スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちびっ子カラシン

カージナルダータ。

この子、かなりちびっ子です。
【カージナルダータ】って言います。
体長2cmくらいの、ちびっ子カラシンです。

小っちぇぇ!

この子、ちびっ子のくせにグルメです!
ブラインシュリンプしか食べません。
90cm水槽の一般食ではお口に合わないかもしれないので、別荘にお住まいです。
ちびっ子のくせに生意気です(笑)
毎日このちびっ子の為にブラインさんを沸かしてます。

先日、「今日も元気かなぁ~?」と思って別荘を覗き込むと、ちびっ子がいません!!
かなり小さいので「見落としてるのかも・・・」と思って、よ~~~く探したけど、やっぱりいない!
どうやら脱走を試みたようです。。。

ガックリと肩を落とした数日後・・・。
水草の茂みの中に、ちびっ子を発見!!
なんとか生きていたようです(^-^)

しかし・・・。
それ以来、姿が見えず・・・orz
ちびっ子行方不明!!
食べちゃう魚はいないけど、エサが取れてるのか心配・・・(>_<)

たくましく生き延びてくれぇー!ぇー!ぇー!ぇー!(エコー)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
生き延びてくれぇー!という方はポチッ!とお願いします(^^;

 

 




TWITTER
スポンサーサイト
  1. 2008/01/18(金) 00:00:00|
  2. Caracin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水上葉栽培はじめました。

水上葉栽培はじめました。

おとといから水上葉栽培を始めてみました。
ペットボトルを適当な大きさに切って、テトラ・イニシャルスティックを砕いたモノと余っていたソイルを投入。
クローゼットから以前使っていたライトを出してきて、水槽のライトのコンセントに接続。
水がこぼれてもいいように、発泡スチロールの箱に収めて完成!
制作時間はわずか30分ほどで出来ちゃいました。
今まで水上葉栽培はやったことがないので、今後どうなるのかまったくわかりませんが、とりあえず見切り発車してみました(笑)

トニナ&ホシクサ。

向かって左上の畑です。
ここには、【トニナ・ベレン】と【日本産ホシクサ】を植えてみました。
トニナは水上葉栽培というよりも、少し大きくなるまで育ててみようって感じです。
2日経って、ホシクサから新葉が出てきつつあるように見えました。
水量が少ないので、光がよく当たっていいのかもしれないですね。

南米産ミズハコベ。

向かって右上の畑です。
こちらには植え切れなかった【南米産ミズハコベ】を植えてみました。
今まで浮かしてあったので、うまく水上葉に移行してくれるんじゃないか?と密かに期待してますが、どうなることやら・・・。
ここならコリドラスやエビたちに抜かれる心配もないので、思う存分ランナーを伸ばして欲しいです。

アルアナ&ヴェルデキラリス&アラグアイア・レッドロタラ。

向かって右下の畑です。
こちらには、【アルアナの夕焼け】と【ロタラ・ヴェルデキラリス】と60cm水槽で瀕死の状態だった【アラグアイア・レッドロタラ】を入れてみました。
アラグアイア・レッドロタラはコケまみれですが、果たしてちゃんと成長してくれるのか・・・?
ちょっと、いや、かなーり心配です。。。

ナンセアン&ミズマツバ&クリプト。

最後に左下の畑です。
ここは【ロタラ・ナンセアン】と【アラグアイア・ミズマツバ】と【謎クリプト】と入れました。
謎クリプトは、頂き物なので名前がわかりません(^^;
この写真じゃ、判別も出来ないですよね。。。

 

全部で9種類。
どれがうまく育つのか?どれもうまく育たないのか?
できれば全部うまくいってもらいたいものですが、こればっかりは僕にも予想が付きません。
ということで、2008年水上葉レースの幕が切って落とされました!

