新入り。

有名だけど飼ったことがないとか、育てたことがないっていうものって結構ありません?
そろそろアクア歴20年になろうとしているんですが、僕は結構そういうのがあるんですよね~。
超メジャーなところで言えば、カージナルテトラとグリーンネオンを飼ったことがありません。
今どきかなり珍しいですよね(笑)
そんな僕ですが、今回初めてコイツを飼ってみることにしました。


Crossocheilus sp.

言わずと知れたサイアミーズフライングフォックスです。
ヒゲコケを食べてくれると言われているサイアミーズフライングフォックスです。
コイツも飼うのは初めてなんです。飛狐とかFFとか言われてます。
知ってました?(笑)
(読者の声: 知っとるわい!ボケェ!)

じゃあ、クロッソケイルス属には現在10種類前後属しているってのは知ってました?
そのほとんどの種類の特徴は「体側部を1本のブラックラインが、口先から尾ビレ付近まで走っている」ということです。
つまり、販売名で「フライングフォックス」と呼ばれている魚がどの種類なのか、実はよくわかんないってことです(笑)
ざっと調べたら・・・

シアメンシス種(C.siamensis)・・・ブラックラインは尾ビレの中ほどまで伸びる。
オブロングス種(C.oblongus)・・・ブラックラインは尾ビレの先端まで伸びる。
コビティス種(C.cobitis)   ・・・ブラックラインは尾ビレの付け根まで伸びる。

らしいですわ。
知ってました?
(読者の声:へー!そうなんだー!)

これを元に判断すると、我が家のは「オブロングス種」っぽいです。
でも、それもよくわかんないわけで・・・(笑)
ややこしいですね(^^;
そんなわけで、種類が断定できないので「sp.」としました。

実はコイツ、あんまり好きじゃないんですよね(笑)
アホみたいにデカくなるとか、新芽を食べるとか、成長したらコケ食わなくなるとか言われてるんで。
なので、今まで遠慮してたんです。。。
じゃあ、なんで今さら飼うことにしたのか?

 

本当にヒゲコケを食べてくれんのか??

 

これが知りたかったんですよね~。
色んなブログとかを見てると「FF入れてヒゲコケ撲滅だ~!」とか「飛狐さんに頑張ってもらいましょう」とか書いてあるじゃないですか。
それを確かめたかったんですよね。
別に疑ってるわけじゃないんですけど、ホンマに食べるんかい!?と。
結構ガッチリくっ付いてるけど、引っぺがせるんかい!?と。
生で食べてるところが見てみたくなったんです。
そんな理由(笑)

大きく見えますが、体長3cmくらいのかわいいもんです。
まだ・・・(笑)
今後デカくなっていくのかなぁ。。。
コイツ(好きじゃないから「コイツ」呼ばわり:笑)、結構飛び出したりするって聞くんですけど、そうなんですか?
フライングフォックスの名前は伊達じゃないんですか?
いくら好きじゃないとはいえ、飼った以上は長生きしてほしいんで、不慮の事故は避けてほしいですね(^^;
オマエ、うちの水槽が汚いからって無茶すんなよ?(笑)
今日からオマエの配属先は60cm水槽だからな!
まぁとりあえず、しっかり働いてくれ!!(←偉そう)
でもな、期待させちゃうとかわいそうだから最初に言っておくけど・・・

 

オマエ、 飯抜きだからな!

 

デカくなるとイヤなんで・・・。
まぁ、そうは言ってもトリファ未亡人さんのおこぼれを抜け目なく食べるんだろうけど(笑)

というわけで、定番のこの文句を・・・。

 

飛狐さんに頑張ってもらいましょ~~!

 

ヒゲコケをワシワシ食べてください。

 

+++

こちらもよろしくお願いします!
SSD-AGバナー
今のところステンレス専門店ですけど(笑)

いつもありがとうございます<(_ _)>
Click!  
    
ロゴ
ヒゲコケ撲滅!



TWITTER
  1. 2010/03/23(火) 00:24:26|
  2. Fish
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

ほんだしの野望。

信長の野望的な・・・(笑)

アクアを始めてから色々な方々と交流を持たせていただいてますが、ブログを始めるよりもかなり前から、とある野望を心に秘めておりました。
それは・・・

日本全国にアクアのお友達を作りたい。

です(笑)
今ではインターネットの普及のおかげで、家にいながらにして全国の方々と交流が持てます。
ありがたい話です(^^)
そこで、こんなものを作ってみました。

アクアマップ全国版(ほんだし専用)

・・・ベタ過ぎて笑えない(笑)
このマップを使って、お友達がいる、または出来た都道府県を塗っていこうと思います。

え?またおかしなことを始めやがったな!って?
あーわーわーー!ガタンゴトン!ガタンゴトン!
聞ーこーえーなーいー(笑)
では、早速塗り塗りしてみましょう。

2010年3月14日現在はこんな感じです。
「おい!コラ!漏れてるぞ!」という方、至急ご連絡ください(笑)
まだまだ空白が目立ちますね。
これがどんどん埋まっていけばいいなぁ(^^)
あ、そうだ、せっかくだから定義付けもしてもっともらしく見せておこう(笑)

