スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長いものには巻かれろ?
まいどどうも、ほんだしです。
市町村章が好きです。
僕はよく、Wikipediaで全国の市町村のページを気ままに眺めてるんですが、
そこには大体市町村章ってのが出てるんですよね。
ホント、色んな意匠の市町村章があるんですよ。
市町村の形を模したものだったり、名前の由来を象ったりしたものだったり、
市町村名をデザイン化したものだったり。
試しに兵庫県播磨町の町章を調べてみてください。
なかなかに唸らされますよw
こういうデザインが出来ちゃう人を尊敬しますよ。
DDE情報ですいませんw


+++


最近ビバリウムだったりパルダリウムだったりが流行ってますよね。
ワーディアンケースや水槽に鉢を並べて育てるのも好きですが、
ちょっとレイアウトチックに植物を配置して楽しむのもいいもんですよね。
僕も前からやってみたいなぁと思っておりました。
ってことで、実際にやってみたw

やってみたいけど、どうやって作ればいいの?と思ってる人もいるでしょ?
僕もやるまではよくわかりませんでしたしw
というわけで、今回は製作工程を載せてみようと思います。
あ、ちなみに、このやり方が正しいから載せるわけじゃないですからね。
何が正しいとかわかんないしw
あくまで、方法の1つとして載せるので、参考になるかどうかはわかりませんw
んでは、早速どうぞ。




今回はケースの壁面にも草を植えたいので、まずはそれ用の用土を作りました。
土を入れてから、あ!写真撮るんだった!って思いましたよw
こういう経験って、ブロガーなら誰しもあるでしょ?
うん、今回それw
使った用土は、黒いのがケト土、茶色いのが荒木田土、あとミズゴケ。
量はどれくらいだろ・・・。
ケト土:荒木田土:ミズゴケ=3:3:2くらいかな?
あんまり意識してなかったから目分量でやってみたけど、まぁそれくらいだと思う。



これを水を加えながらよくこねます。
あんまりビチャビチャでも困るけど、パサパサでも困るので、適度に水を加えながらこねていきました。
まぁ、要するに市販の造形君を自作するって感じですわ。
ブルジョアな人は造形君を買っちゃえばいいと思うw
久しぶりの泥んこ遊びを楽しむつもりでこねましょうw



今回使うケースは、ADAのV25です。
今までは鉢を置いてましたけど、今回パルダリウムケースとして活躍してもらいます。
写真の黒い棒みたいなのは塩ビ管です。
塩ビ管を適当な長さに切って、断面に十字に切れ込みを入れてあります。
それを底面にシリコンで接着しました。
これは何に使うかといいますと、底面に溜まった水を抜くために使います。
鉢じゃないので水通しとか出来ないし、やりすぎた水も抜けないのはちょっと都合悪いなぁということで、
この塩ビ管から抜くんです。
ビバリウムケージでは正面にドレンが付いてると思いますが、あれってガラスに穴開けなきゃいけないからちょっと面倒だし、
そこまでしなくてもいいなぁということで。
あ、水の抜き方は、塩ビ管に入るくらいの細さのホース(エアチューブとか)を入れて、サイフォンの原理で排水します。
僕は細いアクリルパイプにエアチューブを繋げたもので抜こうと思ってます。
まぁ、塩ビ管じゃなくても、底面にある水にアクセス出来れば何でもいいと思いますw
ちなみに、このやり方はrough67さんに教えてもらいました。
平たく言うとパクりですが、人聞き悪いので教えてもらったって言いますw


さてと、んじゃ製作工程に入っていきましょうかね。




まずは、先ほどこねた造形君もどきを壁面に張り付けていきます。
薄いクッションの上にケースを置いてやるとやりやすいです。
置いたままクルクル回せますし。
この方法もrough67さんからパク・・・教えてもらいましたw
ただ、僕は丸太を椅子にしてオリジナリティを出してますけどね!w



張り付けてみた。
ある程度の塊を手に取って、ガラス面にグニグニ押し付けていくと張り付きます。
自分の好きな形に張り付ければいいと思います。
僕は横と背面の3面に張り付けました。



