スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライトスタンド

60cm水槽用にライトスタンドを作ってみました。
19mmのパイプを使って作りました。
サイズは550(W)x180(D)x1600(T)mmです。

某社のをそのままパクるのもアレなんで、角度をちょっと変えました。
90度-90度のデザインに。
一緒に写ってるのは、水槽台に設置する際に使う金具です。

設置金具はこんな感じになってます。
ビスで水槽台に取り付けて、スタンドをネジで固定する感じです。
高さ700mmの水槽台に1600mmのスタンドだと、金具を取り付けた後からでもスタンドを差し込めます。
某社のスタンドだと高さ1800mmあるんで、後から差し込めません。
(一般的な天井高の場合)

実際に設置してみるとこんな感じです。
正面から見ると・・・ただの棒ですね(笑)
隣りにチラッと写ってるのは某社のスタンドです。
高さが約200mm低いです。

ちょっと遠目から。
水槽上端からスタンドまでの高さは約550mmほどです。

水槽正面から。
まだ蛍光灯のままですが・・・(^^;
これとだいたい同じ高さになるように吊りたいと思います。

実際に吊ってみました。
何を吊ったか、詳細はまた後日・・・(笑)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
引っ張りすぎや!!・・・ポチーーッ!

ロゴ






TWITTER
スポンサーサイト
  1. 2009/10/28(水) 03:22:09|
  2. D.I.Y.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

木工のセンスはない・・・。

まいど、ほんだしです。
ちょいと告知を・・・。

いつもお世話になってる「hrs19a’s Aquarium website」のhrs19aさんのサイトで、
11/1より「アピストグラマフォトコンテスト」が開催されます!
毎年開催されていて、今年は5周年の記念イベントです。
今年も協賛が付いていて、入賞すると豪華賞品がもらえますっ!(笑)
アピストのみならず、ドワーフシクリッドを飼っている方はぜひ奮ってエントリーしてみてください!
僕も去年から参加させていただいてます(^^)
詳しい内容は、上記リンクのhrs19aさんのサイトで確認してみてくださ~い!
以上、告知でしたー!

+++

さて。
玄関入ったところに棚を置きたい!と思ったのだが、自分の思うようなのが売ってない。。。。
む~ん・・・どうすべか。
売ってなければ作っちゃえ!というわけで、勢いだけで日曜大工してみました!(笑)
あんまり木工とかはしたことないんですが、何となく雰囲気で作ってみました。
イメージが大事!(笑)

というわけで・・・。

必要な木材をカットしたぜ!の図。
立てかけてある左から、中板・天板・中板の受け木(?)です。
長いのは脚ですね。

いきなりの完成図ですいません(^^;
製作過程の写真は撮り忘れました(笑)
とりあえず、モミジの盆栽を天板に置いて撮ってみた。

予定通り、玄関入ってすぐのところに置きました。
何となくそれっぽい写真になってるでしょ?(笑)

 

ここにはコンセントがあるんで、いずれは侘び草でも置いてみたいなぁ・・・とか企んでます(^m^)
もちろん、照明は電気代節約のため白色LEDです。
育つかどうかは微妙ですが・・・(^^;
クリップスタンドみたいなやつとLED電球はすでにあるやつを使おうと思ってます。
うまいこと設置できるんだろうか・・・?
育成も含め、不安です。。。

 

実はコレ、完成までに2ヵ月半も要してます(^^;
緻密な計算の元、寸分の狂いもなく組み上げて・・・ということはなく。
塗装をして乾かしてたらいつの間にか2ヵ月半が経過していました。

どんだけ乾かすねん!(笑)

お陰でカラッカラに乾いていて、結構反ってました(^^;
木材ってかなり反るのな!!
反ることは知ってましたが、想像よりも反ってたので組み上げられないかと思いましたよ(笑)
なんとか力ずくで完成しました・・・っていうか、させました。

やはり自作は楽しいし、愛着が湧きますね!(^^)
といいつつ、すでに色が気に食わない(笑)
もっと黒っぽい色にしてもいいかな?
ま、塗り替えたりしてリフォームするのもまた楽し。

しっかしヘタクソだな・・・(^^;

和。。。

+++

しかし現在は・・・。
こんなことになってます・・・。
場所取られてるし・・・orz
侘び草計画、いきなり頓挫か!?

