自動給水器 ver1.0

愛しのエビちゃんの為に、【自動給水器】を作ってみました。
これをセットしておけば、勝手に足し水をしてくれます。
冷却ファンでの水位低下もなんのそのです。
今回はその製造工程をご紹介。

【使用したモノ】
1)2リットルくらいのペットボトル
2)アクリルパイプ(外径10ミリ、内径7ミリ)
3)エアチューブ
4)チューブジョイント
5)二又分岐(一方コックがなかったため)
6)シリコン(防カビ剤の入ってないもの)
7)瞬間接着剤(ゼリー状の方がいいかも)

アクリルパイプ。

まずはアクリルパイプを切ります。
長さは水槽の希望水位からペットボトルを置く場所+ペットボトルの高さ分くらいが適当だと思われます。
僕の場合は約50cmでした。
この長さになるように、糸ノコでカットしました。

アクリルパイプの先端はこんな感じ。

先ほど切ったアクリルパイプの先端を斜めにカットします。
これは水の表面張力を抑えるためです。
こうしておいた方が、水位が下がってきた時や上がった時にちゃんと機能する・・・はずです(笑)

ペットボトルのフタを穴あけ加工。

ペットボトルのフタに2つ穴を開けます。
使う予定のチューブジョイントの径を測ったところ、5ミリだったので4.5ミリの穴を開けました。
穴はドリルを使って開けました。
ドリルがない場合は、キリやドライバーなどで開けるといいかもしれません。
この後、ここにチューブジョイントを差し込むわけですが、いきなり大きい穴を開けると修正がきかないので、小さい穴を開けてから徐々に広げていった方がいいですよ。
ちなみに、僕はお茶のフタを使いましたが、炭酸飲料のフタの方がいいと思います。
フタの裏側の構造が違います。
炭酸が抜けにくいように、より密閉できる構造になってます。
・・・例外があったらごめんなさい<(_ _)>

チューブジョイントを差し込む。

チューブジョイントを差し込んだところ。
片方はL字形のものを使いました。
これは用途に応じてでいいと思います。
僕はL字形の方が給水用で、直線形の方を呼び水用にしました。

アクリルパイプにチューブジョイントを接続。

アクリルパイプにチューブジョイントを接続したところです。
瞬間接着剤で固定しました。
固まるまでの間、ビニールテープで止めておきました。
密閉が気になる方は、シリコンでシーリングしてもいいかもしれませんね。

フタにエアチューブ。

ペットボトルのフタにチューブジョイントを差し込んで、エアチューブを接続したところです。
まだシリコンでシーリングしてませんが、一応これでも機能しました。
L字形の方は給水用のため、ペットボトルの底面までチューブを伸ばさないといけないので、フタの内側にもエアチューブを接続します。
長さはペットボトルの底面までの長さよりもちょっと長めがいいと思います。

パイプにエアチューブ。

アクリルパイプの方もエアチューブを接続します。
まあ、この辺は特に問題もないでしょう。

概観はこんな感じ~。

ペットボトルに装着したところです。
まだ長さの調節をしてないので給水側が長いですが、実際の設置の時に長さを決めて切ります。

呼び水パイプ設置。

呼び水用のパイプを水槽に設置したところです。
希望水位よりも少し低いところに先端が来るようにセットします。
せっかく斜めにカットしてあるので、水槽壁面側じゃない方にカット面を持ってきた方がいいですね。

いざ設置!

水槽の上にペットボトルを置きます。
この自動給水器は動力を必要とせず、サイフォンの原理で働きますので、水槽の上にペットボトルを置くのは必須です。
水面よりも少しでも上であれば問題ないと思いますが、水槽の横に置いてうまくいくかは試してないのでわかりません。
たぶん、水面=ペットボトル内の水位までしか機能しないような気がします。

水がパイプに吸い上げられる!

