スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファイヤー!

2008年ももう今日で終わりですね。
今年1年、このブログにお越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました!
大した内容じゃございませんが、また2009年もツラツラと書いていきたいと思っておりますです。
来年も引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いします<(_ _)>

+++

さて。
今年最後は、こちらのカラシンをご紹介してみたいと思います。
カラシンに始まり、カラシンに終わる。
・・・いや、今年はカラシンで始まってないんですけどね(笑)
ま、いいや。

ファイヤーファントム

【ファイヤーファントム】です。
いえね、先日連れ帰ってきたんで写真を撮ってみたら、そこそこうまく撮れたんで(笑)
大きさは約2~3cmくらいの小さいカラシンです。

口パク。

この写真だとよくわかると思うんですが、脂ビレ(尾びれの前にある小さいヒレ)が真っ赤なのが特徴のカラシンです。
分類的には「体高系カラシン」に分類されるんですかねー。
勝手な分類ですが(笑)

あいのこ?

背ビレが伸びてくれるとさらにかっこよくなってくれると思います。
今はまだ若魚なんで、今後の成長が楽しみです(^^)

際が赤いね!

体の色が黒と赤の中間色みたいな感じで、各ヒレが朱色に染まり、中でも腹ビレの際の朱色が結構濃く出てます。
ちょうどブラックファントムテトラとレッドファントムテトラのアイノコみたいなカラシンですね。

ヒレ、ピーン!

ファイヤーファントムという名前の他に、【ハイフェソブリコンspパンタナル】とか、【メガランフォダスspパンタナル】なんて呼ばれ方もしてるようです。
恐らくこの3種類の名前のカラシンは、このカラシンを指してるんだと思われます。
いわゆる「インボイスネーム」というやつですね。

ぐるりん!

ちなみに、ハイフェソブリコンやメガランフォダスとは、属名のことです。
ハイフェソブリコンは、僕の好きなコペランディやエピカリスなんかが属してます。
メガランフォダスは、ハイフェソブリコン属に統合されてしまったようですが、こちらはレッドファントムやブラックファントムが属してたんじゃなかったかな?
(違ってたらごめんなさい・・・。)

 

ということで、こんなまったりとした感じで2008年最後の記事を終えたいと思います。
2009年もまったりマイペースで更新していきたいと思いますので、よかったらまたお越しくださいね(^^)
でわでわ、みなさん、よいお年を~!

 

今年もありがとうございました<(_ _)>
にほんブログ村
また来年も来てみようかなと思っていただけたら、ポチッとお願いします!

 

 




TWITTER
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 00:00:00|
  2. Caracin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

侘び寂び?

実はこう見えて、コケが好きなんです。
我が家では数種類のコケを育成してますが、このコケはかなり綺麗なんでオススメです!
育成も難しくないです(^^)

ウォーターフェザー。

最近有名になってきている【ウォーターフェザー】です。
独特の葉っぱの形がかっこいいっすね!
大好きなコケの1種です(^^)

紅葉っぽい?

葉っぱのアップはこんな感じです。
枝分かれしてますね。
赤ちゃんの手のような、紅葉の葉っぱのような・・・。
こうしてアップで見ると・・・和風?

侘び寂びなんです。

明るさを落とすと侘び寂びを感じますねぇ。。。
え?僕だけ??(^^;
なんとなく京都のお寺っぽくないですか?
・・・ないですか、そうですか。

ツマツマ・・・。

エビちゃんも一生懸命ツマツマしてくれてます。
実は、コケにコケが付いてしまったので、エビ水槽にリハビリに出してるんです(^^;
この水槽にはエビちゃんしかいないので、毎日ツマツマしてもらえて付いてたコケがほとんどなくなって綺麗になりました!

取り合い?・・・何を??

何かを奪い合ってるんですかね?
エサは少なめにしてるので、コケを食べてくれてる・・・はずです。
ウォーターフェザーは食べないで欲しいですが・・・。

もっさり~。

う~ん。。。素敵。
順次リハビリに出さなくては・・・。
一体どんだけコケてるんだ!?という突っ込みはなしでお願いします(笑)
メタハラの光が強いのか、水中の栄養分が多いのか・・・。
多分、後者だと思います(^^;

 

●育成環境
【水 槽】:30x30x30cm
【底 床】:富士砂(溶岩石)
【ろ過機】:スドー エデニックシェルトV2
【照 明】:テトラ 13wx1 + 60wx1(普通のクリップ式ライト)
【保 温】:エヴァリス オートヒーターローブリッジ100
【水 温】:23℃
【p  H】:6.6
【G  H】:1以下
【K  H】:5~6 (なんかすごい値が出てるな・・・^^;)
【施 肥】:ADA ブライティK&STEP1をほぼ毎日1PUSH

