遊牧民は草のあるところに移動してゆく・・・。 vol.4
まいどどうも、ほんだしです。
水が嫌いです。
水が嫌いというか、水が顔にかかるのが嫌いです。
すぐ拭きたくなります。
なので、顔を洗ったら光の速さですぐ拭きますw
このコーナー初の嫌いなものでした。
今後は好き嫌い織り交ぜながらお送りします。
完全にDDE情報ですね、すいませんw


+++


わかりにくいタイトルの第4弾ですw
今回もまたNo★Madでの戦利品を紹介します。
一体いつまで続くのか・・・。
僕にも分からなくなってきましたw
頑張って早めに終わらせます。。。
前回、段々雲行きが怪しくなってきたとお伝えしましたが、今回はさらに怪しいです。
ま、気にしないけどね~w
じゃ、行きましょっかね。



Haworthia sp.

ハオルチアです。
え?ハオルチア?
えぇ、ハオルチアですw
昨今の多肉のビッグウェーブに完全に乗っています!w
で、これ、何てハオルチアですかね?w
名前がよく分かりませんシリーズ・その1です。。。



アップにするとこんな感じです。
ちょっと明るく撮りすぎたか?
実物はもう少し緑っぽいかもしれませんw



葉っぱの先端にちょっとしたトゲっぽいのが見受けられます。
そして尖ってる系の葉っぱですね。
ハオルチア全体的に言えますが、窓も透明感があって綺麗です(^^)



Haworthia sp.

こちらもハオルチアです。
先ほどのは軟葉系っていうんですかね?
こちらは硬葉系です。
名前がよく分かりませんシリーズ・その2です。
十二の巻とかいうやつかな?



アップだとこんな感じの葉っぱです。
硬葉系だけあって、かなり硬い葉っぱです。
触ると痛いですw



さらにアップ。
こういう菓子パンあるよねw
砂糖が付いてるみたいな感じです。
で、これ何が付いてるの?w



Haworthia sp.

これもハオルチアですよね?(誰に聞いてるんだ?w)
結構平べったい感じの生え方してます。
サラダ葉とかいうやつに似てますw
名前がよく分かりませんシリーズ・その3。



こちらは葉色が比較的薄いというか、黄緑色な感じですね。
葉っぱ自体も薄めです。
トンガリ系葉っぱ。



葉っぱの先端にトゲトゲはありません。
窓もありますが、そこまで透明感はない模様。
詳しくないので何ていう種類かまったくわかりませんが、とりあえずカワイイですw



Haworthia sp.

こちらもハオルチア・・・はなずw
ちょっと葉っぱがデブです。
名前がよく分かりませんシリーズ・その4。



デブのアップw
意外と葉っぱは硬め。
これも硬葉系になるのかな?ならない?



デブのくせに透明感はいっちょ前ですw
意外と綺麗ですよ(^^)
先端にかけて細くなっています。
足だけ細いデブって感じw



Haworthia obtusa

これはわかるw
みんな大好きオブツーサです。
丸っこい葉っぱがかわいすぎますね。



葉っぱのアップ。
うはぁ、かわいぃ~w
食べたら美味しそうだよね。
あ、食べてませんよ?w



窓のアップ。
太陽光に透かして撮ればよかったかな?
いつもの通り夜更かししてるときに撮ったのでメタハラ光ですw



ちっこい子株もいたので小さい盆栽鉢に植えてみました。
すぐ用土が乾いちゃいそうだけど・・・(^^;
育てばラッキーってことでw
株分けしたら2株+こいつが取れたので、ボリューム満点でした(^^)



Gasteria sp.

何この変な多肉w
調べたら、ガステリアという名の多肉植物のようです。
多肉って変なの多いねw



横から見ると、こんな感じで平べったい葉っぱしてます。
模様も入ってるみたいです。
斑入り・・・ってことになるのかな?
名前がよく分かりませんシリーズ・その5。



葉っぱを正面?から見るとこんな感じ。
ヘラみたいな感じの葉っぱですね。
調べたら、和名?は臥牛というらしいですね。



新芽も顔を出しています。
これが大きくなってきて左右に展開していくんですね。
臥牛は、株全体の形状を、牛が寝ているさまに見立てて臥牛と呼ばれるんだそうな。
学名のガステリアは、胃を表すギリシャ語 "gaster"が語源になってるとWikipedia先生が言ってましたw
ガスター10のガスターって、ギリシャ語だったんですね。


そして、今回のNo★Madに行った目的の1つとも言える植物をご紹介します。
実は、No★Mad前にsonsiさんに、とある植物をお願いしてたんです。
それをぜひともゲットしたいと思ってました。
その植物は、僕に・・・というか、ほんだし家にとって、とても縁のある植物なんです。

我が家の家紋は、丸に立ち葵という家紋なんですが、その葵というのがカンアオイなんだそうな。

ほんだしロゴ110111_01

参考画像w
これは軸太さんが我が家の家紋をあしらってデザインしてくれたロゴです。
これが丸に立ち葵っていう家紋です。

葵紋は徳川家の丸に三つ葵(徳川葵)が有名ですよね。
水戸黄門が出す印籠のやつですw
あれもカンアオイ(フタバアオイ)を図案化したものです。
家紋になってる植物を育てられるなんて、感慨深いなぁなんて思ったりして・・・w

というわけで、ゲットしてきたのは、我が家に縁のあるカンアオイです。
早速ご紹介します!



Asarum maximum From "China"

パンダカンアオイ 中国産です。
お願いしてあったので、ほんだし様とsonsiさんが書いておいてくれました。
sonsiさんの粋な演出ですw



上から見るとこんな感じです。
比較的大きめの丸い葉っぱしてます。
そして、手触りは・・・硬いw



葉っぱのアップ。
ツヤツヤテカテカしてます。
あ、名前の由来になっているパンダとは、花がパンダみたいに白と黒になるからだそうです。
全部Google先生の受け売りですが何か?w



新葉も待ち構えてます。
ってか、今日現在は、1枚開いて1枚待機中です。
花も見てみたいですが、まだそれらしい気配はないようです。。。



葉裏はこんな感じになっています。
葉脈が意外としっかり見えるんですね。
カンアオイは初めて育てるので、わからないことがいっぱいです。
色々調べたり、sonsiさんに教えていただいたりして勉強中です。
みなさんがご存知の知識のお裾分けをお願いします!<(_ _)>



Asarum subglobosum "Midorisenju" From "Miyazaki Pref."

続きましては、マルミカンアオイ "緑千重" 宮崎県産です。
こういう、スーーッと茎が上がってきて、ポワッと葉っぱが出る植物は結構好きですw
これもかわいらしいカンアオイです(^^)



葉っぱはハート型。
いやん、乙女ちっくーw
緑の濃淡がイカス。
これも斑入りっていうのかな?