これは希望水位になったあたりの写真です。
希望水位になると、呼び水用のパイプから水が吸い上げられていきます。
ある程度吸い上げられたところで止まり、同時に給水も止まります。

給水中~。

給水してるところです。
最初はコックを付けてなかったのですが、付けてないとエアチューブとはいえ、そこそこの勢いで給水されていきます。
あんまり急激に給水されると水位はすぐに戻りますが、水質に敏感なエビちゃんがダメージを受けてもイヤなので、コックを付けて点滴法で給水されるようにしてみました。
時間はかかりますが、ダメージが少ないと思います。

使用開始の際は、給水用のエアチューブが水で満たされてないと給水が開始されません。
その状態で、呼び水用のパイプの先端が水面よりも上ならば給水されますし、水面よりも下ならば給水されません。
これを見て作られた方は、実際に使用を開始する前に十分に実験してみてくださいね。
水が溢れてきたりしたらシャレになりませんから(^^;
くれぐれも自己責任でお願いします。
ご利用は計画的に(笑)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
これで水が蒸発しても平気だね!という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2007/07/30(月) 00:00:00|
  2. D.I.Y.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ホシクサ

ちびっこい☆だね。

先日、【日本産ホシクサ(キネレウム)】をゲットしました!
以前からホシクサを育ててみたくて、思い切ってポチッといっちゃいました!
直径約2cm、草丈約1cmほどの小さな株です。
我が家に来てから、約1週間ですが今のところ無事です。
このツンツンした草姿にやられました。
これからスクスクと育って、大きくなっていって欲しいと思います。
水槽前面が一面のホシクサ畑に!!・・・・・・なればいいなぁ(^-^)

手探りですが、頑張って育てますっ。
同時にホシクサマスターの方のアドバイス募集!(笑)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
そう簡単にはいかねーYO!という方はポチッ!とお願いします(^^;

 

 




TWITTER
  1. 2007/07/26(木) 00:00:00|
  2. Water Plants
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

CO2ミキサー徹底解剖!

CO2ミキサー。

ジャレコの【CO2ミキサー】を買ってみました。
今まではいぶきエアストーンでの添加でしたが、さらに効率を上げたいと思いまして。
値段が意外と張るので踏ん切りがつかなかったのですが、今回はショップのセールだったみたいで、普段より安く買えました!
今までショップで現物を見たことはあるんですが、イマイチ仕組みがわからなかったんだよなぁ。
同じように思ってる人もいるだろうと思って、今回は徹底解剖してみます!(笑)

CO2ミキサー上部。

CO2ミキサー上部。
いわゆるフタ部分ですね。
左右が吸排水の接続部分、上がCO2の耐圧チューブ接続部、下がエア抜きボタンです。
耐圧チューブ接続部は逆流防止弁付きです。
接続方法は吸排水はホースを差し込んでネジで固定する、いわゆるエーハイム型です。
CO2は耐圧ホースを差し込むだけです。

分解写真。

分解すると3つの部品になります。
一番左の筒状の部分に真ん中の部品をはめ込んで、それを一番左の部品でねじ込んで密閉する感じです。

吸排水パイプ&CO2排出パイプ。

吸排水パイプとCO2排出パイプのアップです。
左が(水槽への)排水パイプ、真ん中がCO2排出、右が(フィルターからの)吸水パイプです。
以前は吸水パイプがシャワーパイプみたいに穴がいくつも開いていたようですが、仕様変更により、写真のような切れ込み状になったようです。

フタ裏側。

フタ部分を裏側から見たところです。
吸排水パイプの間に見えている金属がエア抜き部分です。
各パイプはシリコンジョイントで接続されてます。

設置~。

設置したところ。
ミキサー内への呼び水は、僕は吸排水ともつないでから、タップを開けたので途中から水の流入が止まっちゃいました。
エアが抜けなかったんでしょう。
なので、早速エア抜きボタンを押して水を満たしました。
エア抜きボタンは結構固いです。
吸水側のみフィルターとつないで、排水側はつながずにタップを開けると水が入ってくると思います。
ミキサー内に水が一杯になったらタップを閉めて、排水ホースに接続後タップを開けると楽だと思います。
あ、電源は入れないでいいですよ。
サイフォンの原理で勝手に水が入ってくると思いますから。
ホース関係を全部接続してからフィルターの電源を入れてくださいね。
電源を入れると、ミキサー内の水流はグルグル回る感じで流れていました。
意外と流速がありそうなので、CO2溶解効率も上がるかな?

