新商品!

Ebita Breedといえば、エビのエサなどを作っているメーカーさんです。
まぁ、エビを飼ってる方であれば、その名前は聞いたことがあるかもしれませんね。
実は以前、エサのモニターをさせていただいたことがありました。
(その時の記事はコチラ
僕がモニターをさせていただいたエサは「クアトロ」という名前で売り出されてまして、なかなか食いつきがいい感じでしたねー(^^)

んで、今回はモニターというわけではないのですが、新商品を送っていただいたので、またしてもブログでご紹介させていただこうかな、と。
せっかくいただいたんで、インプレも含めて宣伝しちゃおう!みたいな感じです。

+++

送っていただいたのは2種類のエサです。
まず1つ目はコチラ。

クアトロ2_01

【クアトロ2】です。
前回モニターをさせていただいた「クアトロ」の第2弾ですね。
クアトロ2は、栄養も重視しているらしく、説明書きに「ロハスなエサ」って書かれてました。
贅沢な一品ってことですな(^^)

スピナッチタブ_01

そして、もう1種類は【スピナッチタブ】です。
これはほうれん草をタブレットにしたエサだそうです。
生のほうれん草は、茹でたり農薬の心配があったりして、いいエサなんですがあげるのにちょっと手間ヒマがかかるんですよね。
それをこのスピナッチタブは、手軽に与えられるようにしたという商品です。
もちろん、栄養も考えられているようです。
前回の「ほうれん草TAB」を改良してるんですかね~?

 

で、早速今日は「クアトロ2」を与えてみました。
「クアトロ」は投入するとすぐにエビが群がってきましたが、「クアトロ2」はそんなにすぐには集まってきませんでした。
じわりじわりと集まってくる感じです。

クアトロ2_090225_01

でも、しっかりエビ団子はできました。
うちはエビが少ないので、これをエビ団子と言っていいのかちょっと気が引けますが・・・(^^;

クアトロ2_090225_02

ピンボケですいません(^^;
結構動き回るんですよね。
やはり、美味しいのでしょうか?
取り合いになってました(^^)

クアトロ2_090225_03

今回は2粒ほどあげてみたんですが、1粒はそのままの大きさ、もう1粒はいくつかに割ってからあげてみました。
まるまるあげた方は、みんなで寄ってたかってツマツマしてます。

クアトロ2_090225_04

で、割った方は・・・持ち逃げ者続出しました(^^;
「結構大きいな・・・。」と思ってたんですが、こういう理由があったんですね。
割ると持ち逃げされるので、食えない輩が出てくる・・・と。
なるほどー!
大きさとかも作る上では大事なんですね。
いずれにしても、みんな美味そうにツマツマしてましたわ(^^)

明日はスピナッチタブをあげてみよう。。。

 

ebitaさん、この度は送っていただいてありがとうございました!<(_ _)>
僕もエビも喜んでます(^^)
このブログは、へっぽこブログなんで影響力なんてからっきしないですが、少しでもEbita Breedの名前と商品が売れればと思います。
今後もいい商品をどんどん開発してくださいね!(^^)
影ながら応援しておりますです。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
Ebita Breed?知ってるーっ!という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2009/02/26(木) 00:00:00|
  2. Bee
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ショックです・・・。

はぁ・・・ショックです。。。orz
タイトルの通り、ショックです。。。

何がそんなにショックなのかと言いますと・・・

●ショックその1
大事に飼っていたお気に入りのファロウェラが飛び出した。
お腹がホコリまみれになっていたので、相当のた打ち回ったんだろうなぁ・・・。
申し訳ないことをしてしまった。
はぁ・・・。

●ショックその2
先日ヤフオクで落札した、ADA・CO2ドロップチェッカーが今日届いた。
zoeさんのブログを見て、ちょっと面白そうじゃない?と思って落札してみた。
届いて早速箱を開けると、そこそこ綺麗な感じ。
でも、ほんの少し汚れが付いてる。
せっかくだから洗ってから設置するか・・・と思い、洗面所へ。

 

 

シャコシャコシャコ・・・ズボッ!

 

 

ん?ズボッ?
あれ?こんなところに穴開いてたっけ?

 

・・・割れた。
っていうか、割った。
綺麗に穴が開きましたよ。
カーブしてる上の部分が。

 

 

まだ使ってない。
てか、箱開けてから5分も経ってない。
その部分のガラスは、めちゃ薄かった。
割れた破片はコンタクトレンズみたいだった。
少し泣いた。

 

はぁ・・・何やってんだか・・・。
今日は気力がないので、写真なしです。
何かすいません。。。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
元気出せよ!という方はポチッ!とお願いします。

 

 




TWITTER
  1. 2009/02/17(火) 00:00:00|
  2. Information?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ADAのコト。

すでにいろんなブログで語られているのでご存知の方が多いと思いますが、ADAが通販禁止令を出しましたね。(ADAの通販禁止令はコチラ
この禁止令に対して、賛否両論あると思いますが、僕がブログを徘徊した限り反対意見の方が多いような気がします。
この件に関して、みなさんはどのように思ってのか気になります。。。
今回は、結構な長文ですので、読んでいただける方はお覚悟を・・・(笑)

+++

1アクアリストとして、1ユーザーとして、個人的な意見を言わせてもらうならば、僕は「反対」に1票を投じたいと思います。
まあ、それほど多くのADAグッズを使っているわけではないので、ADAにしてみれば「どこぞのヌケサクの戯言」くらいにしか思われないでしょうが(笑)