どうよ?
いいでしょ?この柄。
カンアオイの葉っぱは色んな表現があって、見てて楽しいですね。
古典園芸として、昔から交配が行われてたりするみたいですね。
すんげーかっちょいい葉っぱとか見てみたいな。
その葉っぱが好みかどうかはわからんけどw



葉裏はこんな感じ。
葉脈が結構びっしり入ってる。
何となく健気な感じがするのは気のせいでしょうか?w



葉っぱのアップ。
ここだけ見ると、トリカラーの葉っぱみたいじゃない?w
実際トリカラーっぽいですよ。
和製トリカラー?w



Asarum savatieri "Yatsufusa" From "Izu Peninsula Shizuoka Pref."

お次は、オトメカンアオイ "八房" 静岡県伊豆半島産です。
伊豆半島にもカンアオイって生えてるんですね~。
小柄でかわいい。
これは完全にツボでした。



葉っぱがまん丸です!
丸葉スキーとしては堪りませんw
模様もお気に入りの一品です(^^)



そして葉裏。。。
この葉脈の模様?が表面にも出てくれたら最高なんだけどなー。
そういうのは亀甲葉っていうらしいですね。



幼葉がかわいい。
カンアオイって増殖スピードがすげぇ遅いらしいですね。
異論はあるようですが、生息範囲の移動速度を「1万年で1km」という説もあるとか。
1万年で1kmってことは、10年で1mですよ。
1年で10cmですよ。
石の上にも3年とか言ってる場合じゃないですねw



Arisaema kiushianum From "Shiiba village Miyazaki Pref."

ヒメウラシマ 亀甲葉 宮崎県椎葉村産・・・の球根w
ヒメウラシマって、ヒメウラシマソウのことでいいのかな?
ってことはカンアオイじゃないのかな?
sonsiさんにそう言われたので、そうなんだと思いますw
まぁ、葉っぱが出てきたらわかるでしょうw



こんな感じの球根です。
とりあえず植えつけてありますが、どこから芽が出てくるのかよくわかりませんw
写真の出っ張ってる部分から出てくる・・・のかな?
よくわかんないので、出せそうな感じで植えておきましたw
いつ葉っぱを出してくれるのか楽しみです(^^)


いや~、sonsiさん手広いな~。
あんな植物やこんな植物まで、ありとあらゆるものを育ててますね。
植物の総合商社ですなw
就職したい・・・w

sonsiさん!
この度は素敵な植物をありがとうございました!
大事に育てます!

家紋だけにしっかり育てないとご先祖様に顔向け出来ないなw



と、いうわけで!
長かったNo★Mad戦利品紹介も今回で感動の最終回です!w
今までご覧になってくださったみなさん、ありがとうございました!!
長々とすいませんw
そして、素敵な植物を見せてくださった、甲斐さん、keisukeくん、sonsiさんありがとうございました!!

次回のNo★Madは12/15、16で大阪での開催のようですね。
行きたいけどさすがに大阪は遠いな~(^^;
あ、大阪No★Madに行かれるみなさんは、次の言葉を覚えてから行ってくださいね。







12/14は、ほんだしの誕生日です。







お土産待ってま~~~すw






ほんだし印50px_01

+++

移転しました!
こちらもよろしくお願いします!

MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



ランキングに参加しています。

3回くらいクリックしてもいいよw
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
面白い草ばっか!
  1. 2012/11/29(木) 11:29:00|
  2. Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:36

遊牧民は草のあるところに移動してゆく・・・。 vol.3
まいどどうも、ほんだしです。
ハンバーグが好きです。
前回はカレーライスでしたが、ハンバーグも晩ご飯の候補によく出てきます。
でも、これも、ハンバーグかぁ~・・・と、あとちょっと!という惜しさを醸し出しつつも却下されます。
結局ダメなんかい!!w
DDE情報ですいませんw


+++


わかりにくいタイトルの第3弾ですw
今回もNo★Madでの戦利品を紹介します。
何だか段々雲行きが怪しくなってきてるような気がしないでもないw
一体僕はどこへ向かおうとしているのか・・・。
気にせずいきますw



Goodyera schlechtendaliana

グッディエラです。
いわゆる和製ジュエルですね。
ミヤマウズラ 白黄覆輪と言います。
まだ子株ですが、かわいいですね(^^)



白黄覆輪の名の通り、葉縁が白のような黄色のような色で縁取られてます。
あ、覆輪とは、花びらや葉縁が地の色と違う色で縁取られていることをいうそうです。
要は、エッジに色が付いてるって感じでしょうか。
ちなみに、ふくりんと読みます。



外国産のジュエルに比べると、模様が粗いというか大きいというか・・・。
そんなところも雅な感じがします。。。
おしとやかな感じ?w



比較的若い葉っぱ。
地の色も薄い感じですが、しっかりと縁取りは入ってます。
実は覆輪ってのは初めてなんですが、なかなか綺麗なもんですね(^^)


続きましてはコチラです。
あれ?道に迷いだした??
いえいえ、ちゃんと道しるべは見えてますよw


Lycopodium sieboldii From "Kagoshima Pref."

ヒモラン 鹿児島県産です。
何だ!?この細っこい草は!?
ヒモラン・・・まさにヒモみたいなラン。。。
というのは、ちょっと違うようで。
ランという名前が付いてますが、どうやらシダの仲間のようですw
リコポディウムの仲間だそうですよ!
和製リコポなんですって!
何だこれ!超絶面白い!w



葉っぱ?の先端部分。
まぁヒモですよねw
何だろ、これ。
どっかで見たことあるよね、こういうの。
・・・靴のヒモ?w



さらにアップで。
よく見ると、細かい何かが集まってる感じw
何かわかんないけど、面白い風体!
不思議さ満開!



こんな風に先端が枝分かれしてくるんだって。
枝毛・枝毛でモサモサしてくるみたいね。
といっても、元々が細いのでそんなにモッサリ感は出ないんですけどねw



ネビュラッチェーーーン!w
幅はどれくらいだろ。。。
1~2mmくらいかな?
とりあえず、細いですw
いや~、面白いな~。
これが川の上の木の枝とかにぶら下がってるんですってよ。
結構生長も遅いみたいで、ここまでの長さになるのに数年はかかるんだって。
これは得意の放置でいくしかないですねw


さらに次はこの葉っぱ!


? sp. "PHT"

これは袋に、? sp. "PHT"と書かれていました。
keisukeくんに聞くと、細かく刻んで増やすんだそうです。
ほぇ~、そんな草があるんすな~。
そこへ甲斐さんがやってきて、ちょっと袋開けてみ!いい匂いするよ!と・・・。
言われた通りに袋をちょっと開けて匂いを嗅いでみると・・・いい匂いがした!

うおぉ!何だこの草は!!!と驚いていると、何だかみんなニヤニヤしている・・・。
すると、keisukeくんが・・・






それ、バジルの葉っぱっすよ。





と、種明かししてくれましたw






え?え?え?
何でバジルの葉っぱなんか売ってんの??