運用開始~。

こんな感じの設置になりました。
フィルターの排水ホースをミキサーの切れ込みの入ってる方のパイプにつなぎます。
で、切れ込みの入ってない、長いパイプの方から水槽に戻し、シャワーパイプから排水します。

ここで、ちょっとしたトラブル発生!!
エア抜きボタンのボルト部分より水漏れが・・・。
時間を置いても直らないので、ショップへ連絡すると「すぐメーカーに問い合わせてみます!」と言って連絡を取ってくれました。
5分も経たないうちにショップから連絡があり、「ボルトを締めてみてください」とのことなので、スパナで締めてみる。
すると、水漏れが止まりました。
ショップからの連絡の早さから考えると、よくある初期トラブルなのかな?と。
まあ、直ったのでいいか(笑)

これでCO2溶解効率がアップして、水草も元気にスクスクと育ってくれると嬉しいですね。
CO2の節約にもなりますし、地球温暖化対策にもなるはずです(笑)
あ、添加しすぎで魚が酸欠にならないか要チェックです!

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
これで溶解率上がるべ~!という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2007/07/20(金) 00:00:00|
  2. Items
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

アクア熱をテコ入れ!

お友達の水槽。

先日、友人宅へ遊びに行ってきました。
今まで60cm水槽を管理していたのですが、夫婦揃ってアクア熱が盛り上がり90cm水槽を設置したので見に行ってきました。
綺麗なオールガラス水槽で、メタハラ装備!!
なんとも羨ましい限りです。
俺もメタハラ欲しぃ。。。
やっぱ明るいわぁ。

水景全体。

現在の水景全体像です。
コリドラスメインということなので、まだまだ水草が少ないですが、発展途上なのでこれから徐々に増えていくことでしょう。
もちろん、底砂は「田砂」です。

田砂は明るいなぁ。

田砂も明るい色をしてるし、なんせメタハラなので水槽全体が明るく見えます。
明るい方が写真も綺麗に撮れていいですね。
魚影が映ってるのに感動しました。

Ech.オゼロット・グリーン。

一緒に買いに行って新しく導入した「エキノドルス・オゼロットグリーン」です。
エキノドルスは大きくなるので、水景に迫力を出してくれるでしょう。
それを見越して、水槽後景に植えました。
この葉っぱの下でコリドラスやカージナルが休憩するシーンが見れることでしょう。

上から~。

水槽右奥部分を上から撮ってみました。
メタハラだと光の透過率が高いので、上からも十分撮れるんですね。
蛍光灯じゃ撮れないアングルだわ。
はっきりくっきり見えていいなぁ。

上から左奥~。

こちらは水槽左奥部分です。
水面の揺らぎが水の中を覗き込んでる感を演出してると思います。
こちら側にもエキノドルスを植えてみました。
「エキノドルス・レッドフレイム」だったかな?
あんま覚えてなくてすいません(^^;
これも大きくなることを見越しての後景です。

タイガーロータス・レッド

「タイガーロータス・レッド」を上から撮りました。
光ってるのはメタハラの光源です。
ホント、底まできっちり光が届いてるって感じですよね。
メタハラの綺麗さにかなりやられました。

まだまだ隙間の多い水景ですが、今後少しずつ水草を増殖&導入していって、かつ、コリドラスの遊泳スペースも確保した水景を作り上げて欲しいです!
水草同盟を結んでいる同盟国同士、お互い繁茂させていきましょう!
増えたら何かちょうだいね(笑)
と同時に、水草同盟国も随時募集中。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
たまにはモチベーションを上げないとね!という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2007/07/18(水) 00:00:00|
  2. Friend's Tank
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新築しました!