+++

「おいおいおい、○○○の水上葉なんて聞いたことねーよ!?」とか、「こうすると比較的うまくいきやすいよ!」とかありましたら、ぜひご教授ください<(_ _)>
なにぶん、初めてなもんで右も左もわからないもので・・・(^^;

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
まぁとりあえずやってみな!という方はポチッ!とお願いします(^^;

 

 




TWITTER
  1. 2008/01/13(日) 00:00:00|
  2. Water Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

幸せが舞い込んできますように・・・。

幸せ来るかな?

【オーストラリア・ヒドロコティレィ】という水草を買ってみました。
四葉のクローバーっぽい感じの水草です。
この水草が我が家にやってきたことによって、幸せも一緒に舞い込んできて欲しいです(笑)

こちらの水草、難しい名前ですが【オーストラリアン・ウォータークローバー】って言った方が通りがいいかもしれませんね。
いわゆる【オークロ】なんて呼ばれ方もしているみたいです。
小さめの葉っぱをつけるので、前景草として育てています。
現在60cm水槽(底床:ソイル)と90cm水槽(底床:大磯砂)で育ててますが、若干コケが付いてる部分もありますが、新芽も出して成長しているみたいです。

葉っぱが小さめですが、植え方は簡単です。
茎(ランナー?)と葉っぱ1枚が付いた状態に切り分けて、底床に差すだけです。
茎の部分があるので、抜けにくいです。
もっさりと増やして、コリドラス水槽でも使いたい水草です。
早く増えないかなぁ~(^-^)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
そう簡単に幸せになれないだろ・・・という方はポチッ!とお願いします(^^;

 

 




TWITTER
  1. 2008/01/08(火) 00:00:00|
  2. Water Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

自作ソフナイザー

水を軟水にする、ソフナイザーを自作してみました。
ADAのソフナイザーがかっこいいのですが、いかんせん高いので・・・(^^;

今回使用したものは・・・
・100均で調達したお酢などを入れるビン
・ADAのイオン交換樹脂
・アクリルパイプ(水作パイプピタッと)
・エアチューブ
・小型フィルター
・L字型ジョイント(エルボ)
・友人に作ってもらったアクリル製水流拡散器

以上です。
実際に買ったのは、ビンとイオン交換樹脂だけなので、しめて1680円!安い!
ADAソフナイザー50の10分の1以下です!

イオン交換樹脂。

これが今回の主役・イオン交換樹脂です。
ADAじゃなくてもいいのですが、アクア用のイオン交換樹脂ということでこれにしました。

細けーー。

樹脂は、かなり細かいです。
直径1mm以下でしょうか。
250ml入りなので、半分くらい入れてみました。
もちろん、再生して何度も使えます。
100mlのイオン交換樹脂の再生には20gの食塩が目安です。(実際はちょっと多めに)
なので、今回は再生する場合は25~30gくらいの食塩が必要って感じですかね。
ちなみに、100リットルの水を1dH下げるのに必要なイオン交換樹脂の量は40mlだそうです。
90cm水槽で使いますので、だいたい2~3dh下がる計算になりますね。

排出部。

ビンのフタには元々の用途である、中身を出すための排出口(パイプ状の部分:写真左側のパイプ)が付いていて、それがちょうどアクリルパイプの太さよりも少し大きいサイズだったので、そこにアクリルパイプを差し込みました。
イオン交換された水もその隙間から出て行きます。
先端が少し角度が付いていたので、糸ノコでカットしてまっすぐにしました。
それだけだと攪拌が若干弱い気がしたので、もう1ヶ所追加しました。
こちらはフタ部分の空気抜き穴をドリルで広げて、アクリルパイプを差しました。
写真で言うと、右側のパイプが刺さっているところですね。
その先端には友人製作の水流拡散器を付けました。
水流拡散器とは、直径15mmのアクリル製の球状で中が空洞になっています。
そのアクリル球にランダムで直径2mmの穴が何ヶ所か開いています。
本家ADAのソフナイザーを参考にして作ってもらいました。
これで2ヵ所から水を引き込んで攪拌できます。

L字型ジョイント。

水流拡散器を付けてない方のアクリルパイプの先端には、L字型ジョイント(エルボ)を付けました。
これも水流の拡散に一役買っています。

攪拌~~。

この状態で通水すると、写真のような感じでイオン交換樹脂が攪拌されます。
強すぎず弱すぎず、いい感じで攪拌されました。

こんな感じで出来ました!