それ、昨日食べたピザに乗ってたやつです。





そうなの!?
じゃあ、PHTって何よ。






ピザハットの略です。





おいコラーーーー!
なんでピザハットをPHTって略すんじゃーーー!!!

やられたわい・・・。
おもくそ騙されてた!w
純真無垢で素直だから、思いっきり信じ込んでた!
え?
あ、うん、あのね、うん、ごめんw
くそーーー!
みんな黒いなーーー!w
真っ黒過ぎるぜ。。。


あ、そうそう。
真っ黒といえば、こんなのもゲットしてきましたよ。


Aceh Coffee

コーヒーsp.アチェw
スマトラのアチェはコーヒーで有名なんだとか。
keisukeくんがお土産で持って帰ってきてました。
残り少なかったけど、1個お裾分けしていただきました(^^)
まぁ、僕はコーヒー飲めないんですけどねw
奥さんへのお土産です。
家に帰って渡したら、思いの外喜んでました。
ほんだし株、ちょっと上昇w
keisukeくんありがとうw



BANDA ACEHって書いてあるでしょ。
SEDIA BUBUK KOPI ACEHはアチェの粉末コーヒーって意味でしょうかね。
インドネシアとかスマトラの人たちは、コーヒーにめっちゃたくさん砂糖を入れて飲むみたいですね。
僕も飲む時は砂糖をたくさん入れますw




というわけで、No★Madでの戦利品紹介 第3弾はこれにて終了~~!
ふぃ~、結構長いな・・・(^^;
でもね、まだあるんスよ。。。
僕が頑張ればあと1回、頑張れなかったら2回くらい続きそうですw
も、もう少々お付き合いいただけると嬉しいです(^^;






ほんだし印50px_01

+++

移転しました!
こちらもよろしくお願いします!

MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



ランキングに参加しています。

クリックしたら明日100円拾います!
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
どこ行くねん!
  1. 2012/11/22(木) 18:18:18|
  2. Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:39

遊牧民は草のあるところに移動してゆく・・・。 vol.2
まいどどうも、ほんだしです。
カレーライスが好きです。
晩ご飯何がいい?って聞かれると、大体カレーライスって答えます。
そして大体却下されます。
何だよ、だったら聞くなよ!
DDE情報ですいませんw


+++


わかりにくいタイトルの第2弾ですw
今回もNo★Madでの戦利品を紹介します。
買い物カゴがカオスだったと噂ですが、その判断はみなさんにお任せしましょう・・・w
では・・・。
ゴクリ・・・。



Ardisia sp. "Aceh"

アルディシアsp.アチェです。
アチェ産のアルディシアです。(そのままw)
これと似た草があったので、keisukeくんに「これとこれ、同じ?」って聞いたら、
「違いますよ。」との返答だったので、両方買ってきましたw
まぁ、よく見たら違うのはわかったんですが、現場では同じように見えました。
ライティングの関係だと思いますw



葉っぱはこんな感じです。
まぁ、こう見るとフツーじゃん?って思う感じだと思います。
僕も現場ではこんな感じに見えたんです。
でも・・・



うはぁ!かっこいい!
こう見ると全然違うっしょ?
全然違うんですよ!
全然違って!(力説w)
あ、似てるってやつはまだ出てきてないのでわかりませんねw
あとで比較してみてください。



葉裏です。
こちらはフツーw
強いて言えば白っぽいけど、それはライティングの関係ですw



根っこはこんな感じ。
アルディシアなのか?と問われれば、わかりません!と即答しますw
でも、keisukeくんがアルディシアっていうんだからアルディシアなんです!
インボイスに頼るしかない派ですw



Ardisia sp. "Aceh" Silver leaf

アルディシアsp.アチェ シルバーリーフ。
さっきのと同じ産地のアルディシアなので、ここでは便宜上、シルバーリーフと表記して区別したいと思います。
インボイスはあくまでも、アルディシアsp.アチェでした。



シルバーリーフと名付けたくなる葉っぱでしょ?
葉脈じゃない部分がシルバーの葉っぱなわけですよ。
なかなかかっこいいんですよ、これが。
色んな葉っぱが並べられている中でも一際目を引く存在でした。
・・・あれ?僕だけ・・・じゃないよね?(^^;



穴開いてる。
いや、違う違うw
葉っぱのアップはこんな感じですよ!の図。
ね?シルバーでしょ?



葉裏~。
まぁ、これもフツーっすよねw
植物っぽくてよろしいw



根っこ。
これがアルディシアなの?っていう根っこしてますよね。
ね?w
いやね、さっきのとちょっと違うっしょ?
うちにいるアルディシアさんたちともちょっと違うのよ。
何ていうか、根っこが素直過ぎるw
アルディシアの根っこって、こんなに真っ直ぐだったっけ?w


Gesneria sp. "Aceh"

ゲスネリアsp.アチェです。
これがさっきアルディシアsp.アチェと似てたといってたやつです。
何となく・・・似てる・・・ぽくない?w



うん、まぁ、こうやってみると全然似てないんだけどさ・・・(^^;
現場で袋に入ってて並んでると結構これが似てるように見えたのよ。
ララララララライトの関係で・・・ねw



葉っぱをアップにするとこんな感じにラメが!
葉っぱの凹凸もゲスネリアっぽい!と思ってしまう僕はおかしいのでしょうか?w
なかなかいいゲスネリアで。。。



葉裏。
おぉ!ゲスネリアっぽい!w
この葉脈の凹凸感はまさしくゲスネリア!・・・と言い切れるほど知りません、ゲスネリア。



根っこがグネグネw
我が家に来るゲスネリアとかアルディシアって、どうも根っこがグネグネのが多いのよね(^^;
元々そんな植物なの?
地味に植えにくいんですよねw



Dischidia rafflesiana From "West Kalimantan"

何?これw
マスカット?
いやいや。
ディスキディア・ラフレシアナっていうツル性の植物です。
うん、まぁ、変な草ってとこですわw



でも、こう見ると葉っぱがかわいいでしょ?(^^)
まん丸葉っぱのツル性なんて最高じゃないですか!
ドワーフアマゾンフロッグピットみたいな感じの葉っぱをイメージしていただければよろしいかと。



どうよ!この丸さ!
黄緑色でまん丸!
女の子は絶対かわいい!っていうはずw



通称:ソラマメですw
こういう袋状の葉っぱを展開することもあるんです。
不思議な植物ですよね。。。
まぁ、あとでわかるけど・・・(意味深w



根っこはこんな感じでまとまってワシャッと生えてますね。
僕もこの植物を見るのは初めてなので、どういう植物なのか全然わかりません。。。
ほぅほぅ、こんな感じなのね・・・と観察しながら写真撮りましたw



葉裏はこんな感じになっておりまして、少し厚みがあります。
表面は少し盛り上がってる感じでしたが、葉裏は平たいです。
厚みがあると美味しそうに感じちゃうのは僕だけでしょうか・・・?w



さっきのソラマメには穴が開いてます。
それは・・・

葉っぱの中に蟻が住むからだーーーっ!!

