やりたいことって色々あるよね。
まいどどうも、ほんだしです。
わらび餅が好きです。
何が好きって、味とかじゃなく、あの透明感ですw
信じられないくらい透明ですよね。
あれで餅だってんだから驚愕です。
何ていうか、水じゃね!?ってくらいの透明感ですよね。
食べないで眺めていたいですw
DDE情報ですいませんw


+++


アクアリウムをしていると、色々とやりたいことって出てきますよね。
あの水草を育ててみたい、この魚を飼ってみたい、こういうレイアウトをやってみたい、とかとかとか。
水換えが嫌いすぎてアクアリストと呼べない僕でも、生意気にもやってみたいことがあるんですよ。
結構前から(自分の中で)騒いでたんですが、それがとうとう叶いました!
・・・ってのをアップしたいと思います。


まぁね、僕のやりたいことなんてのに興味のある人はいないとは思いますがね。
うんうん、知ってる知ってるw
でもね、ブログってのはWeb Logってことだから、個人の記録として載せとこうと思うわけですよ。
そんなわけで、ダメと言われても書きますw




Otocinclus sp.

魚を買ってきたらみんながやるであろう作業からw
水槽にどでかいビニール袋を浮かべて温度合わせ。
もう学名を書いちゃってるからバレてるので書きますが、中身はオトシンクルスです。



これも魚を買ってきたら恒例であろう水合わせ。
我が家では、どんな魚でもほとんどが点滴式で水合わせしてます。
pHショックがどうとか水質がどうとかの理由ですが、細かいことは割愛しますw



愛しのオトシンちゃんたち。
オトシンクルスってかわいいですよね。
僕はネグロよりも、いわゆる並オトシンと呼ばれている彼らの方が好きですね。



なんでしょうね、このボケーッとした感じw
この姿がとても好きです。
ゆるくてマイペースっぽいところが堪らないですw



上から見たところ。
このフォルムも可愛げがありますね。
三角の頭の両サイドに目がありますが、上から見てもボケッとしてます。(個人の感想ですw)

2枚目の水合わせ中の写真で気付いた方もいるかもしれませんが、大量に買い付けてきました。
その数なんと100匹!!
やってみたいことってのは、オトシンクルスの群泳が見たい!ってことなんです。
90cm水槽に100匹入れればそれなりの大所帯ですし、どこもかしこもオトシンになるかなぁと思いましてw
うへへ、萌えるぜw




さっきの見た後に1匹だけだと寂しい感じするなw
ちょっとしょんぼりしてるように見えるし。(気のせい)
ごめんよ、オトシン。



水合わせ直後なので色がぶっ飛んでますが、アップにしてみました。
この写真だとラインが消えてて種類の同定は難しそうですねw
でもね、きっとcraftさんなら同定してくれると思うんですよ。
なので、こんな写真でも載せてるんですよw



上から見たところ。
三角の頭、いいでしょう?
オトシンってこのフォルムだからいいんですよね。
何ていうか、魚っぽくないw


あと、ついでといってはアレですが、こちらのお魚さんも連れ帰ってきました。
これも以前から飼ってみたかったお魚さんです。



Corydoras duplicareus

コリドラス・デュプリカレウスです。
アドルフォイとどこが違うのかよくわかりませんがw
背中の黒いラインの太さで判別とか聞いたことありますが、それでわかるもんなんでしょうか・・・。
個体差レベルの話じゃないの?w



ちょっと暗いけどアップで。
頭のオレンジ色が好きなところですw
って、小学生みたいな理由だなw



こちらも水合わせ直後なので色が飛んでますが、頭の部分がオレンジになってるでしょ?
これが飼い込むと輝くようなオレンジになるらしいです。
うちでそうなるのか甚だ疑問ですがw


さて、100匹のオトシンさんたちを水槽に解き放って、落ちついいてきた頃合いを見計らって、改めて写真を撮ってみました。
導入直後よりも多少は色が出てきてて、模様とかもはっきりしてきてます。
それも載せておきますね。




Ech.ウルグアイエンシスの葉っぱの上で休憩するオトシンさん。
水槽のやや奥の方なので、ちょっと写真が撮りにくかったです。
まん丸のお目目がかわいいw



こちらもエキノの葉っぱに張り付くオトシンさん。
後ろ向きですが、模様はわかりやすいですかね。
上側と横側の境目には隙間がありますね。
横のラインは尾ビレまで貫通してます。
これである程度種類が絞れる・・・んですかね?w



またしてもエキノの葉っぱに吸い付くオトシンさん。
横から見た模様がわかりやすいんじゃないでしょうか。
お腹もぽっこりしてて、ちゃんとエサを食べてくれてるのかな?