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
確かにヘタやな~・・・ポチーーッ!

ロゴ






TWITTER
  1. 2009/10/20(火) 04:01:34|
  2. D.I.Y.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

龍王石の酸処理【塩酸編】

先日の関西遠征でゲットした龍王石の酸処理をしてみました。
以前の大磯砂に続いて、2回目の酸処理チャレンジです。
カルシウムを溶かして、龍王石を骨粗しょう症にしてやるぜ!(笑)
というわけで、用意したものは以下のアイテム。

これがなくては始まらない。
塩酸です。
薬品チックな容器に入ってます。
塩酸は薬局で手に入ります。
購入する際には、認印と住所、氏名、身分証明書が必要になります。
価格は500円前後だと思います。

【注意】
塩酸は劇物指定を受けている物質です。
酸処理を行う際には、取扱いに十分注意して行ってください。
この記事を読んで行ってトラブルがあっても、当方は一切責任を負えませんのでくれぐれも自己責任でお願いします。

塩化水素35%と書いてあります。
つまり濃度35%ということですかね。
今回はこちらを使いました。

次はコチラ。
重曹洗剤です。
ありがたいことに、庶民の味方・100均で買えます。
これは処理後の液体の中和に使います。

成分は重炭酸ソーダと書いてあります。
つまり、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)のことです。
これが塩酸と反応すると塩と水と二酸化炭素が発生します。
化学反応式はこんな感じ。

NaHCO3+HCl→NaCl+H2O+CO2

ってことは、舐めるとしょっぱいのか?(笑)
ネットで酸処理について調べると、廃液は大量の水と共に流せば問題ないと書かれてるのを目にしますが、念には念を入れて中和してから排水することにします。

以上のアイテムの他、厚手のビニール手袋、ゴーグル、マスク、長袖長ズボンがあれば万全じゃないでしょうか。
準備が整ったところで早速開始します。

これが処理前の龍王石です。
うっすらと膜のように白っぽい何か(笑)が全体を覆ってますね。
この白さを覚えておいてくださいね~。
こいつを塩酸でやっつけてやります。

バケツに石を入れ、ヒタヒタになるくらいの水を入れたところへ塩酸投入!
すると、ブクブクとものすごい勢いで泡が出てきました。
うおおお~~!反応してる~~~!
塩酸様、カルシウムの野郎をどんどんやっつけてちゃってくださいっ!!

反応が進んで喜んでいると、バケツから白い煙が・・・。
むむむ・・・こいつが噂に聞く塩化水素か!?
うおっ!ちょっと吸い込んじゃったぜ・・・。
鼻を突くツンとした臭いがしました。

塩酸を買った時にもらった注意書きに「塩化水素を大量に吸い込むと肺気腫になり死亡します。」と書かれていたのが頭をよぎります。
うおー!吸っちゃったぜーーっ!
まずい・・・肺気腫で死んでしまう・・・。
ほんだし、ジ・エンドか!?
すぐさま現場を少し離れて新鮮な空気をスーハースーハーしに行きました(笑)
ふぅ、何とか三途の川を渡らずに済んだぜ。。。

で、慌ててウチワで扇ぎました(笑)
これが塩化水素なのか、ウチワで扇ぐという対処方法が正しいのか甚だ疑問ですが、何かせずにはいられませんでした(^^;

生死の境をさまよって(←大げさ)から約30分後。
反応もだいたい終わったようで、ブクブクが出てこなくなりました。
この辺で終了かな。
別なバケツに廃液だけを移します。

廃液を入れたバケツに重曹を投入!
うおっ!こっちもすげー泡だ!
よしよしよし、どんどん中和してくれ。
この間、石を入れたバケツの方は重曹を少し投入し、水道水を出しっぱなしにして放置してました。

酸処理終了~!
どうすか?この色の違い。
処理前と後では全然違いますね。
少し濡れてるってのもありますが、もう白と黒って感じですね。
あいにく霜降りの多い石ではなかったですが、それでもよく見るとクッキリとした白い筋が確認できましたよ。


う~ん・・・塩酸恐るべし!
さすがは塩酸様!
そのご威光の前では、カルシウムの野郎はひれ伏すしかありませんな(笑)
今度はもっと霜降りの多い石でやってみたいな・・・。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
塩酸恐るべしっ!・・・ポチッ!