エビ水槽などで重宝される【竹炭ハウス】を作ってみました。
材料は主に100均で揃えました。
鉢底ネットは家にあったので、それを使いましたが100均にも売ってます。
総費用315円ですが、1個あたりの制作費は100円以下だと思います。
以下、製作方法をご紹介したいと思います。

竹炭と鉢底ネット。

長さ15cmの竹炭だったので、ノコギリで3等分にカットしました。
ノコギリでカットするときは、丁寧にカットしてくださいね。
竹炭が薄い&脆いのもあって、案外割れます。
竹炭を回しながら、少しずつ切り込みを入れていくといいかもしれません。
もうあとちょっとでカットが完了だ~!っていう時が一番割れます(笑)
気をつけてくださいね。
鉢底ネットも適当な大きさにカットします。
今回は3本で1個作るので、それに合わせてカットします。
詳しい大きさは後ほど。

結束バンド。

鉢底ネット同士を結ぶのに、結束バンド(タイラップ)を使います。
160本も入って100円は安い!
長さ10cmで約2cmまでまとめられるものを使いました。

底辺部分。

まず底辺になる2本を選び、その幅とほぼ同じか若干小さめに鉢底ネットをカットします。
これが底面部分になります。

三角形。

次に先ほどの底辺部分の2本の上に頂点となる残りの1本を乗せて、三角形を作ります。
底面部分の鉢底ネットはもうカット済みなので、斜辺(っていうのかな?頂点からの2辺)部分をカットします。
こちらは少し余裕があっても構いません。
あまり余裕を持たせると出来上がったときに、中の竹炭がするっと抜けるのでご注意を。

結束!

鉢底ネットがカットできたら、いよいよ結束です。
まずは簡単に底辺と斜辺を結束します。
この時に、結束バンドの突起部分が内側に来るように結束すると出来上がりが多少すっきりします。

こんな感じになります。

底辺と斜辺を結束したところ。
一番端を2ヵ所結束します。

わかるかな?

角度を変えるとこんな感じです。
突起部分が内側にきてるのがわかりますでしょうか?

ここで分岐点!

ここで分岐点があります。
竹炭ハウスにウィローモスを入れる場合と入れない場合で工程が変わります。

<竹炭ハウスにウィローモスを入れない場合>
竹炭を中に入れて、残りのもう1箇所を結束して完成です。
左下の竹炭は節があったので、ドライバーなどで穴を開けておきました。

ウィローモス入れるバージョン。

<竹炭ハウスにウィローモスを入れる場合>

斜辺と同じ長さの鉢底ネットをもう1枚用意します。
竹炭を中に入れて、残りのもう1箇所を結束するのですが、その時に新しく用意した鉢底ネットも一緒に結束します。
この時は突起部分は外側でいいと思います。
内側に入れるのは案外難しいです。
入れられればよりすっきりするので、いいと思います。

2本まとめて結束。

2枚まとめて結束するとこんな感じになります。
この時点で竹炭は1枚の鉢底ネットで覆われているので、ズレたりしないと思います。
ゆるゆるじゃなければ・・・ですが(^^;

ウィローモス投入!

次に写真のように、鉢底ネットでウィローモスを挟みます。
モスがズレないように丁寧に挟み込みます。
挟むウィローモスの量は、少なくていいと思います。
あんまり多いと枯れてきちゃいそうだし。

挟んだ様子。

挟んだら反対側で結束します。
先ほど内側に突起部分を持ってきたので、ここで邪魔になりません。
うっすらとウィローモスが中に入ってるのが見えるでしょうか?

伸びたら出てくるかな?

角度を変えるとこんな感じです。
モスが成長すると鉢底ネットの間から出てくると思います。

結束部アップ。

結束したところのアップです。
最初に結束したのが一番端だったので、ここでは端から2番目で結束してます。
ここで結束するのは底面まで含んで3枚まとめて結束でもいいですし、斜辺2枚だけ結束でも構いません。

ウィローモス内蔵バージョン完成!