【お友達の定義】
1)リアルで交流がある。
2)ブログでリンクを貼らせてもらってる。
3)コメントを書かせてもらったことがある。
4)ブログ以外でのネット上で交流がある。

こんな感じかな?
とりあえず、僕がお住まいの都道府県を知っていないと始まらないわけで・・・。
その辺は、ブログに書いてあったりするのをめざとく見つけます(笑)
でも、見つけられない場合もあるので、差し支えなかったら都道府県レベルでいいので教えてください(^^;
これに伴って、リンクのページも都道府県ごとに分けちゃおうなんて考えちゃったりしてるので、「おい!ちょっと待て!うちはバレたら困るぞ!」という方は申告してください。
ブログにお住まいの都道府県が出ていれば基本的には問題ないのかな?と思ってますが・・・ダメ?(^^;
一応、僕からも聞いたりしますけど、言ってくれると助かります(^^;

というわけで、ほんだしの野望に皆様ご協力くださ~~い!(笑)

 

+++

SSD-AGバナー
水草専門店というよりは
ステンレス専門店・・・。

いつもありがとうございます<(_ _)>
Click!  
    
ロゴ
友達100人できるかな?



TWITTER
  1. 2010/03/19(金) 00:00:00|
  2. Information?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プレゼント。

先日、ボサーッとした顔でPCをカチャカチャしていると、「スコレーの棲み家」のスコレーさんからメールが来てました。
なになに?

「いつもお世話になってるほんだしさんに、僕の地元で毎年この時期に作る「○○の○○」を送らせていただきたくてメールしました。」

とのことでした。
スコレーさん・・・なんていい人なのっ!
っていうかね・・・

お世話になってるのは、むしろ僕の方ですから!!

恐縮です。
恐縮至極でございます(^^;

んで、数日後。

  width=

ジャジャーン!
「○○の○○」とは、「いかなごの釘煮」でしたー!
到着して翌日に撮影したんですが、すでに2/3は食べられてます(笑)
っていうか、ほとんど僕が食べました。。。
写真を撮るのを忘れて食べてしまうという、ほんだしのダメっぷりが伺えます・・・。
すげーうまくて、写真撮るのを忘れたんです!
っていうことにしておいてください(^^;

いやね、これがまたすんげーうまいわけよ!
初めて食べたんですけどね、見た瞬間「これはキタね!」と思いましたね。

僕は「食べられません。」のほんだしですけど、こういう感じのやつならいけます。
刺身とかじゃな いんで。
「白いご飯に合いますよ!」とスコレーさんが言ってましたけど、合うなんてレベルじゃないですね。
もうね、前世は仲睦まじい夫婦だったんじゃないかってくらい合います。
S極に引かれるN極の如くガッチリ合います、合いまくります(笑)

全国的には有名じゃないですよ~とおっしゃってましたが、もっとアピールした方がいいですよ!
いかなごの釘煮ここにあり!って言った方がいいですよ!
いや~、マジうまいな~。

スコレーさん、この度は本当に美味しいものをありがとうございました!!
ご飯が止まりません!
来年もよろしくお願いします!!←オイ! (笑)

 

+++

SSD-AGバナー
こちらもよろしくお願いします!

いつもありがとうございます<(_ _)>
Click!  
    
ロゴ
うますぎてヤバイ。



TWITTER
  1. 2010/03/13(土) 00:00:00|
  2. Items
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

水上in水上。

本日の話題に行く前にちょっと宣伝を・・・。
先日の3/1からちょっとしたショップをオープンさせました。
お友達がやっていたのですが、お仕事など諸々がお忙しいということで、ヒマ人なほんだしさんに白羽の矢が立ったみたいです。
なので、店長代理です(笑)
店番みたいなもんです。

水草専門店SSD-AG

よろしかったらリンク先をご覧になってみてくださいませ<(_ _)>
あ、水草専門店と言いながら、まだ水草売ってません(笑)
水草は今後追加していきたいと思ってます。
どうぞよろしくお願いしゃす!<(_ _)>

さて本題に・・・。

+++

3ヶ月ほど前になりますが、90cm水上水槽用にステンレスの上げ底を作ってみました。
もっと早く更新せーよ!(笑)
以前、コチラの記事で上げ底自体は作っているのですが、今回のは水上水槽で水に触れない部分を作る目的で作りました。
水上in水上ですね(笑)
これにはワケがありまして、水上水槽の湿度を利用したいためです。

なんでそんな回りくどいことをしとんねん?