ロゴ

 

 




TWITTER
  1. 2009/10/17(土) 02:06:39|
  2. Experiment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

新潟遠征

ちょっと日付が前後しちゃいますが・・・。
先日の関西遠征に続いて、シルバーウィークに新潟遠征に行ってきました!
といっても、奥さんのおじいちゃんの1周忌で新潟に行ったので、ついで(?)に寄ってきました。

え?どこに?と思われた方。
ダメですよ!そんなことじゃ!!
新潟といったら、あそこしかないじゃないですか!!

我らが聖地・ADAギャラリーですっ!!

ま、そんなに熱心な信者じゃないんですけどね(笑)
レイアウトも出来ませんし・・・。

というわけで、ギャラリーに来た人の9割以上が撮るであろう、恒例のプレートを撮ってみました(笑)
シルバーが綺麗なプレートなんですが・・・反射して撮りにくいんだよな。。。

中に入るとすぐ目に入るこのプレートも撮ってきました。

「ほんだしを愛せずして、大自然を語ることはできない。」

みんな僕を愛してください。
じゃないと大自然を語れませんよ?
・・・えぇ、わかってますよ!違いますよ!
みんなに愛されてみたかっただけですよ。。。

正解は・・・

「小さな生命を愛せずして、大自然を語ることはできない。」

です。
あ、知ってましたか、そうですか。

入り口横の八海石の横長水槽。
以前に行った時とレイアウト変わってるのかな?
こんな感じでしたっけ?(^^;

ギャラリーに入って最初に撮った写真がコレ。
レイアウト撮れよ(笑)
ロタラの茂みが綺麗ですね~。

オトシンが集会を開いてたので撮ってきました。
何話してんだろ・・・。
だから、レイアウトを撮れっての!(笑)

この水槽は有名ですね。
長期維持されてるやつですよね?
ボルビが伸び放題に伸びて、水上化しててワイルドです。
白砂の維持が大変そうだな・・・。

コラ!レッドライントーピード!
邪魔だよっ!(笑)
こういったジャングルの小道的な?感じが好きです。
自分じゃ出来ないんですがね。

ブランチウッドのウネウネ感がいいですねー。
こういうのも好きな感じです。
ブランチウッド、売ってるのより茶色いな。。。

こんなデカイ水槽置けたらいいな~。
青龍石もかっこえぇ。
隙間があると水草植えたくなるからレイアウト出来ないんだろうなぁ・・・。
空間があるレイアウトが出来る人は大人だと思っちゃいます。

奥さんはこのレイアウトが気に入ってました。
こんなのを作れと無理難題をふっかけてきやがりました。
えーと・・・デカイ水槽を置いていいですか?(笑)

↑の水槽にこんな物体があったんですが、コレ何すかね?
写真真ん中あたりに緑の丸い物体があるのがわかります?
何かゼリー状っぽい雰囲気なんですよね。
貝の卵に色が付いただけ?

底床すげー厚いっすね(笑)
これだけ傾斜つけないと奥行き感って出ないもんなんすかね。
ソイルがもったいないって思っちゃう貧乏人です(^^;
発泡スチロールとかで底上げしちゃダメなんだろか・・・。

相変わらず小型水槽にはエーハイムです。
これも来館者のほとんどが撮るでしょうね。
「ADAなのにエーハイム使ってるじゃん!」とか言って。
何言ってんだよ!

ADAよりエーハイムだろっつの!(笑)

大型水槽ではこんなにたくさんのCO2を添加してました。
1秒何滴か数えようと思いましたが、ビートルカウンターでもあまりの速さに挫けて数えられませんでした。。。
こんなに入れないとダメなんかな?
ADAでハイグロフィラ・ポリスペルマを使わないのは間延びしまくるからだな・・・とか邪推しちゃいます(笑)

これは侘び草のみを使ったレイアウトだそうです。
侘び草を置くだけでこんな風にレイアウトできるんですね~。
前景もグロッソの侘び草らしいですよ。

舞台裏(笑)
ここでいつも撮影してるんだー。
色んな機材がたくさん置いてありました。
これだけの設備があれば、僕でも綺麗に撮影できるもんなのかな?