そんなにでかい文字にするほどのことでもないですけどねw
これはいわゆるアリ植物と言われてまして、アリを住まわせることによって外敵から身を守ってるんだそうです。
アリって結構強いらしいですよw
不思議な植物がいるんですね~。



Hydnophytum formicarum From "West Kalimantan"

あら、かわいい!
これはヒドノフィツム・フォルミカルムって言います。
こんなフォルム、女の子が好きそうですよね!
うん、そうに違いない!
モテ植物買ってきちゃった!w



葉っぱはこんな形をしてまして、意外と肉厚でございます。
触り心地もそこそこですw
緑が綺麗な葉っぱです(^^)



葉裏は表よりもやや薄い緑です。
まぁ、フツーですねw
これだけ見ると、そこらに落ちてる葉っぱとさほど変わりませんw



根っこ付近はこんな感じになっています。
通称:ジャガイモw
というわけで、以上の2つがTwitterを賑わせていた野菜シリーズですw
ソラマメとジャガイモを買ってきました。
絶対僕が買うだろうと1日目で話題になってたらしいです。
その通りに買っちゃったよ・・・。
ちょっと悔しいw



あれ?また穴が・・・。
これはジャガイモのホクホク具合を確かめるために、僕が箸で刺しましたw
・・・えぇ、ウソですよ。
すぐバレるウソですよ。
これはですね・・・

この中に蟻が住むんだーーーっ!!

あ、わかりますね。。。
さすがに2回目ですもんねw
というわけで、こちらもアリ植物です。
アリダマとかアリノスダマとかアリノトリデとかそんな名前で呼ばれているらしいです。
アリってすげーね。
土の中しか住まないわけじゃないんだね。

あ、ちなみに、どちらのアリ植物からもアリは出てきません。
もう全員引っ越してるので、空き家です。
日本にいるアリも住むかもしれませんが、住まわれる前に僕が阻止します!
絶対に!w
アリノトリデノトリデになりますw



そんなわけで、戦利品紹介の第2回はここまで!
次回も頑張りますので、よろしければご覧になってくださいまし~~~<(_ _)>
小出し会、頑張ります!w






ほんだし印50px_01

+++

移転しました!
こちらもよろしくお願いします!

MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



ランキングに参加しています。

クリックしないと明日ウンコ踏むよ!
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
野菜買ってきちゃった。
  1. 2012/11/18(日) 23:23:23|
  2. Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

遊牧民は草のあるところに移動してゆく・・・。 vol.1
まいどどうも、ほんだしです。
ネギが好きです。
風邪を引いたらネギを丸々1本使ってネギラーメンを作ります。
ネギを細かく輪切りにして、半分は最初から鍋に入れて煮ます。
もう半分はラーメンと一緒に煮ます。
こうするとネギのエキスがふんだんに出て、風邪が治る気がします。
翌日のネギ臭のことは考えない方向でw
DDE情報ですいませんw


+++


さて、わかりにくいタイトルですが、先日のNo★Madの戦利品紹介ですw
種類数でいうと結構仕入れた気がするので、いつものごとくネタを小出しにしていく会の規則に則って書きたいと思います。
では、第1回のスタートですっ!
まずはsonsiさんのクリプトからいきましょうかね。



Cry.uenoi From "Sg.Sabal Kruin"

Cry.ウエノイ サーバルクリン産です。
実は以前に育てたことがあります。
あっけなくヤラれましたがw
今回はリベンジということになります。
当時のものとは葉っぱの感じが違うので、あんまりリベンジ感はありませんがw



この虎斑、どうですか!
緑の葉っぱに黒い虎斑。
鼻息荒くなるでしょ?w



アップにするとさらに血圧まで上がっちゃいますよ!
主脈の両脇が白っぽくなるのは仕様なんでしょうか?
クリプトは疎いので、その辺よくわかりません(^^;



葉裏。
こちらにも虎斑がはっきりと見てとれますね。
出血多量で119番ですねw



Cry.thwaitesii From "Kottawa forest" Red Type

次はCry.スワイテシィ コッタワフォレスト産 レッドタイプです。
これ、赤い照明で照らしてるわけじゃありませんから!
普通の部屋の電気です。
あ、違った。
部屋の電気点けてないんだった。
えっと、水槽のメタハラの木漏れ日ですw
エコですよ、エコw



葉っぱはこんな感じでエロすぎですw
優木まおみもビックリのエロかっこよさです。
赤という表現では当てはまってない気がしますw



葉っぱのアップ。
ワニ革ではありませんw
何でしょうね、これは。
財布でも作れっていうんでしょうかw



鼻血ポイントw
この葉縁のフリフリはどうにかならないんでしょうか。
こんなのを長時間見せられたら、はっきりいって拷問以外の何物でもありませんw



葉裏にも滲む赤・・・。
何かそんなキャッチフレーズの赤ワインとかありそうですよねw
あ、ないですかそうですか。



Cry.nurii From "Sg.Batang Pinang"

3つ目は、Cry.ヌーリー バタンピナン産。
バタンピナンって柔道で背負い投げされた時に出る音っぽいよねw
こちらはsonsiさんが赤ポッチが出る子と言ってました。



赤ポッチ。
僕の鼻血が付着しているわけではありませんw
葉脈に赤いスポットが・・・。
何でこんな風になるんですか!



赤ポッチのアップです。
血の色してますよねw
これを僕みたいな輩が維持出来るんだろうか・・・?
甚だ疑問であり、自信がありません。。。



Cry.villosa From "Dharmasraya"

4つ目は、TB便で来たCry.ビローサ Dharmasraya産。
Dharmasrayaって何て読むんでしょうか?
ダーマスラヤ?w



葉っぱはこんな感じです。
比較的丸葉っぽい感じですね(^^)
丸葉好きとしては萌えポイントですw



葉っぱをアップにすると虎斑も確認出来ます。
もうちょっと濃くなるもんなんでしょうか?
それともこれくらい?
ま、僕が維持したら消えるんでしょうけどねw



葉裏はこんな感じになってます。
薄っすらと紫色っぽいですね。
葉裏も魅力的なクリプトさんです。



葉裏をアップにしてみました。
紫色がわかりますでしょうか?
女の子が照れた時のほっぺたの色って感じ?
キャーキャーw(バカ)



Cry.fusca From "Sg.Marup"

5つ目は、Cry.フスカ Sg.マルップです。
我が家には西カリマンタン産のフスカもいるんですが、それは比較的丸っこい葉っぱしてるんですよね。
産地によっても結構違うもんなんですね~。



細長い葉っぱで、鏃型っていう感じでしょうかね。
これはこれで気に入りました。
シュッとしててかっこいいw



葉裏。
真緑ですねw
葉脈が透けて見えて、マスクメロンみたい。



透かさないとこんな感じ。
メロンシャーベットみたいな色ですね。
って、結局メロンで例えんのかい!w



Cry.yujii From "Sg.Nibong"

ユウジイ3連星 その1w
Cry.ユウジイ Sg.ニボンです。
ユウジイでは有名な産地ですよね。
初めて育てるので不安です。。。
sonsiさん何でも簡単っていうんだもんw



葉っぱはこんな感じです。
カメラって同じ設定で撮っても、光の当たり方によって色合いが変わってくるんですよね。
この写真と次の写真は同じ設定で撮ってます。



何度撮っても黄色く見えるので寝かせてみたw
光の当たり方を変えたら自然な色合いに・・・。
カメラって難しいーー!