コチラコチラの記事で導入した草たちのためです。
こやつらの生えていた場所は水中でもなく、水がジャブジャブある水辺でもない場所だったため、腰水にするのは抵抗があったからです。
でも、現地は湿度の高い場所なわけですよ。
となると、必然的に「水に触れずに湿度の得られる」水上in水上しかないという結論に達したわけです。
んで、底上げをさらに高く上げちゃおうぜ!ということになったんですね。
なんとまぁ、単純ですこと(笑)
でも、草のためならほんだしさんは頑張るぜ!と(^^)
ほいで、設置してみた図はこちら。

 width=

わかりずらいスか?(^^;
水槽真ん中の最後部に横に並んでる5鉢がそれです。
ちなみに、鉢の大きさは2.5号鉢です。

 width=

アップにするとこんな感じです。
若干キツキツですが、5鉢並びます。
ダメージを受けていたジュエルオーキッドも収容して、復活に期待しています。
こんな感じで、水に触れないようにしてます。

 

水草(水上栽培のもの含む)ほど水分が必要ないんじゃないか?
根っこが湿りすぎていると腐ってしまうんじゃないか?

 

・・・という仮説のもとに、このような対策を講じてみました。
もちろん、植物ですから水分がないと育ちません。
その辺は一般的な観葉植物と一緒で、水遣りでカバーします。
じゃんじゃん水遣りしても、水槽内に流れ落ちるだけなので、気にせずジャブジャブかけられます。
ゴールデン粒状培養土は結構通水性がいいようなので、あんまり滞留しなさそうです。

 

果たして、その効果やいかに!?

 

と、いうわけで・・・

 

 


Schismatoglottis sp. From "Sebankoi" Variegated

ジャジャン!
めちゃデカくなってる!!(笑)
すげーデカい葉っぱを展開してくれてます!

この葉っぱサイズは・・・葉長15cm、葉幅7cmというサイズでした(^^;
どんだけでかいねん。。。
ちなみに、現地葉のサイズは葉長9cm、葉幅3cmでした。
縦横比3:1だったのが、2:1になってるし・・・(笑)

しかも、いつの間にか2株に増えてるし(笑)
たぶん、地下茎みたいなのでつながってるんだと思うんですけど、それを切れば2株に分けられるんじゃないかと思います。
3株くらいになったら常湿度でも育ててみたいなぁ。。。


Schismatoglottis sp. From "Sebankoi" Silver Line

こちらも大きい葉っぱを展開しているようです。
葉っぱの数が少ないのは、枯れてきた葉っぱをトリミングしたためです。

こちらの葉っぱサイズは・・・葉長10cm、葉幅7cmでした。
やっぱりでかくなってる~!
この草の現地葉サイズは葉長7cm、葉幅3cmでした。
幅が2倍以上になってるじゃんか!
現地葉くらいの細さの方がスタイル的にはかっこいいんですが、長さが長くなったので仕方ないのかな?(^^;

根っこもすげーことになってます(^^;
たぶん、鉢の中がグルグルになってるんじゃ・・・。
あーあーあー、見てない見てない何も見てない(笑)

 

でもですね・・・実はこの草、調子悪いんです・・・(^^;
観察眼の鋭い方はお気づきかもしれませんが、葉っぱが溶けてるんです。。。
根っことか茎は、基本的には元気なのですが、葉っぱの付け根がヤバイんですわ。
よくよく観察してみると、葉っぱの付け根部分に水分が溜まっていたみたいで、そこが溶けてました。
葉っぱの付け根って「r」みたいな感じになってますよね。
その、茎と葉っぱの付け根部分に水を蓄えてしまって、局所的に水分過剰になってたんでしょうね。
そこが溶けてました。
とりあえず、水分をティッシュで吸い取って、溶けた葉っぱを綺麗にして応急処置をしました。
これで少し様子見をしてみたいと思います。
スキスマよ、すまん・・・(^^;

あ、ちなみに、葉っぱの上に水玉があっても全然大丈夫でした。
場所的に柔らかい部分だからか??

っていうか、そんくらいの水分で溶けるとなると・・・

常湿度でいけるんじゃね?

とか思っちゃいます(笑)
まだやりませんけど、いずれはやってみたいかも・・・。

 

この結果を見ると、概ね仮説は正しかったんじゃないかと思いますね~。
たぶん、腰水ほど水分はいらないんじゃないかと思われます。
そして、水分が多すぎると溶けるんじゃないかと思います・・・たぶん。
腰水なしで、適度(観葉植物ほど頻繁じゃなくてもよさそう)に潅水してやればうまいこと育つんじゃないかと思う・・・たぶん(笑)

タブンたぶん多分・・・。

だってぇ~、溶けるかもしれないことを実験なんてできないじゃんかよぉ~(>_<。)
というわけで、たぶんそんな感じ(笑)

+++

■育成環境
【使用鉢】2.5号 黒鉢
【用  土】ゴールデン粒状培養土
【肥  料】初期肥料なし
【水  位】腰水なし
【管  理】3~4日に1度霧吹きにて水分・湿度補給

【水  槽】90x45x45cm
【水  量】約60リットル注水
【照  明】2灯式x2
【蛍光灯】32Wx4
【ろ過機】e-ロカ PF-381 (ディフューザー仕様にてエアレーション)
【保  温】オートヒーター (26℃固定式)

いつもありがとうございます<(_ _)>
Click!  
    
ロゴ
あっちもこっちもポチッ!



TWITTER
  1. 2010/03/04(木) 01:17:20|
  2. D.I.Y.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14




| Home |