娘も一生懸命撮ってました(笑)
すげーたくさん撮ってたみたいですが、以外にも素敵に撮れてる写真もあったり。
わかってるかどうかはわかりませんが、とりあえず楽しそうにしてたんでよかったです(^^)

シルバーウィーク期間中、クイズに答えるとプレゼント!という企画をやってたので、チャンレンジしてゲットしてきました。
いくつかクイズがあって、その中の1問に正解するともらえます。
僕が選んだクイズは・・・

「ネイチャーアクアリウムギャラリーは何年前にオープンしたでしょうか?」
A)6年前
B)10年前

でした。
みなさんわかります?
答えは、A)6年前でした~。

実は・・・このクイズをやるまえに、問題と答えが書いてあるバインダーを見ちゃったんですよ(笑)
いえね、たまたまバインダーからステッカーっぽいのがチラッと見えてたんで「何だろな?」と思って開いてみたら問題と答えが書いてある紙が挟んであったんですよ。
それで覚えていた一番最初の問題を選んだわけです。

はい、すいませんっ!ズルしました!

ちなみに、他には・・・
「植物の3大栄養素は窒素・リンともう1つは?」
A)カリウム
B)マグネシウム

とかが書いてありました。

この後、前回と同じようにアンケートに答えてきました。
その際、ふと横を見ると石とキューバパールのレイアウト水槽が。
「お!キューバパールやんけ~!」と見てみるとどうも葉っぱが小さい。
スタッフの人に「このキューバパール、すごい葉っぱが小さいですけど、調子悪いんじゃないですか?」と神をも恐れぬ質問を投げかけてみました(笑)

するとスタッフの人が「いやいやいやいや!トリミングを繰り返してるから小さいんですよ!」と慌てて否定してきました。
きっと内心「調子悪いとか、何てこと言いやがるんだコイツは!仮にもここはみんなが憧れる聖地・ADAギャラリーだぞ!」と思っていたに違いない(笑)

いや、だって、調子悪そうに見えたんだもん。。。
あんなに葉っぱの小さいキューバパール初めて見たんだもん。。。

そのスタッフさんの説明では、有茎草はトリミングを繰り返すと茂みになってくるけど、1本1本の水草自体の葉っぱは小さくなっちゃうんだって。
トリミングした部分の茎は傷ついてるから、そこから上の葉っぱが小さくなるんだそうな。

って、初耳なんですけどーー!!

これって常識ですか?
レイアウターさんの中では当たり前ですか??
てか、レイアウターさんじゃなくても知ってて当然の知識???

これを聞いて軽くショックを受けましたよ・・・。
確かにトリミングすると1本が2本になるのは知ってますが、その2本の成長が芳しくない(葉っぱが小さくなる)ので、なんとか大きな葉っぱを展開させてあげようと今まで色々手を掛けてきてたんですが・・・。

もしかして・・・無駄でした?
僕ってば、ドン・キホーテ?(笑)

ほ:「1回でもトリミングしたら小さくなるの?」
ス:「はい。」
ほ:「じゃあ、切ったら切っただけ小さくなっちゃう?」
ス:「はい。」
ほ:「どうやっても小さくなっちゃう?」
ス:「はい。」
ほ:「じゃあさ、何度も何度も繰り返しトリミングしたら最後はどうなっちゃうの?」
ス:「葉っぱが出なくなります。」

 

ガ━━━━━(゚□゚;)━━━━━━ン
やっぱりダメなんだって~~(T_T)
くそ~~、今までの努力は何だったんだーー!
ま、差し戻しすれば元に戻るんですけどね。。。
有茎草の他、ヘアーグラスとかも長さが短くなってくるって言ってましたよ。

う~ん、そうだったのか。。。

 

というわけで、新しい知識を仕入れてADAギャラリーを後にしました。
誰か水深1mくらいの水槽で有茎育てて、ホントに葉っぱが出てこなくなるか実験してくんないかな。。。
やってくれる方がいたらご連絡ください。
実験用ロタラを提供させていただきます(笑)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
神をも恐れぬ所業だな・・・ポチーーッ!