葉裏も撮ってみました。
結構素直な感じの葉裏ですね。
あ、ちなみに、種小名のユウジイですが、日本人のユウジさんが見つけたので、ユウジイです。
僕が見つけたら・・・ホンダシイですかね。
・・・ダサw



Cry.yujii From "Jikan"

ユウジイ3連星 その2。
Cry.ユウジイ ジカン産。
時間差じゃありませんよw



葉っぱはハート型・・・に近い感じでしょうか。
かわいいですね、この形。
女の子が好きそう。
よし、頑張って育ててモテようw



葉裏はこんな感じ。
ユウジイは緑色以外ってあるんですかね?
見たことないような気がするけど・・・。



Cry.yujii From "Durin Besar"

ユウジイ3連星 その3。
Cry.ユウジイ デュリンベサール産。
ミクロソリウムにもデュリンベサール産ってありますね。
それと同じ場所なんですかね。
小じんまりしててかわいいw



葉っぱはこんな感じ。
少し斑っぽい感じに見える?
こういう葉っぱなんでしょうかね。
素人すぎてよくわかりません(^^;



ちょっと暗いけど、葉裏。
この産地のユウジイも素直な緑色ですね。
やっぱりユウジイはこういうもんなんだろうか・・・。



はい。
というわけで、クリプト編でした!
これらすべてのクリプトをプチヨーロピアンに植え込みました。
大きめの鍋2杯分煮ましたが、まったく減った気がしません・・・。
果たしてあのピートを使い切る日が来るのだろうかw

在庫のパンケースを使い果たしたので、100均へ行って買い足してきました。
その結果、パンケース9個になっちゃいました。。。
今まであったのと合計すると・・・15個!!
か、かなり増えてしまった・・・(^^;
パン屋よりもあるんじゃね?w
置く場所がないので、3個ずつ重ねて置いてあります。
あ、ちなみに、最初から水上ケースに収納する気はまったくないので、このまま床栽培を続けますw
とりあえず、今のところ溶けはないみたいです。
これから寒くなるので生長が鈍るとは思いますが、溶けなければ構いませんw
冬にどれくらい生長するのか楽しみですが、ほとんど生長しないんだろうな~(^^;

しっかし、sonsiさんのクリプトはホントに状態がいいですね。
さすがクリプト界最高峰に君臨される御方なだけありますね。
僕みたいなクリプト底辺の初心者には、本当にありがたい存在です。
sonsiさん、お世話になります!!w


そんなこんなで戦利品紹介の第1回はこれにてしゅーりょー!
また次回以降もシャカリキに紹介していきたいと思います!
小出し会は今日もゆく・・・w






ほんだし印50px_01

+++

移転しました!
こちらもよろしくお願いします!

MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



ランキングに参加しています。

クリックしたらいいことがあるんです!
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
クリプトきてますね!
  1. 2012/11/14(水) 08:08:08|
  2. Water Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:36

甘い街・原宿。
まいどどうも、ほんだしです。
好きな天体は、月です。
三日月とか最高にかっこいいと思います。
満月の日は狼男になりそうなくらいワクワクしますw
DDE情報ですいませんw


+++


すでに賞味期限切れのような気もしますが、消化不良になる前に更新しますw
もう色んなブログでアップされてますが、僕も先日No★Madに行ってきたんですよ。
みんながワイワイと楽しんでいた土曜日ではなく、翌日の日曜日に・・・。
どうせなら土曜日に行きたかった。。。
そしたら、遠方から来てたマサルさんやらいさんや一郎ちゃんにも会えたのに・・・。
ま、でも、のんびり草談義が出来たのでよかったですが。
んじゃま、早速その模様をお伝えしましょうかね。


今回のNo★Madは原宿での開催でした。
久しぶりに原宿駅で下りましたけど、あれだね、原宿は甘いね。
もうね、駅下りた瞬間からスゲー甘い匂いがすんの。
ウエッてなる。
軽くウエッてなる感じ。
お陰で虫歯になったわ。
そんな原ウエッ宿駅から徒歩数分でNo★Madの会場に到着出来ます。
本来ならw
うん、ちょっとね、この日は調子が悪かった。
最初に曲がろうと思ったところを曲がってたらすぐ着いたけど、真っ直ぐ行っちゃったもんだから、ぐるっと1周しちゃったよね。
ボケッと歩いてたからしょうがないね。

そんなこんなで会場到着。
入り口にはご丁寧に案内板が設置されてました。



変な草しかありません。
怪しい。
明らかに怪しい。
知らない人が見たら、絶対ソッチ系の草か毒草だと思うよね。
そんな会場だけど、臆することなく階段を下りていく。
すると、そこには・・・



変な草しかなかった!
看板に偽りなし!w
ちなみに、こちらはsonsiさんブース。
明らかにラインナップがおかしいw



そしてこちらは、AZ便の甲斐さんブース・・・の一部。
あ、ここは普通だね・・・と思ったアナタ!

はい、アウト~~~~!!

その「普通」の感覚、ズレてますからぁ~~~~!!