ただ、横はこんな感じでナナメにしてます。
全面張り付けると圧迫感がありそうだし、ちょっと暗くなるからほどほどにしときましたw
ケースが小さいから中の空間も狭くなっちゃうしね。
この辺は使うケースの大きさと相談しながら自分の好きなようにやっちゃえばいいと思いますw



張り付けた土の厚みはこれくらい。
・・・っていってもわかりにくいかw
約2~3cmくらいの厚みかな?
ある程度の厚みがないと植えにくいしね。
ナナメになってる部分の一番手前?上側?のとこはなだらかな感じにして、圧迫感を軽減している・・・つもりw



張り付けたのを設置してみた。
うん、まぁこんなもんでしょ。
これはまぁ誰がやってもこんな感じになるんじゃないのかなw



草を植えつける部分の用土も入れてみた。
入れてみたら、やっぱり用土の際まで造形君もどきがあった方がいいと思ったので、追加で張り付けたw
計画性がないって言わないで!
臨機応変に対応したって言って!!w
植え付け用土部分の一番下には軽石を敷きました。
んで、鉢底ネットをちょうどいいサイズに切って、仕切りとして入れました。
その上に赤玉土(小粒)と鹿沼土(小粒)、くん炭、ゼオライトなど、その辺にあった用土を軽く混ぜて入れました。
微妙に残っちゃったこの用土、どうすっかな・・・みたいなのがあれば入れちゃえばいいと思うよw
あ、さっきの塩ビ管が埋まらない程度にしないと意味なくなっちゃうから気を付けてねw
ちなみに、塩ビ管にはキャップを付けてあります。
中に何か入っちゃうのがイヤだから。
そういうところは几帳面なのですw



ライトを点けてみた。
ピンクだ・・・w
うん、まぁ初めてにしてはよく出来たんじゃないの?w


はい、そして、これから草の植栽に入っていきます。
僕はレイアウトっぽいことのセンスがないので、TEAM HAの軸太くんにやってもらいましたw
僕は90cmのケースから適当な草を刈り取って軸太くんに渡す係をやりました。
それを受け取った軸太くんはどんどん植えていきます。
何が来るかわからないのによく出来るな・・・と感心しながら見てましたw
軸太くん、すげーw


それでは、何を植えたのか、僕の備忘録も兼ねて紹介していきたいと思いますw
ブログってそういうとこ便利だよねw



Fissidens sp. / Selaginella sp. / Ficus sp. "Mt.Besar" / Dicranales sp.

色んなのが写ってるけどもw
涼さんにもらったホウオウゴケ、何かよくわかんないコケ(シッポゴケ?)、軸太くんが持ってきてくれた青くなるセラジネラ、
我が家に自生しているwツタsp.Mt.ベサールあたりが見えますね。
あ、そういえば、レイアウト素材として、流木を2本ほど配置しました。
多少の立体感が出てくれたらいいなw


Tradescantia sp. "Matang-2"

トラデスカンティアsp.マタン2も植えました。
これはRIO便ですね。
ちょっと毛が生えて、葉裏が紫色になるツユクサの仲間です。
ややヒョロくなっちゃってるけど頑張ってもらいましょうw


Homalomena sp.

ホマロメナの何かわかんないやつ。
ケースの中に落ちてたので植えたw
育ってくれば何だかわかるかもしれないし、わからないままかもしれないw
今のところ、赤軸緑葉。


Furtadoa sp. "Siberut"

フルタドアsp.シベルも切って植えた。
言わずと知れたLA便ですな。
泥の島・シベルからようこそ我が家へw


Justicia sp.