今度はエキノの葉柄に張り付いてるオトシンさん。
って、エキノばっかりだな、おいw
オトシンさんのこういう姿はみなさんもよく見かけるんじゃないでしょうか。
これを見ると、あ、なんかよかったなって思うのは僕だけでしょうかw



またエキノだよ・・・。
確かにそれなりの株数のエキノが植わってますけどね、他にクリプトとかも植わってるのにね。
なんでエキノばっかりなのかね。
故郷を思い出してるんでしょうかw



お、今度は流木だw
この胸ビレで支えるポーズもよくやりますよね。
器用だなぁといつも思います。
水中だから重くないんですかねw



そして、やっぱり安定のエキノw
これも胸ビレ立ちしてますね。
緑に黒ってそれなりに目立ちますけど、水槽内では映えていいですね。



お、初めてのガラス面に吸い付く姿。
この状態でいると、いつもは見られない裏側が見れていいですよね。
たまに僕もガラス面に張り付いて観察してますよw




でね、肝心の群泳なんですけどね、残念ながら写真はありませんw
結構待ってみたんですけどね、なかなかしないんですよ。
水槽を眺めてるとたまに、みんなでワーッて泳いだりしてて、おぉっ!て思うんですが、当然カメラは構えてませんよねw
まぁ、カラシンやコイ科のお魚さんとは違って、そうそう群泳する魚でもないんですが、
たまに思い出したようにみんなで泳ぐらしいんですよね。
(それを群泳って呼んでいいのかって話もありますがw)

あ、あとね、アクアショップでオトシンの水槽を見ると、すごい数のオトシンがガラス面にくっついてるじゃないですか。
ぷっくりしたお腹をこっちに見せながらw
それをね、自宅でも見たいってのもあったんで大量導入したんですよ。
でもね、みんな注意して!

あのガラス面のくっ付きは、自宅じゃあんまり見られないぞ!w

そりゃそうですよね、ちょっと考えればわかりますよ。
アクアショップでは販売水槽だから、ストラクチャーの類はほとんど入ってないですよね。
でも、自宅の水槽って、水草も植わってれば流木も入ってるし、石とかも入ってます。
要は、くっ付く場所がいっぱいあるんですよ。
え?当たり前だって?w
う、うん・・・まぁそうだよね・・・。
というわけで、僕のやってみたいことは、見事にほぼ失敗しました!!w


チキショウ!!w


しかもね、オトシンさんってよく張り付くじゃない?
基本張り付いてるといっても過言じゃないくらい張り付くじゃない?
そしてシャイでしょ?


つ・ま・り・・・


普段はいないも同然w



100匹いたらそうでもないんじゃない?って思うでしょ?
それがね、90cm水槽に流木組んで、水草を結構植えたりしてると、あんまり存在感ないのよw
もうちょっと、いるな~!って思えるかと思ってたけど、そうでもなかった・・・。


チキショウ!!その2w


まぁいいですよ。
僕の心の中に留めておきますよ。
僕1人で密かに楽しむことにしますよw

ただ、オトシンさんの撮影をしようと試みていて、副産物的に他の写真も撮ったので、ついでに紹介しておきます。
っていうか、させてくださいw




オトシンさんと同時導入のデュプリカレウスさん。
流木の下で休憩中。
現地でもこんな感じなんだろうか・・・と1人現地に思いを馳せていますw



リネロリカリア改め、ヘミロリカリアさん。
これはアイガンマナイかな?
この子も我が家では、普段は流木の下とかにいますね。



ハイフェソブリコン・コペランディさん。
結構長いこと生きてる、我が家の長老ですw
こちらのお方も流木の陰とか、奥まったところにテリトリーを持っています。



ラピュタ的な感じになってたアポノゲトン・コンパクタ。
エキノでいうシュートを伸ばして、その先端に写真のような子株をいくつか付けます。
それがいつの間にか外れて、着床して増えていきます。
・・・っていう増え方が我が家ではポピュラーです。
これがいいのか悪いのかはわかりませんがw



・・・あれ?
写真を見ていて思ったけど、我が家にいるお魚さんたちって、隠れていてあんまり表に出てこないお魚さんたちばっかりじゃないか!
まぁね、好きな魚がたまたまそういう生態なんだから仕方ないんだけども。。。
この間、子供の友達が来たときに、水槽をじーっと見てから、お魚さん・・・いるの?って言われたよね。
心の中で、いるわ!!とツッコんだけど、ちょっと寂しかったよねw


