大磯砂の酸処理【塩酸編】

今回のリセットにあたり、大磯砂を【塩酸処理】してみました。
以前に食酢にてやってみたんですが、どうも処理しきれてないような気がして。。。

<注意!>
塩酸は劇物なため、扱いは慎重に行ってくださいね。
お約束かもしれませんが、あくまで自己責任でお願いしますね(^^;

<用意したもの>

●塩酸
薬局で売ってますが、購入時には印鑑が必要です。
あと使用目的と住所・名前などを書かされます。
ちなみに、僕は使用目的に「カルシウムの除去」と書きました。
念のため、500mlを2本購入。

●バケツ
大磯砂を入れて、塩酸処理するためのもの。
家にあったものと、100均で買ったものを使用。

●塩ビのパイプ
塩酸の反応を助けるための攪拌用。
溶けちゃわないかちょっと心配でしたが、全然問題なかったです。

●重曹
処理済の水を中和させて廃棄するために購入。
こちらも100均にて購入。

●大磯砂
今まで使っていたものを使用。
軽く洗ってから処理しました。

と、こんな感じです。
ここから先は念には念を入れて、ということで用意しました。

●ゴーグル
塩酸がはねて目に入ったら怖いので。
花粉症用とかの、無駄にでかいやつがいいと思います。

●軍手
これも飛び跳ね対策です。
手に飛んできたら怖いっすからね。

●長袖シャツ
これも飛び跳ね対策。
腕に飛んだら・・・(゚□゚;)ギョエ!です。。。

●マスク
飛び跳ね&塩素の臭い対策です。
家にあった業務用の鼻まで覆える大きいやつを拝借しました。

塩酸で気泡ブクブク。

大磯砂を入れて、塩酸を投入したところです。
茶色い液体にカルシウム分と反応した気泡がブクブクと上がってます。
き、汚ねぇ・・・。

リセット作業中に始めて、適当なところでかき回してましたが、基本放置です。
それでも、ちゃんと反応していたようです。
気泡が上がらなくなったところで、重曹を入れて中和します。
本当は処理済の水を分けて中和させた方がいいのでしょうが、面倒だったのでバケツに重曹を投入しちゃいました(^^;
ここでも、もの凄い勢いで泡が出てきて、ちょっと焦りました(笑)
で、重曹との中和反応が終わった頃合で、排水。
その後、入念に洗浄。
念のため、塩酸分を飛ばすため&殺菌のため、煮沸しました。
煮沸に効果があるかはわかりませんが、気持ちの問題です(笑)

綺麗になったかな?

酸処理が終わって、水槽に入れたところです。
と同時に、今回のリセットもほぼ終わりです。
あとは水草を植えて、魚を戻せば全部終了かな?

はぁ~疲れたぜぃ。
水草を植えた模様は、また後日ということで。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
綺麗になるかはこれからだけどな・・・と思った方はポチッ!とお願いします。

 

 




TWITTER
  1. 2008/08/30(土) 00:00:00|
  2. Experiment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

90cm水槽をリセットしました。

約2ヶ月も更新が止まってしまってました。
見に来てくれた方(いるかわかんないけど・・・)すいませんでした。
この2ヶ月の間に、モチベーションがぐ~んと下がって・・・ませんよ!
むしろアップしてたかもしれません。

この2ヶ月間に何をしていたかというと、4本ある水槽の移設&リセットをしてました。
休みの時に一気に片付けようと思っていたんですが、甘かったです(^^;
少ない休みの間になんてまったく終わらず、平日も仕事から帰ってからセコセコとやっていたので、2ヶ月もかかってしまいました・・・。
その間、部屋がとんでもないくらいに散らかっていて、PCも片付けていたのでネットに繋ぐのはもっぱらケイタイからでした。
なので、当然ブログも書けず・・・。
と、言い訳はこのくらいにして、今回から心機一転出直して頑張ります!
というわけで、復帰(?)一発目はそのリセットの模様でもアップしてみたいと思います。

+++

結構前になりますが、憧れのメタハラをゲットしました!
で、今まで使っていた水槽は真ん中に帯みたいなやつがあったため、その下にくっきりと影ができてしまってました。
それがどうにもイヤで、これを機に水槽を買い替えました。
新しい水槽は、コトブキのレグラスR900です。
オールガラス水槽にメタハラでオープンアクアです!
なんかネイチャーみたいで、それだけで鼻息荒くなります(笑)
で、その新水槽にメタハラを設置してみると、こんな感じになりました。

オールガラスにメタハラでオープンアクア!