コペランディ・ジュルバキ_01

そんなヌケサクな僕ですが、ADAのピンセットとかハサミとかのステンレス製品、ビートルカウンターやリリィパイプとかのガラス製品は、単純に製品としてのクオリティは非常に高いと思ってます。
シンプルな中の美しさと言いますか、工業製品としての美しさを感じます。

ADAの製品は、「んなもん必要か?」と思うような製品も多々あります。
でも、それはその製品がオールマイティな製品を目指して作られていないからだと思います。
いわば、製品自体がプロフェッショナル。
「これをやらせたら俺は誰にも負けない使いやすさを提供しちゃうよ?」みたいな。
「プロシザース・スプリング-カーブタイプ」という製品がありますが、これは小型水槽でのトリミング、流木に活着させたモスのトリミングには抜群の威力を発揮します。
・・・と聞きました(←持ってないんかい!笑)
ぶっちゃけ、ハサミなんて切れりゃいいわけですから、100均で眉毛切りハサミとかを買ってきて代用すればいいんですよ。
でも、ADAは細かいトリミング用のハサミを作っちゃう。
そして、それがまた使いやすい!
なかなか豪気なメーカーじゃないですか(笑)

ホシクサspスパンブリ_01

おっと、だいぶ脱線してしまいました(^^;
というわけでですね、僕自身結構評価していたわけですよ、ADAというメーカー(というか製品?)を。
なので、今回のこの禁止令についてはとても残念に思いますし、ガッカリしました。
ちょっと考えてみただけでも・・・

1.特約店が近くにない人は買えなくなっちゃうじゃん。
2.水槽とか重い製品はどうするのさ。
3.女性は持って帰れないよね?
4.まとめ買いしたくても車がなくちゃ無理じゃね?
5.そもそも特約店って、ADAが考える一定以上のレベルに達してるって保証があるわけ?

と、思うわけですよ。
先日、都内某所の特約店に行ったんですが、そこの店長がとんでもないことを言ってました。
お客さんが「うちの水槽で何匹くらい魚飼えるの?」と質問してました。
まあ、よくある質問ですよね。
で、その店長は「魚1cmにつき、1リットルの水量をみてください」と答えてました。
まあ、これもよく聞く回答ですよね。
その後のやりとりを聞いていて、僕は思わず店長を2度見しちゃいました(笑)
以下、そのやりとり。

客:じゃあ、うちの水槽は7リットルだから7cmまでか~。
店:そうですね~。このプラティだと3cmくらいですから、2匹か、まぁ頑張って3匹ですね~。
客:このくっ付いてるやつもかわいいから欲しいな~。(オトシンクルスのことを言ってる)
店:あ、それなら大丈夫ですよ!それはエサ食べませんから、さっきの計算式には含まれません!
客:あ、そうなの?じゃあ、何食べてるの?
店:その魚とかエビ類はコケを食べてくれますんで、熱帯魚のエサは食べないんですよ。だから水も汚さないんです!
客:へー、じゃあ、プラティを3匹とこれを2匹もらおうかな。

もうね、ガッカリですよ。。。
ツッコミどころが満載過ぎて、腰砕けになりそうでした(笑)
まがりなりにもショップの店長で、ましてやADAがいうところの特約店なんだからさぁ・・・。
これじゃあ信用も何もあったもんじゃないですよね(^^;
こんな人に説明されても、僕はちょっと・・・。
まあ、器具は生体と違って、壊れることはあっても死んだりはしないですけど、ADAの今回の禁止令の理念からは大きく逸脱していることは明白ですよね。
という出来事があっての、上記5番なのでした。
まあ、特約店を守る(売り上げを確保する)という意味では仕方ないのかな?という気持ちも少なからずあるんですけどねー。

ビタエニアータ・マリニェイロ_01

そして、ユーザーの購買の選択肢を制限してしまうというのはどうなんだろう・・・と。
もはやネット通販はユーザーの購買方法としては確立していると思うんですよね。
直接買いに行けないような遠方・離島の方、女性の方、または体の不自由な方でもアクアリウムを楽しんでいる方はいると思うんですよ。
そういった方々は無視ですか?と。
もはや販売価格うんぬんの問題じゃないですよね。
そういったことを考えると、1企業の姿勢としてどうなのか、と。

価格を安くして売る業者がいるとか、説明する責任があるとか言ってますが、はっきり言ってそんなことはそっち側のことであって、ユーザーは関係ないわけですよ。
ADAの製品をショップで買うときに使い方の説明された記憶なんてないですしね。
なのに、なぜまずはそっち側の努力をせずにユーザーを巻き込んだ方策しか取れなかったのか、と。
もっと何とかならんかったのかなー、ADAは。

価格に関しても、メーカーが販売価格を決められる権限なんてあるのかなー?
「定価」と言うものはなくて、「メーカー希望小売価格」なはずだから、ショップの自由に出来るんじゃないのかなー?
「この値段で卸すから、お客さんにはこの価格で売れ!」なんて言ったらまずいんじゃないの?
独禁法とかさ。詳しくないから何とも言えないけど。。。
ま、特約店に対してそこまでの規制がかかってるのかはわかんないけど。

いずれにしても、ADAさん!
もっとお客さんの立場に立って営業してくださいよ!
良くも悪くも注目している人が多い企業なんだからさ!

 

なんだか最後の方は愚痴っぽくなってしまってすいませんでした・・・(^^;
最後まで読んでくださった方々、本当にありがとうございました<(_ _)>

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
ADAに対して言いたいことあるぜ!という方はポチッ!とお願いします(笑)

 

 




TWITTER
  1. 2009/02/13(金) 00:00:00|
  2. Information?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18




| Home |