チキショウ!!その3w




バルス!!w






最初はやりたいことについて書いていたつもりだったけど、いつの間にか大きく脱線してたなw






ほんだし印50px_01

+++

こちらもよろしくお願いします!
MDHロゴ
ステンレスと変な草の店で店番してますw



にほんブログ村のランキングに参加しています。
クリックしたらオトシンが出てきますw
Click ↓ Here! 
ほんだしロゴ110111_01
着地点があらぬ方向へ・・・w
  1. 2016/06/07(火) 08:09:10|
  2. Otocinclus
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

樹齢3年。

我が家で育てている楓が7/15で樹齢3年を迎えました。
3年前の嵐の夜に我が家に来てから、早いもので3年の月日が経ちました。
あっという間だったような気がするな~。
光陰矢の如し。
というわけで、記念にその楓の写真を載せたいと思います。






















Hondashi sp. "KAEDE"

あ、すいません、楓は娘ですw
Humming lifestyle aqua」のkakura878さんが、お嬢さんのお誕生日記事を書いていたり、
mini Aqua garden blog」のぴんくさんちのお嬢ちゃんとお坊ちゃんがかわいかったり、
Handful Wish ~ 一握の願い ~」のあちぇさんちの息子さんが
水槽と壁の間にはまったりしてるので、僕も真似して載せてみました。
家族サービスしてるよ!という対外的なアピールが目的ですw
(普段は世界最高峰のダメとうちゃんですw)
ちょっと恥ずかしいのでピンボケ気味の写真をチョイスしました。
この件に関してはあまり突っ込まないでくださいw



ということで、ササッと次の話題へ行きます。
サッサッサァ~~~。

 


Otocinclus flexilis

去年の関西遠征の時にオトシンクルス・フレキシリスということで購入しました。
なので約1年ほどになりますかね。
普通のオトシンとはちょっと違った色と模様がなんとも言えず好みな感じです(^^)



なかなか表現が難しい感じなんですが、錆び色?って感じ。
黒でもなく茶色でもなく灰色でもなく・・・みたいなw
存在感がなさそうである感じです。
「ん?ちょっとヘンなヤツがいる・・・?」って感じで気になる存在ですw
ウォーターフェザーのベッドに乗って寛いでます(^^)


そのウォーターフェザーですが、最近凄いことになってきてます。。。



Fissidens fontanus

この草姿はなかなかいいですよね~(^^)
結構好きな方も多いんじゃないでしょうか?
僕も好きです、この葉っぱ。
でもね、我が家のはちょっと違うんですよ。
















大きさが。
どれくらいの大きさかというと・・・


























これくらいw
ガラスがコケてるのは放置実験中だからです(笑)
ヤマトとかミナミの大きさでだいたいわかりますかね?
簡単に測ってみると・・・

標高:約8cm
東西:約12cm


といった具合です。
阿寒湖のマリモよりもでかいと思いますw
ま、放置してるからこんなことになってるわけなんですが・・・(^^;
でもね、でかくなりだしたら巻き直しとかできなくって。。。
どこまででかくなるのかな?って、アクアリストなら興味出てきますよね?
なので、見守ってみました。
その甲斐あって十分育ってくれて、オマケにブログのネタまで提供してくれるいい子に育ちましたw

というわけで、aeroさん頑張って育ててください(笑)

+++

こちらもよろしくお願いし ま す!
SSD-AGバナー
水草専門店 ステンレス専門店(笑)

いつもありがとうございます< (_ _)>
これ実はブログランキングなんですよw
クリックすると明日500円拾えるかもよ?
Click!      

        
ロゴ02

ウォーターフェザー≠石立鉄男。




TWITTER
  1. 2010/07/17(土) 22:21:17|
  2. Otocinclus
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:40

カラシンブログじゃないの!?

先日のエンペラーテトラ導入の日記でも書きましたが、エンペラーテトラ以外にも
導入していたお魚がいたんです。
こちらも僕の好きなお魚さんなのでご紹介したいと思います!


Otocinclus sp.

言わずと知れたオトシンクルスです。
えぇ、いわゆるフツーのオトシンさんですよw

それが何か?(・_・)

オトシン萌えw
かわいいですよね、オトシンクルス。
あのフォルム、愛らしい瞳、なんともマイペースなハムハムっぷり、
そしてガラス面にくっついた時に垣間見えるプックリとしたお腹w
堪りませんね。
このかわい過ぎるオトシンさんを今回は12匹導入しました!w

オトシンクルスと一口に言っても、実は様々な種類が存在します。
写真のオトシンさんは、オトシンクルス・ヴィッタータスかな?と思いました。
その根拠を以下に・・・。

学名   :Otocinclus vittatus
名称   :オトシンクルス・ヴィッタータス
生息地域:アマゾン川上流、オリノコ川、パラグアイ川水系、シングー川、トカンチンス川など