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
GH1以下でKH5~6なんて有り得んの!?という方はポチッ!をお願いします(笑)

 

 




TWITTER
  1. 2008/12/26(金) 00:00:00|
  2. Moss
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水草を追加しました。

なんでEXILEはカバー曲ばかりなんだろう・・・?
オリジナル曲ってあるのかな?
それで売れてるなんて、なんかズルい気がするのは僕だけでしょうか?(笑)

+++

そんなどうでもいいことは置いといて。
リンクさせていただいている「スコレーの棲み家」のスコレーさんが最近水草を追加したそうな。
僕も最近追加したので、追随して記事を書いてみようと思います(笑)

キューバパール。

まずはコチラ。
言わずと知れた【キューバパールグラス】ですね。
この水草が絨毯のように生え揃った水景は、見てて清々しいものがあります。
そんな清々しい水景が我が家で出来るとは思ってませんが、どうにも育ててみたくて。
実は以前にやってみたんですが、うまいこといかず今回リベンジなのです(^^;
小さい葉っぱが可愛らしく、気泡もよく付けるようですね。
絨毯とは言いませんので、せめて四畳半くらいの細々とした感じくらいまでは茂って欲しいです。
目下の悩みはコリドラスたちに蹂躙されて抜けやしないかということです(笑)
たまに根元をモフモフしてるところを見かけるんですよね、特にエサの時とか。
頼むからそっとしておいておくれ・・・。

コブラー。

お次はコチラ。
【ブラジリアン・コブラグラス】といいます。
この水草は名前は聞いたことはありましたが、育てるのは今回が初めてです。
ブラジリアンというくらいなんで、南米産です。
緑の葉っぱで、質感は硬めな感じです。
ランナーで増えます。
柄にもなく、「トロピカ社」のを追加しちゃいました。

トロピカ社といえばタグですが、そのタグによると・・・
草丈 :4~7cm
幅  :5~cm (ランナーで増えるのに・・・幅?)
光量 :やや強め~強め
成長 :やや遅い~遅い (ホントか!?激遅いじゃないの?)
難易度:やや難しい
水温 :15~26℃ (ま、普通やね。)
GH  :1~20dH (幅広っ!)
pH  :6~8 (アルカリでもいけるんだ・・・。)

こんな感じらしいですよ。
僕の中でのコブラグラスは、成長激遅でコケ要注意。
最初からある程度の本数を植えておかないと、なかなか増えないから見栄えがしない。
こんな感じなんですが。。。

キングコブラー。

レイアウトの腕なんてないくせに、溶岩石の間にも植えちゃったりして(笑)
葉っぱがまだウネウネしてますが、これは真っ直ぐになっていくんですかね?

 

しかし、よりにもよってなんでコブラグラス・・・。
絶対コケるって(笑)
いえね、急に頭に浮かんだんですよ、「コブラグラス」って。 (←普段何を考えてるんだ?笑)
で、「これは神の啓示に違いないっ!」とアホな勘違いをして、チャレンジしてみたわけです。
はてさて、うまいこと育ってくれるんだろうか・・・?
みなさん、祈っててくださいね。
コケるなーコケるなーって(笑)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
コケるに1票!という方はポチッ!をお願いします(笑)

 

 




TWITTER
  1. 2008/12/21(日) 00:00:00|
  2. Water Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

読み方がわからない・・・。

水上ホシクサ第2弾!
ヒロハタイプもかっこいい~(^^)

AkatAmunuai 06 M-type

【AkatAmunuai06 M-type】です。
これは何て読むんですか?(^^;
あかっとあむない?あかっとあんない?
よくわかりません・・・。

上空画像。

上空から撮影。
このホシクサも☆型になってますねー。
さすがホシクサ!

こりゃ何じゃ!?

これは花芽なんですかねー。
マカム湿地産と同じ感じのが出てきてました。

横から。

横から。
やっぱり花芽ですよね?
よし!また種採って蒔こう!
・・・採れたらだけど。

ウネウネ。

このホシクサもヒロハタイプで、葉っぱウネウネです。
こういうのって水中だとどうなるんだろう。
同じ感じで展開したらかっこいいですよね。
水中でもやってみたいなぁ。
増えたらチャレンジだな・・・。

増えたら・・・(笑)

 

●育成環境
【使用鉢】素焼き鉢 3号
【用 土】アクアソイル・アマゾニア ノーマル(使い古し)
【肥 料】初期肥料として、テトラ・イニシャルスティックを3~4粒
【水 位】鉢の半分くらいまでの腰水
【管 理】1~2日に1度霧吹きにて水分・湿度補給

【水 槽】90x45x45cm
【水 量】約60リットル注水
【照 明】2灯式x2
【蛍光灯】32Wx4 (現在は2灯のみ点灯)
【ろ過機】e-ロカ PF-381 (ディフューザー仕様にてエアレーション)
【保 温】オートヒーター (26℃固定式)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
読み方教えてやるよ!という方はポチッ!をお願いします(笑)