ロゴ






TWITTER
  1. 2009/10/09(金) 00:00:00|
  2. OFF Meeting
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ryoku33さんファーム産水草!

「さん」がいっぱいなタイトルですいません(笑)
先日の突撃日記にて、ryoku33さんからいただいたお土産を早速植えてみました!
と、ブログに更新するのは今日ですが、いただいた当日に植えました。
僕が写真を撮っている間にもトリミングしてくれていたので油断してましたが、すげー量の水草をいただいちゃいました(^^)
ryoku33さん、重ね重ねありがとうございます<(_ _)>
でわ、ご紹介させていただきます!

+++

トニナ・ベレン。

一番大量にいただいた【トニナ・ベレン】です。
全部植えたら60cm水槽の半分以上埋まってしまうんじゃないか!?という程の量でした。
他のが植えられなくなるので、一部は90cm水槽の方に入ってもらいました。
ライトグリーンの葉色が綺麗ですね~(^^)

トニナ・マディラ。

お次は【トニナ・マディラ】です。
細目で直線的な葉っぱがなかなか素敵です(^^)
ryoku33さん曰く、「成長が早いので後景に植えてください!」とのことだったので、しっかりと後景に植えさせていただきました。

上空写真。

上から見た方が葉っぱの細さがわかりやすいかも。。。
写真の真ん中辺りの緑が濃いめの水草がマディラです。
確かに隣りのベレンと比べると直線的で細いですね~。

トニナ・スレンダーリーフ。

細葉つながりで【トニナ・スレンダーリーフ】です。
後ろのベレンよりも少し緑が濃くて、葉っぱの細いのがそれです。
成長してきたらマディラと見分けが付かなくなるかも・・・。
抜けないことを祈ります(笑)

トニナ・ジャイアント。

こちらは【トニナ・ジャイアント】です。
名前の通り、傘の直径がすげーでかくなるということで、これはまだ本気出してないですよ!と・・・。
調子が上がってくるとこれの倍くらいの傘になるそうです。
こ、怖い・・・(^^;

すでに傘デカイですけど?

こちらも上から。
この時点でも結構でかいのに・・・。
直径5cmはくだらないかと。
倍というと・・・直径10cm!?
(゚□゚;)ギョエ!

トニナ・ウアウペス。

そしてこちらが【トニナ・ウアウペス】です。
よく難種と言われているトニナですね。
いきなり溶けて、さらには周りも巻き込んでの溶けをかましてくれる、トニナ界のメガンテです(笑)
水の流通を確保した方がよいと言われてますので、この水槽で水流のありそうなところに植えてみました(^^)
NO溶け・NOメガンテでお願いしますっ(笑)

トニナ・サンガブリエル。

溶けつながりで【トニナ・サンガブリエル】です。
ウアウペスほどじゃないのかもしれませんが、コチラもなかなかの気難し屋さんです。
葉っぱがカクカクしてるのが、何とも言えない美しさ・・・と思うのは僕だけじゃないはずです(^^)
ウアウペス、サンガブリエルは比較的短い草丈で維持した方が良さそうなので、中景あたりに植えてみました。

スターレンジ・ダカショエイラ。

コチラはスターレンジの雄・【スターレンジ・ダカショエイラ】です。
ryoku33さんが水上で管理していたものを水中に入れてみました(^^)
結構な長さだったので、途中で切って植えました。
残った下部分は、もったいないので水上管理のプラケースに入れてみました。
今日現在、どちらも溶けたり枯れたりはしてない模様。
なんとかこのまま馴染んで成長して欲しいっすね。
ダカショエイラは葉っぱの凹凸っていうんですかね?葉脈が立体的になってくるのですごく魅力的です。
我が家でもその草姿をいかんなく発揮してもらいたいもんです(^^)