久留米藩士さんからいただいたジャスティシアsp.も植えました。
久留米藩士さんちのジャスティシアがすげぇかっこよかったので、うちでもそうなってほしい。
これもちょっとヒョロいから、しっかり光に当たってがっつり育ってほしい。


Homalomena sp. "Pendang"

ホマロメナsp.ペンダン。
水中もいけちゃうホマロメナですが、今回は水上で。
葉っぱの色といい形といい、最高にかっこいいよね。
存在感をアピールしてほしいっすわw


Cry. alba "Dark Brown"

その後ろには、クリプトコリネ・アルバのダークブラウンを植えてみた。
緑と茶色のコントラスト。
あ、ごめん。
植えてみたとか、さも僕がやったみたいに書いちゃったけど、軸太くんが植えたんだったわw
危うく手柄を横取りするところだったぜw


Freycinetia sp. "Muara teweh"

フレイキネティアsp.ムアラテウェ。
いわゆるツルアダンの仲間。
結構昔のTB便のやつ。
細々とだけど維持しててよかったわw


Schismatoglottis sp. "Kpg. Lui Muda"

スキスマトグロッティスsp.カンポン ルイ・ムダ。
ルイ・ムダで読み方あってるのかはわかりませんw
青くなるスキスマってことで入ってきたけど、スキスマなのかはわかりません。
ちなみにAZ便。


? sp. "Melawi"

ナンカヨクワカラナイケドカワイイヤーツsp.ムラウィ。
丸葉の小型ツル性植物です。
これも結構前のTB便のやつ。
うちのケース、探すとこういうの出てくるみたいよw


Lindernia sp. "Laman" Type RED

シソバウリクサレッド ラマン産。
ラマンの綴りがあってるのかわかりません(^^;
間違ってたら教えてくださいw
これはもうかなーり前にいただいた草です。
水上栽培を始めて間もない頃だから・・・調べてみたら2008年11月でしたw
一度大繁殖したのでバッサリいって、数本を細々と維持してました。
今はヒョロいですが、すぐしっかりしてきてくれると思ってます。
結構かっこよくなる草なのよw


Mapania sp. "Melawi"

マパニアsp.ムラウィ。
通称・しだれムラウィです。
あの青いしだれた感じが最高にかっこいい草ですよね。
親株から子株をもぎって植えました。
しだれるところまでは育てたいですね。
僕が育ててそこまでいきますかね?w


Bucephalandra sp. "Sekadau3" wavy leaf

ブセファランドラsp.スカダウ3 ウェービーリーフ。
こちらはちょっと試しに・・・ってことで植えてみました。
V25って写真にもちょっと写ってたけど、背面と上面の一部がパンチングになってるので、ある程度の通気性があるんですよね。
でも、今回はそのパンチングを造形君もどきで埋めちゃってるので、ほぼ密閉状態。
この状態ならブセも育つんじゃね?ってことで植えました。
軸太くんがw
一応、今日現在で設置してから約1ヶ月経過してますが、枯れたり溶けたりしてません。
それどころか、根っこをかなり出してきてて、育つ気マンマンですよw
このままどんどん育ってほしいな。



というわけで、植えた草の紹介はこんなとこです。
今のところ、どれも溶けずに枯れずに育ってくれてるみたいです。
作った当初は結構頻繁に霧吹きしないとダメかなーと思ってたんですが、実際にはほとんどしてません。
しなくても湿度が保たれているようです。
密閉ってすげーw
ガラス面が曇るので、たまに開けてフーッとして空気の入れ替えをしています。
効果があるのかはわかりませんが、多少ムワッとしている空気の温度を下げるつもりでやっていますw





忘れるところでしたが、こちらが全景。
まだ草密度が低いですね。
今後育ってくると徐々に草密度も上がってくることでしょう。
少しずつ草も追加していきたいな。
ベゴニアとかも植えたいよねw
こんなの植えたらいいんじゃない?とかあったらぜひ教えてくださいねー!




以上、ほんだしの初めてのパルダリウム製作記~見よう見まねでやってみたけど、やっぱりこういうのって楽しいね!~でしたーw









植えたのは軸太くんだけどねw






ほんだし印50px_01

+++

こちらもよろしくお願いします!
MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



にほんブログ村のランキングに参加しています。
押さないとやばいことになる!
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
行動力がほしい・・・。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/13(水) 10:10:10|
  2. Tank V25
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28




| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。