セラータ ブンダン産。
採取コードは、LA0515-06です。
これも読み方自信ないw
こちらも、最初は「Ericaceae sp.」(通称・エリカ様)で入荷したけど、どうやらサウバゲシアらしいということで変更に。
しかし、よくわか・・・(以下略w



真上から。
この草姿が最高でしょ?
何なんだろうね、この感じ。
最高っす(^^)



ちょっとアップで。
堪らないね、これは。
葉っぱの感じとか凹凸とか色とか形とか、諸々最高w



葉っぱのアップ。
主脈、側脈ともに盛り上がってます。
そして葉縁のギザギザ。
葉っぱも少し厚め。
こういうのすごくいい!



葉裏。
こっちにもちゃんと葉脈が見て取れますね。
ちょっとわかりにくいけど、茎が完全に木ですw



根っこ。
これもまた頼りない・・・。
こういう人たちは、もうこんな根っこなのかね。
これは仕方ないのかね。
もうちょっと何とかしてもらいたいw



今回の植物は、どれもこれもかっこよくて、堪らんですな。
セラータ様なんてかっこよすぎてヨダレが止まらないレベル。
こういうの、いいね。
カクカクシカジカで色々あったけど、しっかり育てていきたいです。
今後の生長を見守りたい草たちでござんすw




まぁアレだ。
とりあえず、沢尻エリカはかわいいってことだなw






ほんだし印50px_01

+++

こちらもよろしくお願いします!
MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



にほんブログ村のランキングに参加しています。
沢尻さん、押してくださいw
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
友達になりたい。
  1. 2015/07/03(金) 07:07:07|
  2. Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14




| Home |