 

 




TWITTER
  1. 2008/12/14(日) 00:00:00|
  2. Water Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

種まき、そして・・・。

う~ん・・・最近なかなか更新する時間が取れにゃい。。。
忙しいのか!?
野暮用が多い・・・んだよなぁ(^^;

+++

さてと。
ネタのあるうちに更新しとこ・・・。
ということで今回は、前回ご紹介したホシクサ【マカム湿地産 080517】ネタを継続します。
実は・・・あれから花芽が出てきました。
しかも結構たくさん。
NORI部長の予言どおりですな(笑)
これをどうにかしない手はない!ということで、初めての種採りなんぞをしてみました。

花芽。

まずは、こちらが【マカム湿地産 080517】の花芽です。
ホシクサの花は何度か見たことはありますが「これが花!?」と言わんばかりの変な花。。。
いわゆる一般的なお花とはまーーったく容姿が違いますね。

変な毛も生えてる・・・。

こーんな感じで、ヘロヘロッとした毛みたいなのが生えてます。
これが一般的に言うところの「花びら」なんですかね?

平べったいホワホワ。

平べったくて、ホワホワッとしてますね。
なんとも不思議な植物ですわ。
この平べったいホワホワを白い紙の上でグリグリしてみました。
ピンセットの先端で、中に入ってるだろう種を抉り出すようにグリグリと。
すると・・・

種。

こんなんが出てきました!
これが種でいいんですよね??
この茶色っぽい小さい粒々が種ですよね??
確か前にいただいた種もこのくらい小さい粒だったっけと思い出す。

蒔き蒔き~。

で。
それを蒔いてみました。
種だけ取るのが面倒だったので、花柄(?)ごとパラパラと。
まぁ、この写真じゃわかりませんわな(笑)

見えにゃい(笑)

容器にパウダータイプのソイルを1cmくらい入れて、ヒタヒタになるくらいの水を注入。
そこに種投入!
この写真でも見えないと思うけど、写真の真ん中あたりに蒔かれているはずです(^^;

これにフタをして水槽にポイッと投入。
温度維持と光を当てるために浮かべておきます。
はてさて、どうなることやら・・・。

 

で、昨日!
何の気なしに見てみると、緑色の「何か」が見えた!!・・・気がする。
「おぇぁ!?」という訳のわからない奇声を上げつつ開けてみると・・・

なんと!!

新芽!?

針のような新芽が出ているじゃないですか!!
これは紛れもなく新芽ですよね?

まさしく新芽だっ!

どうですか?
新芽で間違いないですよね??

 

キタ━━━━━(゚∀゚ )━━━━━!!!!!

2株・・・キタ━━━━━(゚∀゚ )━━━━━!!!!!

 

・・・しつこい(笑)

我が家で初めて種を採って、その種を蒔いて新芽が出た。
これは嬉しいっすね。
実は、この種を蒔いたのが11月7日なんですよ。
で、発芽を確認したのが12月7日。
発芽までちょうど1ヶ月ですね。
発芽するまでの間少し調べてみたら、「難しい。特にマカム湿地のやつは・・・。」というブログの記事を見つけてしまったんすよね。
「全然音沙汰ないし、こりゃダメかなー。。。」なんて思ってた矢先だったんで、嬉しかったっす。
こうしてお披露目できてよかったです(^^)

しかし・・・。

発芽したらしたで、新たな悩みが・・・。
ここからどうしよう。。。
今は水上で育ててる株が2株あるので、できればこやつらは水中で育ててみたい。
でも、この先の育て方がわかんない・・・(^^;
どのタイミングで沈めればいいんだ??
すでにちょっとずつ水位を上げていった方がいいのか?
それとも、もう少し育ってきて、葉っぱの展開を待ってから沈めるのか?

わからん・・・。

諸先輩方、良きアドバイスをお願いします<(_ _)>
なんとか大きく育ててあげたい!
出来るのかな~?
そもそも、水中育成は可能な種なのかもわかんない。
慣らせばいける??
その辺の情報なんかもご存知であれば教えてくださいまし<(_ _)>

以下、いつもながらの備忘録。

●育成環境
【使用鉢】アクリル(?)の鉢
【用 土】水草一番サンド パウダー(新品)
【肥 料】なし
【水 位】ソイルが浸る程度
【管 理】水槽に浮かべて、たまに心配そうに眺める
【照 明】ADA ソーラー1
【保 温】水槽の温度に準ずる (25℃くらい)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
育て方は・・・男は黙って、勘!という方はポチッ!をお願いします(笑)

 

 




TWITTER
  1. 2008/12/07(日) 00:00:00|
  2. Water Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6




| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。