ん~、いい感じです!(僕だけ?)
こういうの憧れてました。
ただ台に水槽を載せて、メタハラを設置しただけですが、安上がりにテンションが上がります。
今回は底床にちょっとこだわってみようと思って、色々やってみました。

パワーサンドボックス

で、それを実現するためのアイテムがこちら。
・・・なんだかわかりませんよね(^^;
これは、底床の一番下に敷くために自作しました。
言うなれば、【パワーサンドボックス】ですかね。
ADAでは底床の一番下にパワーサンドを敷いたりしますよね。
パワーサンドは栄養分を含んだ軽石ですが、それを敷いて、その上にソイルを敷くと思います。
でも、そうすると水草を抜いたりしたらパワーサンドが出てきちゃうことがあるんですよね。
僕は大磯を使ってるので、底床クリーナーをかけても出てきちゃいます。
出てきちゃうのがイヤな方は、パワーサンドとソイルの間に園芸用の鉢底ネットを敷いたりしてる方もいると思います。
それでもいいと思うんですが、僕は面倒くさがり屋なので、リセットするときにパワーサンドを掻き集めるのが面倒だと思ったんですよね。
「じゃあ、ボックスにしちゃえばよくね?」ということで、こうしてみました。
これだとリセットの時でも、このボックスごと持ち上げてしまえば掻き集める必要もありません。
そして、洗うときもこのボックスごとジャブジャブしちゃえばあっという間に完了です。
これぞ面倒くさがり屋のなせる業ですね(笑)

敷き詰めてみた。

で、このようなボックスを8個作って、こんな感じで水槽に敷き詰めます。
一応、材料なんかもご紹介しておきましょうかね。

●鉢底ネット
ホームセンターで手に入ると思います。
●結束バンド
100均で購入。
中身が出てこないように間隔を詰めて結束するので多めに5袋くらい準備。
(作ってみたら余ったので、2~3袋で足りるかも・・・。)
●パミス
肝心の中身です。
パワーサンドは高いのでパミスで代用。
大粒・中粒・小粒とありますが、中粒をチョイス。
これもホームセンターで入手。

材料は以上ですー。

こんな感じー。

このように隙間なく敷き詰めますが、前・横は少し間隔を開けてガラス面からボックスが見えないようにします。
ちなみにボックスのサイズですが、20x20x3cmです。
これを敷き詰めると、両サイド・前に5cmの隙間ができます。

バクター100をパラパラと。

これを敷いた上からバクター100を振りかけました。
普段はほとんどバクテリアの素的なものは使わないんですが、今回は使ってみました。

粉状ピートモスもパラパラと。

バクター100を振りかけた上から、粉状のピートモスも振りかけました。
まさにパワーサンドのパクリですね(笑)
これは水質を酸性に傾けるためと、バクテリアのエサになるかな~と思ってやってみました。
効果があるのかはわかりませんが、パワーサンドにも入ってることですし・・・ね。

+++

こだわりの底床はこんな感じです。
パワーサンドボックスを敷くことによって、底床の最下部の通水性が上がって腐敗しないかな~とか、水圧で砂が締まってくるのを軽減できるかな~とか、水草の根っこの成長がよくなるかな~なんて目論見もあったりします。

とりあえず、今回はこの辺で。
この続きは、また次回以降(←この辺が弱気・・・)ということで。
底床編、もうちょっと続きます・・・。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
面倒臭がり屋バンザイ!という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2008/08/27(水) 00:00:00|
  2. Tank 90
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8




| Home |