設置するとこんな感じになります。
これだとさすがに自己主張が強すぎるので、現在は水槽のもっと奥の方に移動して、正面から見えにくくしてあります。

+++ 

2~3時間使ってみて、硬度を測ってみたら見事に2dhほど下がっていました。
ちょっと急に下がりすぎたかな?と思いましたが、生体に異常はないようでした。
phも6.8と見事に弱酸性になってました!(CO2添加時)
イオン交換樹脂の再生がちょっと面倒な部分もありますが、効果はあるので継続して使ってみようと思います。
イオン交換樹脂の再生に関しては、同じビンをもう1つ買って、片方を使ってる間はもう片方は再生させておくというローテーションなら多少面倒くささも改善されるかな?と思ったのでそうしてます。

実際作ってみた感想は、ビンの底の部分が丸い方がより攪拌されやすいと思います。
底が丸ければ、水を引き込むパイプが1本でもいいような気がしました。
底床に置けて、底が丸いビンってのを探すのが大変そうですが(^^;
今回は底床に直接置けた方が持ち上げてイオン交換樹脂の取り出しがしやすいと思ったのでそうしましたが、ガラス面に取り付けてもいいのであれば、底が丸いので試験管がちょうどいいと思います。
キスゴムでガラス面に取り付けないといけませんが。
ちなみに、試験管は東急ハンズなどに売ってます。
一番太いやつが使いやすそうでした。

以上、ソフナイザーの制作記及びインプレでした~。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
ソフナイザーって効果あるんだね!という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2008/01/07(月) 00:00:00|
  2. D.I.Y.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

30cmコリドラス水槽。

新年あけましておめでとうございます。
昨年はこんな辺鄙なブログに遊びに来ていただいて、本当にありがとうございました<(_ _)>
今年もまったりと更新していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。
2008年最初の更新、早速いってみましょ!

30cmコリドラス水槽。 

だいぶ落ち着いてきたので、アップしてみました。
30cmキューブのコリドラス水槽です。
昨年の11月末に立ち上げて、1ヶ月ちょっと経ちました。
枝状流木を何本か組んで、大木風にしてみました。

ちょっと上から。 

底砂はアマゾンの白い砂を使ってます。
かなりサラサラです。
若干軽いかな?って感じですね。

湧き水~。

水槽左前部分に、小規模な湧き水も作ってみました。
フィルターの排水をエアチューブで分岐させてます。
流量調節の為に途中に一方コックを付けてますが、全開でいい感じです。
たまにコリドラスが遊びに来てます。
おかげで砂がなくなってる時もありますが・・・(^^;

ボルビティス・ベビーリーフ。

使ってる水草は、こちらが【ボルビティス・ベビーリーフ】です。
ノーマルのボルビティスじゃ葉っぱが大きすぎる感じがしたので、ベビーリーフにしました。
このくらいの大きさがちょうどいい感じですね。

ミクロソリウム・プテロプス。

そしてもう1つは【ミクロソリウム・プテロプス】です。
葉っぱがやや細めで、そんなに丈が長くないので下草風にしてみました。

 

小型水槽は、箱庭的な感じがしてレイアウトがなかなか楽しいですね。
手入れもお手軽な感じがします。
水量が少ないので、水質安定という面では少々難しいのかもしれませんが。。。
今のところ安定しているみたいです。
今後、少し水草を追加する予定なので、バージョンアップしたら改めてご紹介したいと思います。

でわでわ、2008年もよろしくお願いします!<(_ _)>

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
謹賀新年2008!で、記念のポチッ!をお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2008/01/05(土) 00:00:00|
  2. Tank 30Cube
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4




| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。