うん、まぁでも、普通ですよ、えぇw
よく見ると普通じゃないんですがね。



こちらは寄せ植えのチャンプール。
この密度がまずおかしいw
うちもこれくらいの密度で育てたい・・・。



こっちはモザイク柄のニルバーシュの寄せ植え。
小さめでかわいいね。
大きい鉢に寄せ植えした方が効率いいし、根っこも伸び伸び伸ばせるよね。
ニルバーシュは小さいときは白い部分が多めだから、生長が少し遅いみたいですね。



そしてこちらが、圧巻の通称:リトルニアス。
実際の自生地でもこんな密度で生えてないんですってね。
お、棒が転がってる・・・。
こっそり貰ってきてもわからんかったかもなw



こちらは甲斐さん考案のトリカラードーム。
あ、トリカラードームは今命名しました。
今命名したから、ネーミングライツはほんだしが所有していますw(にわとりさんはココで笑うはずw)
中にはデビューしたばかりの「サイレント」が植わってます。
植えたばかりの時はやっぱり湿度高めがいいそうな。
そこで考えられたのがこのドーム。
鉢の縁に棒(ストロー?)を支柱代わりに立てて、サランラップを巻いてます。
横・上をサランラップで覆えば完成。
クレラップよりもサランラップの方が張り付きがいいらしいw



上から見たところ。
見た目はアレだけど、効果はあるとのこと。
ちゃんと湿度も確保出来てたし、霧吹きでシュッシュッもラップをめくってすぐ出来ます。



ラップの隙間からサイレントを激写!
まだ幼株だけど、かっこよくなりそうですね。
値段もかっこよかったけどな!w



現地ではこんな感じの葉っぱだったらしいです。
控えめな散り具合って感じかな?
こんなの現地で生で見たら腰抜かしそうだわw



こちらはブセコーナー。
かなりのお買い得価格でしたよ。
真ん中のボーナスベイビーがかっこよかった。
買うの忘れた・・・w



そして、こちらはLA便のkeisukeくんのブース。
写っているのがkeisuke氏。
途方もなく変な草ばっかりで、大興奮でしたw
買い物カゴをkeisukeくんに激写されて「カオスだ・・・。」と言われましたが、いやいやいや。

それ、アナタが採ってきた草ですから!!w

僕はね、こんな変な草ばっかり採ってくるkeisukeくんはね、きっと奇人変人なんだと思うんだ。
絶対ボタン掛け違えてると思うんだ。
でも、そこが最高だ!!w



これは秘蔵の葉っぱですよ!と言って見せてくれました。
ビニール袋を開けて匂い嗅いでみてくださいと言われたので開けてみたら・・・何かいい匂いがする!
なんとこれ、葉っぱを刻んで増やすんだそうです。
うおー!マジかー!
そんなことして増える草があるんだ!
なんて種類の草かわかんないらしいけど、PHTってのが意味深・・・。



こちらはsonsiさんの多肉ブース。
No★Madで多肉w
もう最高!
あ、もうみんな多肉買いに行きました?
もうそろそろビッグウェーブ来るよ?
早く買いに行かないと乗り遅れるよ?w
躊躇してたらダメだ!
迷ったら行け!が合言葉だ!
明日のホームセンターの開店に並ぶんだっ!w


・・・とまぁ、こんな感じで色んなジャンル・種類の草が盛りだくさん。
それがNo★Mad。
一通り見せてもらって、欲しいものを買い物カゴに放り込みながら草談義してました。
人数的に少なかったので、のんびりお話しながらお買い物出来ました。
って書くとものすごいセレブ感出るねw
買ってるのは変な草だけど。

そんなこんなしているところに、にわとりさんがやってきました。
そして、来ないと言っていたよっしーさんも買い物に来ました。
さらに、出勤途中のsmallbettaさんも来てるし!
なんだ、みんな結局来るんじゃんw
minaさんも行けないなーとかつぶやいてたのにいるしw
わざわざ関西から来たminaさんには牛丼おごってもらいました。
minaさん、ごちそうさまでした!<(_ _)>

今回も閉店までお邪魔して、後片付けを手伝ってきました。
色んな草をGETして、ビニール袋が3袋になったので焦って整理したら何とか2袋に収まりました。
よかったよ、あれで山手線乗らずに済んでw
あれ?スーパーで買出しですか?みたいな感じになってたもん。
その飛び出してる葉っぱ、大根じゃないわよね?みたいな。
あ、このくs・・・葉っぱですか?これは東南アジアの大根みたいなもんなんですよ。あはははは。みたいな。
あらー、珍しいものを買われたんですねー。どこのスーパーに売ってらしたの?みたいな。
これはマンションの地下にある売り場で買ってきたんですよ。みたいな。
そんな会話をおばちゃんと繰り広げるところだったよ。


いやー、でも、毎度毎度言ってるけど、今回も楽しかったなー。
No★Madって色んな草を見て、そして買えるってのもいいんだけど、何より変態・・・じゃなかったw、
草好きの人たちとの会話が楽しいんだよね。
それはもう色んな話を聞けるし、経験談も聞けるし、栽培方法だったり環境だったりも聞けるし、スゲー刺激を受ける。
sonsiさんとか、何でも知ってるもんねw
草の広辞苑だわ、マジで。
何よりありがたいのは、多方面の知識が豊富だから、例え同じ環境を用意出来なくても、代替案を出してくれるから助かるんだよね。
前にヨーロピアン講座をしてもらった時は、sonsiさんはマレーヤを使ってるけど、我が家にはマレーヤがないと言ったら、
赤玉でも大丈夫ですよと教えてくれたり、ビオソイルがないと言ったら荒木田土でいいですと教えてくれたり。
この草育てたことがないんですけど、どうしておけばいいですか?と聞いたら、これが生えてるところはこんな環境なので、
根元をミズゴケで包んでビニール袋で覆っておけば大丈夫ですよ。
ある程度根付いたらビニール外して常湿でいけますよ、とか。
もうね、sonsiさんの脳ミソを検索したいわw

や、でも、教えてクンじゃ申し訳ないから、僕も色々調べるんですよ。
この草面白そうだなと思ったら、そらもうがっつりネットで検索して、育て方を調べるわけですよ。
どんな用土に植えればいいのかとか、日照はどうなんだとか、肥料はどうなんだとか。
そんな俄か知識しかない僕にも丁寧に教えてくださるんですよね。
そういうのってスゲーありがたいよね。
僕なんて栽培技術なんて持ってないですからねw
なので、スポンジのように色んなことを吸収したい。

keisukeくんだって、シレーッとしてるくせに色々知ってるかんね。
最近は自分で採りに行ってるから自生地も見てるしね。
でもね、何気にシャイだから聞いても最初は「そうスね。」しか言ってくんないの!w
ま、僕も人のこと言えませんけどw

keisukeくんは教えたくないんじゃなくて、
きっと恥ずかしがり屋だからあんまりしゃべってくれないんだわ!