1)鼻の先から尾ビレの真ん中までまっすぐ線が入る。
2)背中の模様と体側の線の間に細い隙間がある。
3)尾ビレの最初の「W」模様と1)の線が繋がっている。
※地域差、個体差がとても大きい種類なので、実物と若干の差異あり。

写真ではちょっと見にくいんですけどね(^^;
2)に関しては実物は少し色素が薄くなってるので、隙間に見えなくもないw
繋がっていないということだけはわかります。

ま、消去法的に考えたりもして、ヴィッタータスかな?とも思ったわけで・・・。
実際、写真のオトシンがビッタータスじゃないということも十分にあり得ますので、
参考程度にしといてくださいw

オトシンは群れを成して泳ぐ行動をすることがあるそうなので、
ある程度の匹数をまとめて飼った方がいいようです。
その数、およそ60cm水槽で6匹以上
このくらいの数で飼った方が長生きもするそうですね。

また、よくコケ取り要因として導入されますが、実際は雑食性です。
コケばっかり食べてるわけではありませんので、エサをあげないと普通に餓死しますw
我が家ではコリドラス用のタブレットをあげてます(←コリドラスにですよw)が、
それに思いっきりがっついてます(笑)
なので、ちゃんとエサを与えてください!!
アカムシとかもよく食べるので、あげたら喜びます。
動物性のエサを与えると植物性のエサも欲しくなるようで、必然的にコケ取りの仕事も張り切りますw

と、いつも参考にさせていただいているサイトに書いてありました。
ほんだし的要約ですが、大体合ってるはずですw

どうですか?
お宅の水槽、オトシンさんが足りてないんじゃないですか?
60cm水槽に2匹じゃ足りませんよ?

さぁ、あと4匹買ってきてください!w



こんなにかわいいオトシンさんですが・・・



チャーム!!( ゚Д゚)ゴルァ!
いい加減にしろ!!( ゚Д゚)ゴルァ!




先日のエンペラーテトラに引き続き、オトシンさんまでも・・・。
明らかに1匹弱っているやつが入ってました。。。
体色が白っぽかったです。
水合わせしてると気付かないんですよね。
移動のストレスで色が出てませんからね。
水槽に入れてちょっとしたら気付くんですよ。
「あ、こいつおかしい・・・。」って。
明らかに色が白い・・・明らかに泳ぎ方がおかしい・・・。
「さすがにこれは無理だな・・・。」と思ったら案の定、翌日に☆になられました。。。
何て言うか、もう、ホント申し訳ない。
何て言うか、もう、チャーム便・・・なんかイヤ。
他のみなさんを長生きさせて報いるしかねぇ。。。
よし、明日早速アカムシでご馳走だ!w


+++

さて、話はガラッとサイドチェンジですw
以前勤めていた会社からこんなのを引き取ってきました。



何だかわかります?
まぁ、睡蓮鉢なんですがw



ADAの睡蓮鉢です。
いや、「Humming lifestyle aqua」のkakura878さんが載せろっていうから・・・w

何年前か忘れましたけど、こういった鉢を売っていた時期があるんですよね。
その当時にチャームで買ったんです。
会社のお金で会社の装飾用としてw
で、実はずーっと使ってたんですが、最近行ったら使ってなくて屋上に置いてあるって
ことだったんで、もらってきました。
当時これを買った俺、ナイス!w
廃盤商品なんで、レアっちゃーレアなんでしょうが、トレジャーハントとはちょっと違いますね(^^;
ま、ゲットできたんで、よしとしますw



で、現在のベランダはこんなことになってます。。。
5種類の熱帯性スイレンを育ててます。
上左から、オーガストコーチ、レパーデス、コロラタ。
下左から、ディレクターズGTムーア、ティナです。
この名前だけでわかった方はかなりのスイレン通だと思います!
実は・・・





全部青い花が咲くスイレンなんです!w





えぇ、青が好きなんですよ。
青い花って綺麗ですよね。
出来れば5種類同時開花!とか奇跡が見てみたいですが・・・無理だろうなぁ・・・(^^;
今年は変に寒かったせいで、植え付けが遅くなってしまい、
あんまり葉っぱが展開してません。。。
かろうじてディレクターズGTムーアとティナが出てるくらい。
今年は花自体見れないだろうな~。



ADAの名に懸けて!!
咲いてくれんかのぅ。。。

+++

こちらもよろしくお願いしま す!
SSD-AGバナー
水草専門店 ステンレス専門店(笑)

いつもありがとうございま す< (_ _)>
こ れ実はブログランキングなんですよw
Click!      

        
ロゴ02

オトシンが好きだーっ!




TWITTER
  1. 2010/07/04(日) 04:00:28|
  2. Otocinclus
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32




| Home |