ゴイアス・スタープランツ。

ロゼット型のホシクサ【ゴイアス・スタープランツ】もいただきました。
株別れしていたみたいで、その場でポキッと分けて「これもどうぞ~!」とか言って分けていただきました。
何たる爽やかな分け方だ・・・と驚嘆しました(^^;
今年の"株分けオブザイヤー"を受賞できるんじゃないかと思いました(笑)

サンフランシスコ・イレシーヌ。

赤い葉っぱが綺麗になる(予定の)【サンフランシスコ・イレシーヌ】です。
初めて育てる水草ですが、僕の中では難種に分類されてます(^^;
イメージですが・・・。
とりあえず溶けないでくれれば、赤くならなくてもいいです(笑)
維持優先という弱気なスタイルで始めます。
リスク分散のため、60cm水槽と90cm水槽に2本ずつ入れてみました。

タパジョスレッドニムファ。

ryoku33さんは結構ニムファもお好きなようで、色んな種類を維持されてました!
その中でも赤い葉っぱが美しい【タパジョスレッドニムファ】です。
トニナ&スターレンジを植えていたら緑1色になってしまったので、彩りを添えるために60cm水槽に入ってもらいました。
お陰でワンポイントとして、なかなか目を引くいい感じになりました(^^)
同じ赤系スイレンでもタイガーロータス・レッドとは違った感じの葉っぱですね。
こちらは斑が入らず、葉脈部分が若干白っぽく色が薄くなります。
葉っぱの形も鏃型?でちょっと違う。
以前から勝手に思ってますが、ryoku33さんとは何となく好みがかぶるような気がします(笑)

華やいだ!

以上は60cmの自称・ホシクサ水槽に入っていただきました(^^)
全部植え終わったらこんな感じに、一気に華やかになりました!
奥さんにも「何か明るくなったね!」と概ね好評のようです!
実際、僕も明るくなったと思います。
特にベレンのあたりが。
ん~、これで60cmの水槽視聴率が上がりそうです(笑)

ラビットイヤーロータス。

こちらは45cm水槽に入ってもらった【ラビットイヤーロータス】です。
名前の通り、葉っぱの形がウサギの顔に似てます。
いわゆる水草の「耳」部分がウサギの「耳」みたいな形をしています。
葉脈部分が白っぽくなるので、ちょっとメロンぽい(笑)

パンタナルニムフォイデス。

もう1種類のニムファは【パンタナルニムフォイデス】です。

ニムフォイデスってことは、ニムファの近縁種ってことですかね。
これは葉っぱを1枚いただきまして、写真のように茎?部分から子株が出てきてました!不思議な増え方しますね~。
スイレンではムカゴ(葉っぱの中心に子株が形成される)で増える種類がありますが、それともまた違った増え方です。

すげー伸びてる!

驚いたことに、上の写真の翌日にはここまで成長してました!
めちゃくちゃ成長が早いっすね~!
そして、今日現在ではピョーンと伸びている部分がかなりの長さに・・・。
根っこも生えてきてます。
切った葉っぱの切断部分からも白い根っこを伸ばしてきてます。
何という生命力・・・。
水槽に浮かべてあるだけでこの早さ・・・。
植えるのが怖いです(笑)

斑入りルドウィジア。

ラストは90cm水槽に入っていただいた【斑入りルドウィジア】です。
トニナ・ベレンに囲まれてる丸葉の水草がそれです。
元の種類はなんだろ・・・?
ルドウィジア・レペンスっぽいような気がします。
葉脈が白っぽくなってて、成長したらどんな風になってくるのか楽しみです(^^)

+++

一気にご紹介しましたが、こんなにたくさんの種類の水草を分けていただきました!
しかも、ご覧のようにどれも綺麗な水草ばかり!
ryoku33さんの腕が推し量れます。
水槽が華やいだし、久しぶりのトニナなのですんげー嬉しかったですっ!
ryoku33さん、本当にありがとうございましたっ!!
溶かさないように何とか頑張ってみます!
・・・でも、溶けたらまたお願いしますね(ボソッ

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
今が一番綺麗!(笑)ポチッ!

ロゴ






TWITTER
  1. 2009/10/05(月) 02:46:27|
  2. Water Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10




| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。