と、プラス思考に勘違いして、最近はグイグイ聞くようにしてますw
そのうちウザがられたりして・・・w
まぁ、もう何度も会ってますし、話もさせてもらってますので、色々教えてもらってます。
keisukeくん、いつもありがとうw

甲斐さんは言わずもがなだよね。
すでに名前も売れてるし、色んなところへ行って色んな草採って来てるし。
昔のアクア業界の話とかも知ってるんで、聞くと面白い話も出てくるみたいだしw
もちろん栽培方法も教えてくれるし、実験?の成果もチラリと話してくれるしね。
まぁ、ブログには書けないかもだから、生じゃないと教えてくれないのかもしれないけどw
今回のトリカラードームは、趣味家と採取家の維持の仕方に違いがあるのかもしれないけど、いい方法だと思うしね。
甲斐さん、趣味家みんなが見た目に拘るわけじゃないですよ!w
ま、僕なんて拘っても高が知れてるし・・・(^^;
発泡スチロール箱で育てちゃったりしてますし。
頑張って、鉢をもう少しオシャレっぽいのにしてみようかな?と思うくらいですw

というわけで、諸先輩方との話は僕にとっては貴重なわけです。
No★Madは次回は大阪って話が出てましたけど、九州でもやってほしいという声もチラホラ上がってますね。
甲斐さん、ラブコール来てますよw
でも、やっぱり東京でやってほしいと思うほんだしなのでしたw


ダラダラとつまらん話を書いてしまいました。。。
まぁ、会場の楽しい雰囲気なんかは色んなブログですでに紹介済みでしょうから、
僕はほんだし的No★Madの楽しみ方みたいなものを書いてみました。
最後まで読んでくださってありがとうございましたw


あ、戦利品は次回以降で載せたいと思います!
ネタを小出しにしていく会の会員規則を今回も守ります!w






ほんだし印50px_01

+++

移転しました!
こちらもよろしくお願いします!

MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



いつもありがとうございます< (_ _)>

クリックしたらほんだしがビクッとなります
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
変な草スーパーw
  1. 2012/11/10(土) 00:20:22|
  2. OFF Meeting
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32

丸裸にしてやんぜ!
まいどどうも、ほんだしです。
好きなおでんの具は、ちくわぶです。
ちくわじゃありません。
ちくわぶです。
あの歯ごたえがとても好きです。
でも、なぜか分かってもらえる人が少ないです。
何故だ・・・。
DDE情報ですいませんw


+++


最近体調不良だったりやることがあったりで、なかなか更新出来ませんでした。。。
やっと一段落した気がするので更新出来ました。
すでにネタとしても一段落してしまった感がありますが、僕も行ってたんですよ。
え?どこに?
取材現場にですよw
いっつも遊んでもらっている「ZASSO WORKS」の軸太さんがアクアライフの取材を受けるってんで、
みんなで冷やかしに行ってきたんですよw
当日集まった、TEAM HAのメンバーはこちらです。

Rough Style」のrough67さん
Enjoy!Aqua Life」の野武士さん
aquarium GREEN」ののっぴさん
シダとイモ」のよっしーさん
ほんだし

総勢5人で軸太邸にお邪魔してきました。
僕は以前に王虎さんと一緒に行ったことがあるんですが、その時の面影はほぼなかったですw
色々バージョンアップされてたりするので、もはや違う部屋でした。

写真をたくさん撮ってきたんですが、なんせ取材なわけですから、
アクアライフのカメラマンさんやらインタビュアーさんやらがいるわけですよ。
んで、これからそれが掲載された雑誌が世に出るわけですよ。
その前に僕ごときが軸太邸の詳細レポートを発表しちゃっていいものか?と思ったので軸太さんに聞いたら、
「全然いいですよ~!」とあっけなくOK出ましたw
アクアライフには2ページだったか4ページだったかで掲載されるらしいんですよね。
でもね、僕からしてみたら・・・

そんなページ数で軸太邸の魅力が伝わるかコノヤロー!

なわけですよw
1冊出せ。
1冊丸ごと軸太邸特集組めw
それくらいな思いがあるわけですよ。
たぶんこれは、当日集まったTEAM HAメンバーの総意だと思ってる。
勝手にそう思ってるw
なので、独断と偏見と軸太さんの許可の下、僕が勝手にほんだし版アクアライフを出しちゃおうと思うわけです。
ほんだし版アクアライフ、略して・・・

だしライフ!

まずそうw
そして売れなさそう。
何より、お前の生活興味ないw

まぁまぁ、色んな意見があるのはごもっとも。
でも、ある一部の特定の方々にはものすごく鼻息荒く、興奮する記事になることは間違いないですw
そんな極少数の変態さん向けに書こうと思います。
では、早速創刊w




まずは軸太邸の全景から。
ちょっと暗くて見難いのはわざとですw
これから詳しく見て行きますので焦らずに。。。
この空間、元々は倉庫だったとか。
それをアクア大工の軸太さん自らが改装してこんな素敵空間に仕上げたらしいですよ。
大工ってすげーんだな!
この空間にある棚とか台とかは、ほぼすべてが軸太さんお手製の物です。



僕的にアツかったのがこの水槽。
いわゆるブラックウォーター水槽ですね。
この中には現地さながらに綺麗な発色をした魚たちが泳いでいました。
パッと見は見えてませんけどw



チョコグラさんがスィ~っと。
そして奥にはカージナルの群れが・・・。
魚の取り合わせは東南アジアと南米ですが、まぁそこは趣味なわけですからお気になさらずにw



このチョコグラさん、フヨフヨと泳いでいてかわいいのなんのって!
僕の中では難しい魚という位置づけのチョコグラさんですが、最近は着状態がいいのでそれほどでもないんですってね。
そ、そんなこと言われたらやばいじゃないか!w



リコリスさんも泳いでます。
これはアンジュンガンエンシスですね。
東熱帯魚研究所で一緒に買ったやつです(^^)
広い水槽で悠々泳いでました。
こやつもかわいいんだよな~(^^)



現地ではマンディ場の水草の陰とかにいるらしいですが、こんな感じでのんびり泳いでたりするんでしょうか。
それとももっと緊張感溢れる感じで泳いでたりするんでしょうか。
見ていると、そんなことを考えてしまう水槽ですね。




そしてお次は120cmの水上ケース。
120cmの空間にアヌビアスだらけw
アヌビアスは、言わずと知れたアフリカ産のサトイモですが、それがこれだけ入った水槽なんて他にはありますまい。
日本一なんじゃないの?
日本一の変た・・・ゴッ!(カナヅチで殴る音w



(包帯を巻きながら)120cmケースの前にはこんなかわいらしい多肉ちゃんが。
最近僕らの中で流行ってます、多肉。
みんなもやるといいよ、多肉。
右側のやつは食べられるらしいよ、多肉。
女の子にモテるらしいよ、多肉。
よし、これだけ多肉多肉と連呼しておいたから、これから流行るだろうなw



120cmケースの一角から、恐ろしいまでに伸びている植物がありました。
その植物とは、ボルネオのツル性植物、通称:よっしーカズラでした。
すでに2mくらいは伸びているんじゃないでしょうか。
これには本家・よっしーさんも驚いてました。
これは切らずに部屋1周を目指して欲しいですねw



よっしーカズラを下から。
健康的な緑色をしてますね。
植物を色んな角度から眺められる軸太邸は、僕にとってはパラダイスでしたw



窓際の植物スペース。
てか、どこを撮っても植物スペースなんだけどねw
何かもう色んなのがありすぎるので、各自確認よろ!w
さりげなくチャームのアヒルも置いてあります。