ウィローモス内蔵バージョンの完成図です。
うっすらとウィローモスが見えてますね。

ウィローモスなしバージョン。

ウィローモスなしバージョンの完成図です。

正面から。

ウィローモスなしバージョンを正面から見たところです。
綺麗に穴が開いてますね。

新築1棟目。

これが新築1棟目。
ウィローモスなしバージョンを水槽に入れたところです。
なかなか沈まなかったけど、流木で押さえて無理やり沈めました。

新築2棟目。

新築2棟目。
こちらは1日浮かべておいたら自然と沈んでいきました。
ウィローモスありバージョンです。

新築3棟目。

新築3棟目。
これもウィローモスありバージョン。
こちらも1日浮かべたら自然と沈みました。

+++

今回は竹炭3本を使って作りましたが、ウチは3部屋じゃ少ないよ!と言う方は、竹炭を増やして作ってみてください。
作り方はほとんど一緒だと思います。
ただ、案外浮力があるので、本数を増やすとオモリが必要になるかもしれません。
よかったらみなさんも竹炭ハウス・竹炭マンションを作ってみてくださいね。
ちなみに、分譲開始から1日経ちましたが入居はまばらでまだ売れ残ってます(笑)
早く完売御礼を出したいです。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
新築ラッシュだね!という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2007/07/13(金) 00:00:00|
  2. D.I.Y.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そこで何してんの?

カカトオイデスのメス。

先日、【アピストグラマ・カカトオイデス】というお魚をいただきました。
何でも、ご自宅で大量に孵化したということで、ご好意により3ペアほどいただきました。
本当にありがとうございました<(_ _)>

このお魚を水草を植えた水槽に泳がせるのが密かな夢でした。
まだ水草の方は繁茂してる・・・まではいってませんが、おいおい茂らせてかっこよく泳がせたいです。
そして、あわよくば子育ても見てみたいなぁと。
ちなみに、写真はメスです。

ほら穴?

いただいた翌日。
水槽内を観察してみると、1匹のメスが流木の陰で何かをしていました。
体色も心なしか黄色くなってます。
も、もしや、これは・・・。
産卵準備!?
さらに観察していると、どうやらあそこは穴が開いている模様。
出たり入ったりしています。
そして、近くには一番大きなオスがうろうろ。
期待は高まります。
引き続き観察してみたいと思います。

でも、いくら習性とはいえ、周りの魚にちょっかい出すのはやめて欲しいです(T_T)
もうちょっと穏便にお願いしますよ、カカトさん。
そして、オスの写真を撮らせて欲しいです。
ずっと止まっていたのに、ピントが合った瞬間に動くのもやめていただきたい。。。
わざと?(笑)

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
ま、まさか・・・??という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2007/07/08(日) 00:00:00|
  2. Apistogramma
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

注射は嫌いです。。。

芽根出ーる。

先日、水草の生長のために【メネデール】を買ってみました。
メネデールは水草が吸収できる形の鉄分(2価の鉄・Fe++)が豊富に含まれています。
鉄分なんて錆びた釘でも入れておけばいいじゃん!とお思いでしょうが、錆びた釘(いわゆる酸化鉄)は3価の鉄なので、水草が吸収できないんです。
・・・と、まあ、この情報は受け売りなわけですが(笑)

鉄分と言えば、赤い水草に有効だとよく言われてますね。
僕もご他聞に漏れず、赤い水草をちゃんと赤くしようと思って買ってみました。
現在、我が家の水槽には「タイガーロータス・レッド」「ロタラ・インジカ」「アルアナの夕焼け」という赤系水草が植えられています。
これらの水草たちを、より赤く綺麗に育てたいです。
はてさて、メネデール効果やいかに!?

注射器。

これは100均で買った、化粧品入れ替え用の【注射器】です。
これでメネデールをチュ~ッと吸って、ピューッと底砂に注入します。
液肥をそのまま水槽に入れるとコケの大量発生の原因になったりしますので、これを使って底砂に直接添加することによって、水中に飛散しないようにするというわけです。
これをやったからといって、まったく飛散しないとは言い切れませんが、やらないよりはいいと思います。
100円ですし、コケとの戦いよりも手間がかからないので、今後も状況を見てピューッと添加していきます。

 

いつもありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村
ホントに効果あんの~??という方はポチッ!とお願いします(^^)

 

 




TWITTER
  1. 2007/07/02(月) 00:00:00|
  2. Items
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| Home |