左に目を移すとこんな感じになってます。
まだ空っぽの水槽。
これには●●が入る予定とのこと。
しかし、なんでこんな形に流木が組めるんだ。。。
流木って、買うと設計図付いてくるんだっけ?w



そのお隣のV25ケース。
ここには色んな草が雑多な感じで植えられてますね。
もうね、どの水槽も目が離せない感じなんで、ガン見!超ガン見ですよw
ケースにへばりつきながら見てました。
あ、へばりつきながら見てたってよく書いてますけど、これマジですからねw
言葉のアヤとかじゃないです。
当日いたメンバーならわかるでしょうけど、ホントに僕、ガラス面にくっ付いて水槽見ますからw



照明にはヤドクガエルが棲んでいますw
これ、僕もやろうと思ってたんですが、先越されました!
悔しーー!w




今まで紹介してきた草・ケースがあった下の段ですw
60cm水槽にミズゴケを敷き詰めて、これだけしか植えてないという贅沢な水槽ですw
まぁ、これから埋まっていくんでしょうけどね(^^)



その隣にも60cmケースが。
こちらもまだまだ余裕がありますねぇw
ここには、主にホマロメナ類が収まってました。



そして、さらに隣にも60cmケースが!
これで180cm分じゃないか!
どんだけ広げんねん!w
こちらにはカエルさんも鎮座されてます。



そのカエルさん。
この位置からまったく動きませんでした。。。
数時間くらい。
お尻痛くなったりしないんだろうか・・・w
てか、ヘタすりゃエサの時以外動かねーんじゃねーの!?




こちらは90cmのレイアウト水槽。
チェッカーボードが泳いでいます。
他にもコイ科の魚が何種類か泳いでましたが、まだまだ余裕があるので追加してほしい。
色んな魚が見たいですw



その90cmにはヤマサキカズラが植えられてます。
え?ヤマサキカズラってこんなんだったっけ?w
葉っぱがえらい巨大化しています。
これ見ると、うちでも植えたいなぁと思ってしまう。。。
それくらい元気。



その水槽の下にはLEDが設置されていて、栽培スペースになっています。
抜かりねぇw
怪しげなタッパーが並んでいて、その中にはクリプトが納まってました。
とりあえず、全部開けて中身チェックしたよねw




90cm水槽の後ろの窓のちょっとしたスペースにはジュエルオーキッドが置いてあります。
うぅむ、1個くらいパクッてくればよかったかなw
バレないだろ、こんだけあれば1個なくなってたとしても。。。



アネクトチルスとかドッシニアとかが置いてありました。
今度行ったら、うちにないのをこっそり切ってこよう。
「あれ?樹が泣いてるんじゃない?」とか言って、軸太さんがいなくなった隙に!w




これはね、天井の梁にね、引っ掛けてるんですわ。
エアプランツをヒモで縛って。
オッシャレ~!
エアプランツもジワジワ来てますよ!
早くホームセンターで押さえてきた方がいいですよ!w




こちらは最近仕入れてきたケースだそうです。
元々は店舗のショーケースだったそうで、ステンレスの筐体が眩しい一品です。
こちらは主にアグラオネマ類が収納されてましたね。



関東雑草コミュニティー TEAM HAのステッカー。
葉っぱの「葉」をモチーフに軸太さんがデザインしました。
うちのゴミ箱にも貼らせていただいてますw



かっこいいステンレスケースには、こんなかっこいい草がっ!!
元祖トリカラーっちゅーやつですかね。
こういう斑の散り具合は結構好きです。
迷彩柄!



これは・・・バイカラーでしたっけ?
これは斑の色が銀色っぽくてスゲーかっこよかったです。
あー、ハサミ持っていけばよかったw




ステンレス繋がりで、こんな品も・・・。
ADAのゴミ箱。
すでに販売終了してますが、当時の価格で9800円!
これを持ってる人は全国探してもほとんどいないんじゃないかな~。
なんてw




こんな感じのキノコっぽいオブジェもありました。
まぁ、キノコじゃありませんけど。
これ、上と下が分割出来て、多目的に使えます。
大体ここで軸太さんが酒飲みながら水槽見てるらしいです。
つまり、主な用途はテーブルですw




壁にはこんな棚が据え付けられていますが、これも当然軸太さんお手製です。
盆栽やら変な人形やらが置かれています。
いいな~、こういうことが出来て・・・。
羨ましいー!



こんな巨大ビカクも置いてありますが、不思議とすんなり溶け込んでいます。
違和感がまるでありません。
むしろ壁から生えてきたんだと思います。



流木、人形、盆栽、そしてヤドクガエルのポストカード。
どんだけオシャレな演出するんすか!
原宿のセレクトショップの店長っすか!



巨大ビカクの前で寝転がって天井を見てみたの図。
人の家で大の字に寝転がって、寝ながら写真を撮るなんて失礼極まりないな。
でも、もうしません!とは言いません!w




こちらはベタの水槽でマハチャイが入ってます。
まぁ、写真では確認出来ないけどねw
ここも環境よさそうな感じでしたよ(^^)




カメラマンさんが軸太邸を撮影するの巻。
あれくらいごっつい三脚だと安心感あるねw
しっかり構図を確認しながら撮影してました。



「いつも水槽を見ている感じでお願いしま~す!」ということで、初公開の軸太さんの水槽鑑賞スタイルw
これで多分、お酒とか飲みながら見てるんですよ、きっと。
ニヤニヤしながらねw



プロの機材を借りることは出来ませんが、フラッシュの光だけちょっと拝借してみましたw
明るっ!
軸太さん丸見えじゃんw



そんなプロの機材。
フラッシュどんだけあんねん!って感じでしたw
やっぱりこれくらい持ってこないとダメな場合があるんですかね。
まぁ、基本的に水槽なんて写真撮る用になってませんから、きっと暗いんでしょうね。



プロのカメラはNikonでした。
Canonだったらレンズ借りられたのにーw
こんなの撮ってどうするんですか?って言われましたが、一部のマニアな方はうほ!って思うはずですw



さて!
だしライフ、いかがでしたでしょうか?w
軸太邸をアクアライフよりも詳しく紹介しちゃったんじゃないかと思います。
えっと、アクアライフはいつ発売でしたっけ?
11/9だったっけ?
まぁ、もうすぐなので、発売されたらショップへ買いに行ってください。
編集さんがうまくやってくれてれば、軸太さんちとのっぴさんちが並んで見られると思いますw
というわけで、だしライフ廃刊です!w






ほんだし印50px_01

+++

移転しました!
こちらもよろしくお願いします!

MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



いつもありがとうございます< (_ _)>

クリックしたら●×※□▲になります
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
ちゃんと買おうw
  1. 2012/11/02(金) 17:57:52|
  2. OFF Meeting
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:46




| Home |